MayuLog。

我が家のニュース・Macな事・バイクの事等を気の向くままに書いて行くぞ! 気の向いた時にヌルッと更新!(^^ゞ

 
2015年11月03日

赤ずきん

今日は『赤ずきん』を観ました〜

1_convert_20151027142814.jpg

小さな村の美しい娘ヴァレリーは、木こりのピーターと愛し合っていたが、母親が鍛冶屋のヘンリーを婚約者に決めてしまう
そんな村に、久しぶりにオオカミが現れ、ヴァレリーの姉ルーシーが犠牲になる
オーガスト神父の反対をよそに、自警団が組織され、見事オオカミを退治するが、ヘンリーの父親が第2の犠牲者になってしまう
翌日、魔物ハンターとして知られるソロモン神父の一行が村に到着し、村人たちに意外な事実を知らせる
犯人はオオカミではなく、村人にまぎれて暮らしている人狼の仕業だというのだ
果たして、赤い月夜の晩、どこからともなく人狼が現れ、またまた犠牲者がでてしまう
人狼の正体について村人たちが疑心暗鬼になる中、ヴァレリーは恋人ピーターや婚約者ヘンリーにも疑いの目を向けるようになる・・・

何故これが赤ずきんなのか理解出来ない
人狼と村人の戦いがメインであり、赤ずきん設定は完全に後付けで、ハッキリ言って必要無い

童話で知られる赤ずきんの内容をちょこちょこ挟んでは来るのだが、全く無意味で鬱陶しいし、赤いずきんを被ってる意味も特にある訳でなく、赤ずきん要素をからめる意味が全く見いだせない

普通に人狼対村人のサスペンスで良いと思うのだが、そうだとしても戦いのシーンが夜ばっかりなので、画面が全体的に暗くて何をやってるのか良く分からず、映画として面白くない

勿論恐怖心をあおる為に暗闇の中での戦いなんだが、暗過ぎて何が起きてるのか分からなくては本末転倒である
アマンダ・サイフリッドがヒロインって所だけが見所のつまらん映画でした

御来場有難う御座います

プロフィール

mayu

Author:mayu
出身地  /江戸
血液型  /几帳面なA
趣味   /バイク・料理・映画
特技   /飲酒

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

最新コメント
カテゴリ
リンク
過去Logを検索

月別アーカイブ