MayuLog。

我が家のニュース・Macな事・バイクの事等を気の向くままに書いて行くぞ! 気の向いた時にヌルッと更新!(^^ゞ

 
2015年11月30日

メイズ・ランナー

今日は『メイズ・ランナー』を観ました〜



そびえ立つ壁や毎晩変化する構造を持つ謎の巨大迷路に月に1度、自分の名前以外何も覚えていないランナーが送り込まれてくる
やがて団結し始めた彼らは迷路の仕組みを調査し脱出法を見いだそうとするが、迷路の扉が閉まる夜までに帰還しないと命の保証はない
生き残りを懸け巨大迷路に隠された謎を解き明かそうとするランナーたちの運命は・・・

続編ありきで作っている為か、内容が薄い感じがするし、ストーリーも敵キャラもオチも何もかもが他の映画で観た事がある様な感じがする・・・
タイトルからして迷路を脱出する為に知略をこらすのかと思えばそうでも無いし・・・
ラストなんて完全にバイオ・ハザードのパクリじゃん

正直、続編を観るかどうか悩む作品でした・・・

2015年11月29日

土鍋で御飯

先日炊飯器を買い替えたんだが、どうも御飯が美味しく炊けない
まぁ米も安物ではあるが、固かったり柔らかかったりと凄いばらつきがある・・・

勿論水の量は調整しているが、同じ水の量でも固かったり柔らかかったりするのはどう言う事なんだろう

やはり安物の炊飯器は駄目なのか
と言う訳で土鍋で御飯を炊いてみた

土鍋と入っても炊飯専用の土鍋なので、初めちょろちょろ中ぱっぱと言う炊飯のお約束は必要無く、強火にかけて沸騰したら火を止めて蒸らすだけの簡単設計です



火にかけて10分、火を止めて15分・・・
蒸らしも完了し、無事炊きあがりました

2_201511281345370f1.jpg

行儀が悪いが、しゃもじでちょっと取って味見してみたら・・・

美味っっっっっ

何だこれ
土鍋で御飯炊くとこんなに美味いのか
いや、過去にも土鍋で炊いた事はあるが、こんなに美味かった記憶は無い・・・
米だって安物だし・・・

この炊飯専用土鍋の性能って事か

これじゃもうよっぽど時間が無い時じゃないと炊飯器で炊けないなぁ・・・
昨日まで食ってた米と同じものとは到底思えない差がある

とりあえずお試しで炊いてみたので夕飯までまだ時間がある・・・
炊いた御飯を炊飯器で保温しておこう

で、炊飯器に御飯を移動したのだが、コーティングされた炊飯器とは違い、土鍋の方は御飯が綺麗に取りきれない
無理に取ろうとすると米が潰れちゃって糊状になってしまうので、適当な所でやめた・・・

3_20151128134539821.jpg

これは大きな欠点だが、この味の差では炊飯器で炊く気にならんよなぁ・・・
スポンジで洗ってみたんだが、完全に落とすには結構時間がかかった
水に浸けておけば落ちそうだが、土鍋って水に浸けといちゃ駄目って言うしなぁ・・・

ヘタにヒビでも入って、炊飯中にパッカ〜〜〜ンなんて事になったら大惨事だしな
まぁ一生懸命洗うしかないね

今回はお試しだったので炊いてから保温しているが、次回からは食べる時間に合わせて炊いた方が良いよな
残った分も保温しとかないで冷凍してレンジでチンの方が美味しく食べられそうだ・・・

25分程で炊きあがるので炊飯器より全然早いし、しかも美味い
これで炊飯器みたいに簡単に洗えたら最強なのにな

2015年11月28日

角煮

今日は豚の角煮を作ったよ

俺の作る料理の中でも特に息子に評判の良い角煮だが、今回も注文が入りましたので作らせて頂きました

豚バラ肉を3cm×6cm程に切り、鍋で煮ます



かなり大きめですが煮ると縮むし、やっぱり大きい方が美味しいので作る度に巨大化していき、今はこの位の大きさで落ち着いてますね

5分程煮たら一旦お湯を捨て、肉を流水で綺麗に洗って余計な油を落とします
新しい水と肉を鍋にいれ1時間程煮込み、醤油・砂糖・酒・生姜スライス・ゆで卵を加えて今度は落とし蓋をして更に1時間・・・

