MayuLog。

我が家のニュース・Macな事・バイクの事等を気の向くままに書いて行くぞ! 気の向いた時にヌルッと更新!(^^ゞ

 
2014年10月28日

トガニ 幼き瞳の告発

今日は『トガニ 幼き瞳の告発』を観ました〜



カン・イノは大学時代の恩師の紹介で、ソウルから郊外のムジンという町の聴覚障害者学校に美術教師として赴任する
着任早々彼は校長の弟の行政室長に、教職を得た見返りとして大金を要求される
最初から学内の重苦しい雰囲気を奇妙に感じていたイノは、ある晩、帰宅しようとして子どもの悲鳴を聞きつける・・・

韓国光州広域市で2000年から2005年にかけて、聾学校の生徒たちに対して校長や教員達から性的虐待や暴力が日常的に行なわれていた実話を元にしたストーリーです
耳が聞こえず、話す事も出来ない子供達に性的暴行を加えていた校長をはじめとする教職員ですが、校長が市や警察に多額の寄付をしている地元の名士な為に事件は隠蔽されてしまいます
子供の告発を受けた人権センターが校長達を起訴しますが、何と検事や判事まで買収されていて、判決は無罪
この判決に絶望した生徒が、加害者である教師を道連れに鉄道自殺してしまいます

一連の流れを小説化し、それを原作として出来た本作ですが、映画によって事件が再検証され、障碍者女性や13歳未満の児童への性的虐待を厳罰化と公訴時効を廃止する法律、通称「トガニ法」が制定されるとともに、加害者に対する再捜査が行われた結果、当初不起訴とされた加害者らは逮捕・起訴され、そのうち1名については2013年に懲役8年・電子足輪装着10年、個人情報公開10年の刑が確定しました
また当該学校は2012年に廃校となっています

125分の長めの映画ですが、とにかく凄まじい内容で時間を感じさせません・・・
弱者である子供達、ましてや障害のある子供に対する性的暴行なんてあっていいのかと、目を覆いたくなる内容です
子供達の心に大きな傷を残したであろう事件ですが、一旦は不起訴になりながらも映画の影響で再捜査が始まり、容疑者が逮捕されたのは光明でしょう・・・

映画製作によって多少ではありますが救われた子供がいる事が映画好きな俺としては嬉しい・・・
被害者の子供達が幸せになる事を祈ります

日本でも昔、同じ様な事件があったよね

クリック 恩寵園事件












管理者宛の投稿

御来場有難う御座います

プロフィール

mayu

Author:mayu
出身地  /江戸
血液型  /几帳面なA
趣味   /バイク・料理・映画
特技   /飲酒

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

最新コメント
カテゴリ
リンク
過去Logを検索

月別アーカイブ