MayuLog。

我が家のニュース・Macな事・バイクの事等を気の向くままに書いて行くぞ! 気の向いた時にヌルッと更新!(^^ゞ

 
2015年12月09日

やさしい本泥棒

今日は『やさしい本泥棒』を観ました〜



第2次世界大戦前夜の1938年、リーゼルは弟に先立たれ、母親とも別々に生活することに
リーゼルは、ミュンヘン近郊で暮らすハンスとローザ夫妻のもとに里子に出される
リーゼルは「墓掘り人の手引き」という本を大事にしていたが、その内容が少女向けでなかったため、ハンスは彼女が字を読めないとわかり・・・

ナチス支配下のドイツを舞台にしたアメリカ映画ですが、日本では劇場未公開です
ミュンヘン近郊の田舎町に里子に出されたヒロインは、養父に読み書きを教わり、様々な本を通じて知識や勇気、希望を手に入れていくが、空襲により養父母をはじめ親しい人達が皆死んでしまう・・・

死神がナレーターとしてストーリーは流れて行き、最後にヒロインが90年の生涯を子や孫に囲まれて終えた事を告げ物語は終わる

戦争は悲惨であるが、唯一生き残ったヒロインが幸せな生涯を遂げられた事が分かるので後味は悪くありませんでしたが、戦争がいかに愚かな行為であるか、こう言う映画を観る度につくづく思います

名前だけ売れている大物俳優を起用し大金をつぎ込んで制作した駄作より、こう言う隠れた名作をもっと日本で公開してもらいたいものです












管理者宛の投稿

御来場有難う御座います

プロフィール

mayu

Author:mayu
出身地  /江戸
血液型  /几帳面なA
趣味   /バイク・料理・映画
特技   /飲酒

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

最新コメント
カテゴリ
リンク
過去Logを検索

月別アーカイブ