落とし蓋を取って、5〜10分煮詰めたら出来上がり〜

2_20151128105913112.jpg

刻んだネギや白髪葱、好みで和からしを付けると美味いです
箸で持ち上げるのが困難な程柔らかく煮えてますので、もうちょっと硬めが良ければ煮る時間を減らしましょう

2015年11月26日

空芯菜の新芽

空芯菜の新芽と言うものが売ってたので買ってみた



先日、空芯菜が食べてみたくて探しまわり、やっと入手したのだが思った程の味では無かった・・・

過去Log。

今回は新芽、要するにスプラウトなのでサラダとかが良いのかなぁ・・・
初めて食べるのであまり色んな野菜と混ぜちゃうと味が分かんなくなっちゃうかと思い、根の部分をカットしてシンプルに生ハムで巻いてみた

1_20151125162200819.jpg

ディップソースで食べてみたが、やはり食感が良くそれなりに美味い

2_201511251622014c0.jpg

ただ、空芯菜の時もほうれん草や小松菜の方が美味いと思ったんだが、新芽もこれは美味いって程では無く、貝割れ大根とかの方が美味いと思う・・・
食感だけなら文句無く一番なんだが、良く言えばクセが無く、悪く言えば特徴の無い味である

食感を楽しむ為にサラダに混ぜた方が良かったかも・・・
決して不味い訳じゃ無いんだが、好んで食べる程のものでも無いな・・・

2015年11月25日

カレンダー

浜田省吾の2016年度版カレンダーが到着しました



10年ぶりのオリジナルアルバム『Journey of a Songwriter』がテーマになった、去年よりサイズが大きめのカレンダーです

今年はツアーチケットが全然手に入らない・・・
12月のチャリティーコンサートも応募してるが当たるかどうか・・・

今日は『プライベート・ライアン』を観ました〜



1944年6月、ノルマンディ上陸作戦は成功に終わったものの、激戦に次ぐ激戦は多くの死傷者を出していた
そんな中、オマハビーチでの攻防を生き延びたミラー大尉に、落下傘兵ライアン二等兵を戦場から救出せよという命令が下された
彼には3人の兄がいたが、全員が死亡
兄弟全てを戦死させる訳に行かないと考えた軍上層部の決定であった
ミラーは中隊から7人の兵士を選び出し、生死も定かでないライアン二等兵を探すために戦場へと出発するのだが・・・

新兵卒であるライアンを戦場から救出する為に8人の精鋭が命をかけるストーリーですが、戦争映画の傑作である本作はナイランド兄弟の逸話が基になっています

アメリカにはソウル・サバイバー・ポリシーという軍の規定があり、兄弟で出征している場合、他の兄弟が全員戦死し最後の一人になった場合、戦線から強制的に離脱させると言うものです

この規定によりフレデリック・ナイランド三等軍曹が戦場から引き抜かれた話がこの映画の元ネタですね

これを分かった上で観ないと、新兵1人を助ける為に8人が戦うと言う矛盾を感じてしまいます

公開から20年近く経っているし、3時間近い長丁場ですが、何度観ても古臭さを感じないし、飽きる事無く最後まで観れる戦争映画の傑作です
映画に興味が無くてもタイトル位は聞いた事あるんじゃ無いかな

オープニングのオマハ・ビーチ上陸作戦では手足が吹き飛ぶ、内臓が飛び出る、炎に包まれて爆死する、海水が血の色に染まると言う映像が20分も続き、その生々しさは映画史に残る20分とも言われています

