MayuLog。

我が家のニュース・Macな事・バイクの事等を気の向くままに書いて行くぞ! 気の向いた時にヌルッと更新!(^^ゞ

 
2013年10月17日

藁の盾

今日は『藁の盾』を観ました〜

waranotate_2013042603-753b8_convert_20131014154702.jpg

孫娘を殺害された政財界の大物・蜷川が、新聞に「この男を殺してください。御礼として10億円お支払いします」と行方不明の犯人殺害を依頼する全面広告を掲載
日本中がにわかに殺気立ち、身の危険を感じた犯人の清丸国秀は福岡県警に自ら出頭する

警察は警視庁警備部SPの銘苅一基、白岩篤子ら精鋭5人を派遣し、清丸を福岡から警視庁まで移送しようとするが、清丸への憎悪と賞金への欲望にかられ、一般市民や警護に当たる警察官までもが5人の行く手を阻む・・・

正直、設定に無理があり過ぎてツッコミどころ満載ですが、それでも豪華俳優陣によってなかなか面白い映画に仕上がっています
原作は『ビー・バップ・ハイスクール』でおなじみの木内一裕の小説デビュー作ですが、どうも小説家としての才能は無かった様です

孫娘を殺された大金持ちが新聞に犯人の殺害依頼を掲載したり、何でヘリで運ばないの?とか、お金欲しさに警官までが犯人を殺そうと襲いかかって来たりとストーリー的には無茶苦茶です
まぁ警官のくだりは現代の腐った警察なら十分有り得るのでとってもリアルか

途中でお金欲しさのにわか殺し屋が襲って来るのは必然なのに、警護のSPは防弾チョッキすら着けていなかったりするんだけど、そのせいで二人殉職してしまう・・・
もしかして警察上層部って馬鹿なの

ラストには、警視庁に犯人を連行して来たらそこに殺害依頼の大金持ちが待っていると言う・・・
その人は殺人教唆の現行犯ですよ〜
逮捕しましょうよ

マジで突っ込みどころは満載ですが、テンポよく流れる展開が観ていて飽きませんでした
この辺は監督と俳優陣の力量でしょう
映画という娯楽作品として観た場合、十分楽しめる映画だと思います

しかしこの犯人、最後には「どうせ死刑になるならもっとやっときゃ良かった」とか言っちゃうマジでクズなヤツで、
劇中何度も問答される「守る価値なんてあるのか」が納得のレベルの悪人なんですが、そのキャスティングに藤原竜也って〜のは失敗かなぁ・・・

もっとこう、狂気を前面に押し出せる様な顔の俳優の方が良かったかも
竹中直人とかどうっすかね












管理者宛の投稿

御来場有難う御座います

プロフィール

mayu

Author:mayu
出身地  /江戸
血液型  /几帳面なA
趣味   /バイク・料理・映画
特技   /飲酒

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

最新コメント
カテゴリ
リンク
過去Logを検索

月別アーカイブ