MayuLog。

我が家のニュース・Macな事・バイクの事等を気の向くままに書いて行くぞ! 気の向いた時にヌルッと更新!(^^ゞ

 
2014年07月11日

リミット

今日は『リミット』を観ました〜



イラクで民間トラックドライバーとして働くポールは、何者かに襲われ、棺に入れられ土の中に埋められてしまう
やがて意識を取り戻したポールは、手元に携帯電話、ライター、ナイフ、ペン、酒があることを知るが、残された空気から推測してタイムリミットが後90分前後ということに気が付く・・・

スペイン製のスリラー映画ですが、目が覚めたら真っ暗闇で、どうやら棺に入れられて埋められてしまった事に気付く主人公・・・
閉所恐怖症気味の俺には背筋が寒くなる映画です

90分と言う短い映画ではあるが、驚く事に全編が棺の中の映像であり、登場人物は主人公一人のみです
それだけで映画が一本出来上がってしまうのも驚きです

しかし全編を通して薄暗い映像なのでちょっと気分が悪くなるし、ラストがちょっと分かりづらい・・・

危機一髪の所で主人公は助かったのか
映像だけを観ると残念ながら生き埋めになってしまった様だが、埋まってしまう寸前に救助隊と電話している時に、三週間前に拉致された人の棺と間違えたと言う下りがあるのだが、主人公は棺の中にその人物の名前を書いているので、棺を足下から開けた救助隊がそれを見て勘違いした・・・要するに主人公は助かったとも思われます

そう考えないとエンディングの明るいカントリー調の音楽の意味が分からないんだよね
俺もエンディングの音楽を聴いて違和感を感じたので、ラストだけ観直してみたらそれを発見したので、巻き戻せない映画館で観たらやっぱり生き埋めになって終わりとしか思えないよな
エンドロールを観ないで席を立っちゃう人って結構いるしね
ちなみに俺はそう言う事があるので、映画が終わっても館内が明るくなるまで絶対に席を立ちません

でもそうなると、生き埋めになる寸前に棺は開いた事になるんだが、完全に主人公は埋まってたよね
その辺の矛盾があるので正直どっちのエンディングが正解なのか分からない・・・
監督に聞いてみるしかないね

それにしても登場人物が一人、後は声の出演のみでこれだけの映画が作れるとは、やるなスペインって感じです












管理者宛の投稿

プロフィール

mayu

Author:mayu
出身地  /江戸
血液型  /几帳面なA
趣味   /バイク・料理・映画
特技   /飲酒

御来場有難う御座います!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント
カテゴリ
リンク
過去Logを検索

月別アーカイブ