さすがスピルバーグと言った所だが、その冒頭のシーンがあまりに衝撃的過ぎて中盤以降がちょっと盛り上がりに欠けるのが欠点かなぁ・・・

主演はトム・ハンクスですが、さすがに若い若い
現在では大スターのヴィン・ディーゼルや、マット・デイモンなんかも出演しています

2015年11月23日

ゆめぴりか

『ゆめぴりか』と言うお米を買ってみました



道内最高級銘柄で『コシヒカリ』より美味しいコメと言う触れ込みの米ですが、俺はどっちかと言うと『コシヒカリ』より『あきたこまち』の方が好き

『あきたこまち』はコシヒカリと比べると甘みは少ないが、炊きあがりの艶とちょっと硬めな所が好みだし、味も申し分ありません
なので『あきたこまち』ばっかり食ってたんだが、今回ちょっと浮気してみた

北海道のお米って寒さのせいなのかあまり評判が良くないですよね・・・
それでも『ななつぼし』等の有名ブランド米もある訳ですが、『ゆめぴりか』は最近出来た品種で『ななつぼし』より美味いどころか、コシヒカリよりも美味いらしい・・・

お試しに2kg買って来たので、食べるのが楽しみです
マツコデラックスがCMしてるらしく、彼はグルメらしいので期待大です

2015年11月21日

トゥモローランド

今日は『トゥモローランド』を観ました〜



17歳のケイシーが見覚えのないピンバッジに触ると、自分が思い描いた別世界へと入り込んだ
バッジのバッテリー切れで現実の世界に戻ってきた彼女の前に、不思議な少女アテナが現れる
そしてケイシーにトゥモローランドに戻りたいのなら、フランクという男性を訪ねるよう助言する・・・

さすがにディズニーだけあって映像は綺麗で素晴らしいのだが、ストーリーが良く分からん・・・
題名からしてファンタジーなのかと思えばそうでも無いし、ストーリーも核がブレブレで何を言いたいのかサッパリだ
最近のディズニー実写映画は傑作続きだったが、急ブレーキが掛かった感じだな

戦闘シーンが迫力あったので観れたが、そこ以外は眠くて仕方無かった・・・
眠れない夜に観るとグッスリと眠れるでしょう

一年に数本は駄作に当たってしまうが、これが今年最後の駄作である事を祈ります

2015年11月20日

ただ君だけ

今日は『ただ君だけ』を観ました〜



ボクサーの夢に破れて借金の取り立て屋となり、その果てに傷害事件を起こして服役したチョルミン
出所後、飲料水の配達と駐車場の係員として働いていた彼は、夜の駐車場で目の不自由なジョンファと出会う
徐々に惹かれ合う二人だったが、チョルミンが取り立て屋だった時に引き起こした事故がジョンファの視力を奪う原因になった事を知り、さらにはジョンファが1か月以内に完全に失明することが判明
彼女への罪をあがない、手術の費用のため、チョルミンは違法な賭博格闘技試合への出場を決意する・・・

11年の釜山国際映画祭では7秒でチケットが完売した程の話題作で、とても心温まるストーリーでした
韓流映画のラブストーリーは大好きで良く観るんだが、ここんとこご無沙汰だったなぁ・・・
久しぶりに観た韓流はやはり素晴らしく、ラブストーリーはやはり韓国にはかなわねえなぁと思わせられる良作でした
韓国のラブストーリーっていつも号泣させられるんだが、今作は泣かされると言うより心温まるストーリーで、ラストはこのまま悲しい感じで終わるのかと思ったら、最後に湖畔で再会する二人・・・
ホッとするやら、嬉しいやら・・・
ハッピーエンドで終わって良かったです

それにしてもハン・ヒョジュは美人だなぁ・・・
『ファイヤー・ブラスト』『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』等、何作かで見てますが、俺の中で長らく不動だった美人女優ランキングに変動がありそうな位、最近のお気に入りです

今のところはチョン・ジヒョン、ソン・イェジンがツートップだが、今後の活躍次第では1位に躍り出るかも
どっちにしても俺ランキングの上位は皆韓国女優だなぁ・・・

2015年11月19日

ヒマラヤ岩塩

ヒマラヤ岩塩なるものを購入した



見た目がとても美味しそうで、自分でおろし金で削って使うそうなので早速使ってみた

1_20151116165353bab.jpg

白いのと赤いのは塩なのに甘みがありとても美味かったのだが、黒いヤツは硫黄の匂いが強烈で食べれたもんじゃない
調べてみたらやっぱり硫黄を含んでいるらしく、硫黄の成分が入ってる事でこの色になるんだそうな・・・

とても食べれる様なものじゃないんだが捨てちゃうのもなぁ・・・
誰かにやっちゃおうかと思ったら、どうもお湯に溶かしてバスソルトとしても使えるらしい
お風呂に固まりのまま投入し、10分程溶かせば良いらしく、残った岩塩はそのまま乾燥させればまた使えるらしい

食べるのには適さないが、お風呂に入れて硫黄の匂いがするなら温泉気分で丁度良いじゃん

と言う訳で、白と赤は食用にして、黒はお風呂に使う事にしました
とは言え、まだ使ってないので上手くいくかどうか分からんけどね

肌からミネラルを吸収する事により、保湿や腸内活動の活発化、美肌等に効果があるそうです
ゆで卵の様なツルツルお肌になっちゃったらどうしよう

2015年11月18日

ビリギャル

今日は『ビリギャル』を観ました〜



名古屋の女子高に通うお気楽女子高生のさやかは全く勉強せず、毎日友人たちと遊んで暮らしていた
今の状態では大学への内部進学すらままならないと案じた母は、さやかに塾に通うよう言いつける
彼女は金髪パーマにピアス、厚化粧にミニスカートのへそ出しルックで渋々入塾面接に行き、教師の坪田と出会う・・・

原作本を読んだ時は正直つまらないと感じた・・・
元々頭が良かったんだろうし、塾に通うのに年間100万円も出せる裕福な家庭であり、単にエスカレーター式の学校にいたので勉強する必要がなかったから偏差値が落ち込んだだけで、書籍になる様な話じゃ無いと思った

まぁそんな感じで原作は面白くなかったんだが、有村架純主演なのでそりゃあ観るよね
有村架純目当てで観たのでストーリー的には期待してなかったが、これが意外に面白かった

キャストも良かったが、ストーリー構成が良く、泣いて笑ってしてるうちにラストまで退屈する事無く観れました
実際にあった話として本を読んだ時は何かしっくり来なかったが、原作は忘れて映画として観るとかなり面白い作品です

寝る間も惜しんで勉強し、良い学校へ入る事がそんなに幸せな事かは俺には疑問だが、努力をするって事は素晴らしいね

昨日作ったわさび菜のおひたしだが、他にも美味しい食べ方があると教わったので早速作ってみた
cookpadを見てみると確かに色んなレシピが載っている

自分の舌で確かめながら自分好みの味にしていくのが俺流なので、あまり他の人のレシピを参考にする事は無いのだが、美味しいと言うので作ってみたよ

cookpadに書いてあるレシピ通りに全てをボウルに投入〜



んで和えてみたらこんな感じになりました

2_20151117140034a28.jpg

ここで味見をしてみたんだが、俺にはちょっと塩っぺぇなぁ・・・
昨日作ったおひたしなので麺つゆが染み込みすぎてるのか
一応絞ってから使ってるんだが、洗った方が良かったか

塩昆布が多過ぎたのかなぁ・・・
一応分量通りなのだが・・・

レシピ通りにやろうと思ったが、やはり納得がいかないのでもうちょっとわさび菜を増やし、ほんのちょっと味醂を加えて味を整えました

そして完成〜〜

3_20151117140035230.jpg

とても美味しく出来ましたが、色味が真緑なのでちょっとアレかなぁ・・・
ワカメじゃ無くて海藻サラダってあるじゃない
水で戻すだけのコンニャクとか入ってるヤツ
今度はアレで作ってみようかな
玉葱とかポン酢で作っても上手そうな気がする

2015年11月16日

わさび菜のおひたし

わさび菜を大量に頂きました〜



ピリっとした辛さが特徴のわさび菜は生食が基本かと思いますが、量が多すぎるのでおひたしにしてみたよ
鍋でさっと湯がき、冷水に取ってから絞ります

2_20151116152015e5b.jpg

一口大に切り、タッパーに入れて麺つゆをかけ冷蔵庫で放置

3_20151116152017806.jpg

後は食べる分だけ取り出して、鰹節をかけて頂きます

わさび菜なんて名前のくせにわさびの味なんかしないですが、ピリ辛で美味しい野菜です
お肉と一緒に生食するのが美味しいんだが、なんせ今回は量が多すぎる
でもおひたしにするとタッパー1個分も無いんだよね・・・
2〜3日もあれば食べきれちゃう量だね
おひたしにした事によってあれだけの量が全部食べられちゃうんだから、野菜不足の俺には素晴らしい
生食じゃ何日掛かるか分からねえもんな

2015年11月14日

日々ロック

今日は『日々ロック』を観ました〜



勉強もスポーツもダメ、彼女ナシのパッとしない高校生だが、ロックを愛する心だけは人一倍強い日々沼拓郎
友人に誘われバンドを結成した彼は卒業後、上京して伝説のライブハウスで活動し始めるが、なかなか客は集まらない
そんな現実にもめげず熱いライブパフォーマンスを繰り広げていたある日、トップアイドル宇田川咲と出会う・・・


ライブシーンは良いのだが、主人公の過剰すぎる演技がひいてしまう・・・
と言うか、気持ち悪すぎる
知的障害者の演技でもしているのかと思ってしまう程で、手足は震え腰は曲がり、喋ればしどろもどろ・・・

バンド演奏中は別人だとでも表現したかったのかも知れないが、ハッキリ言ってやり過ぎです
あまりの挙動不審者っぷりに嫌悪感しか感じません

他にも過剰な演出が多過ぎて、泣かせたいのか笑わせたいのかサッパリ分からん映画ですが、二階堂ふみだけは素晴らしかったです

2015年11月13日

ぶどうのなみだ

今日は『ぶどうのなみだ』を観ました〜

1_convert_20151110222637

北海道の空知に暮らす、アオと一回り年の離れた弟のロク
父親が遺したぶどうの木でアオはワインをつくり、ロクは小麦を育てていた
黒いダイヤと称されるぶどうピノ・ノワールから醸造した理想のワイン作りに悪戦苦闘しているアオとそんな彼を見守るロクの前に、キャンピングカーに乗って旅をしているエリカという女性が現れる
何とも言えぬ不思議な魅力を放つ彼女との交流が、兄弟の生活にちょっとした変化をもたらす・・・

北海道の青い空と広大な大地、素晴らしい景色を見るだけの映画って感じかなぁ・・・
病気の為に指揮者と言う仕事を諦め、地元の空知へ帰って来てワイン作りに精を出すが上手くいかなくて心を閉ざしてしまう・・・
それを見守る弟と、偶然現れた旅人のヒューマンドラマであるが、内容が薄っぺらでどうにもイカン・・・

大自然と朴訥な人々・・・
癒されるでしょう?と言わんばかりの作りは監督の自己満足でしか無いのでは

大泉洋と染谷将太の無駄遣いです

元おニャン子の生稲晃子が乳がんだったと言うニュースを見ました
モロにおニャン子世代の俺には大変ショックです・・・

SANSPO

今で言う推しメンでは無かったけれど、もう再発する事が無い様祈ります・・・

2015年11月11日

Dance Dance Dance

E-GIRLSの新曲『Dance Dance Dance』を入手しました



1. Dance Dance Dance
2. Hey You!
3. Express -Do Your Dance- / Dream & E-girls
4. Dance Dance Dance (Instrumental)
5. Hey You! (Instrumental)
6. Express -Do Your Dance- / Dream & E-girls (Instrumental)

顔と名前が一致するのはAmi位しかいないが、グループとしての声の質と言うか歌い方と言うか、その辺が好きで聞いている・・・
ソロになったら一切興味が持てないと思うレベルで好きなアーティストです

2015年11月10日

マエストロ!

今日は『マエストロ!』を観ました〜



若手コンサートマスターの香坂は、不況の影響によって解散したオーケストラの再結成に携ることに
しかし、練習場に現れたのは再就職先が決まらない演奏家たちで、久々の音合わせもうまくいかず前途多難な雰囲気が漂う
そこへ怪しげな男、天道が登場
天道による常軌を逸した指揮にもかかわらず、楽団員たちは自信を取り戻していき・・・

オーケストラの知識が無いので、何が凄くて凄くないのかサッパリ分からず今ひとつ入り込めませんでした・・・
西田敏行をはじめ一流俳優を起用しているので、映画としての完成度はさすがの一言ですが、観る方の俺の知識不足ゆえ、評価がしきれません・・・
専門用語もビシバシ出て来るし

ホルンをトンカチで叩いて直してましたが、それすらリアリティのある事なのかどうかも判断出来ない様な状態なので、俺が観るには敷居が高過ぎたかと・・・

オーケストラに携わる方が観れば面白いのかもしれませんが、俺にはいまいちな映画でした・・・

2015年11月09日

栗ごはん

今日の夕飯は栗ごはん〜〜

ぼちぼち栗も終わりかなと思い、最後に栗ごはんを食べとこうと思って栗を買いに行ったんだが、これが困った事にどこにも売ってない
やべぇ〜遅過ぎたかと後悔しても後のカーニバル・・・
数件のスーパーを廻ってみたが結局みつからず、最後のスーパーで『栗ごはんの素』を買って来ました

1_convert_20151108153104.jpg

2つしか残ってなかったので2つ購入し、3合用と書いてあるが2合の米に2つともぶち込んで豪華に炊きました

洗った米に入れて炊くだけとなってるが、栗が浸かってる液をちょっと舐めてみたら妙に甘い・・・
栗の自然な甘みが欲しかったので、液は捨てて栗を良く洗ってから使用しました
生栗じゃ無い時点で多少違うかも知れないが、まぁこの甘い液をそのまま使うよりは良いかと・・・

味付け用の調味液も付いてましたが全て捨て、独自に味付けして炊き込んだよ
調味液を使えばそれなりに美味しいものは出来るんだろうが、まぁ自分で好みに味付けした方が美味いに決まってるよね

生栗よりもかなり甘そうなので、塩と醤油を強めにしたんだが、あまじょっぱい大変美味しい栗ごはんが出来ました

1_convert_20151108160014.jpg

今年はこれで食い納めだな
だいぶ寒くなって来たので、これからは鍋物だね

2015年11月08日

海月姫

今日は『海月姫』を観ました〜



人生において男は不要だと考えるオタ女子集団「尼~ず」の面々が集まる、男子は立ち入り禁止のアパート天水館
そこに暮らすクラゲオタクの月海は、熱帯魚ショップで一悶着あったところをファッショナブルな女性に助けてもらう
次の日の朝、ひょんなことから彼女が女装をしていた蔵之介という男性だとわかって驚愕する
それを機に、蔵之介は男性であることを秘密にし天水館に出入りする
月海たちと蔵之介が交流を深める中、天水館の取り壊しが決まってしまう・・・

クラゲオタクと言う属性のヒロインと、その他色々なオタク女の物語だが、これが意外に面白かった
原作が少女漫画と言う事が納得の王道的ストーリーではあるが、それぞれのオタク女達のキャラが立ち、終止ドタバタしてたのも面白い

オタク女が実は美人だったって〜のがお約束過ぎてちょっと冷めたけどね

見かけが個性的過ぎて誰が演じているのかサッパリ分からないが、所々でちょこっと見える素顔で判別して行き、ばんばさんが池脇千鶴だと分かった時はちょっと驚いたね
篠原ともえは素でいけそうだったけど

それにしてもやっぱり能年玲奈は演技が上手い
恥ずかしがり屋なのか、トーク番組とかだと全く喋れないのに演技になるとあんだけ出来るって〜のはやはり才能か

事務所設立問題とかで大騒ぎになっていたが、そのせいで干されてしまったのか、久しぶりに見たよなぁ・・・
こんだけ実力があるのに、近年の露出は『ホットロード』と『海月姫』だけだもんなぁ
圧力に負けず頑張ってほしいものです

2015年11月07日

バトルフィールド

今日は『バトルフィールド』を観ました〜



1066年、イングランド北部・・・
ノルマンディー公ウィリアムは征服した同地の反乱分子を一掃すべく挙兵し、およそ10万人もの住民の命を奪った
そんな中、奴隷として数年間もとらわれていたノルマンの王子が、すっかり荒れ果ててしまったイングランド北部へと帰還する
故郷を荒らされ、ウィリアムの腹心であるデュラント伯爵に父を殺された怒りに燃える王子は、そのうらみを晴らすべく復讐を決意する
やがて、土地を追われていた農民たちが彼のもとへと集結し、一緒にデュラント討伐に挑んでいくが・・・

侵略されちゃった農民達に、個人的な復讐の為に加勢し、復讐が終わったら戦いの途中なのにさっさと引き上げようとするふざけた主人公があきれてしまう映画です

敵に信じられない程の強さだと言われる主人公だが、村人に寝込みを襲われてあっさり捕まり殺されそうになったり、何かチグハグな感じがします・・・
血も何だかトマトジュースみたいだし、突っ込み所がありすぎて集中出来ないよ
殺陣のシーンはそこそこ迫力があったが、見所はそこ位かなぁ・・・
100円レンタルで十分な作品ですね

「ハリーポッター」で狼人間グレイバックを演じていたデイブ・レジーノも出ているんだが、この映画の公開前にハイキング中の熱射病で亡くなってるんだよね
ご冥福をお祈りします

2015年11月06日

サマーウォーズ

今日は『サマーウォーズ』を観ました〜



天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女の田舎へ
そこで二人を待っていたのは、大勢の夏希の親戚たちだった
しかも、健二は夏希から「婚約者のふりをして」と頼まれ、親せきの面々に圧倒されながらも大役を務めることに・・・

田舎の大家族の日常から、すわ世界滅亡かと言う事態に発展するストーリーは非常に面白く、映像も綺麗で細田守監督作品はハズレがねえなぁと感じます

宮崎駿の後を担えるのはこの人しかいないでしょう
もともと細田守監督は宮崎駿と繫がりがあり、一緒に仕事をした事もあるそうなので実力は折り紙付きです
今夏には『バケモノの子』が公開され大ヒットしましたし、今後の作品もとても楽しみな監督です

一つ残念なのは、ジブリ同様に声優に素人を起用する点ですかねぇ・・・
宮崎駿は声優の声は作為的過ぎるし、現実にあんなハキハキ喋る人はいないとか何とか言ってるのを前に何かで観ました
細田監督がどんな理由で素人を使うのかは知りませんが、せっかくの名作アニメを声優の棒読みで台無しにしちゃってる方が問題だと思うんだけどなぁ・・・
滑舌が良過ぎてリアリティが無い事より、素人の棒読みの方がよっぽど耳障りで鬱陶しいんだけど

声に人気俳優とかをあてて宣伝効果でも狙ってるんだろうか・・・
そんな事しなくてもこの二人の監督なら十分客は呼べると思うんだけどね

ジブリ作品、細田作品を観る度に毎回思う声の問題・・・
作品自体のクオリティが高いせいで余計に気になり残念な点である

2015年11月05日

オオグソクムシ

新東名高速の駿河湾沼津SAで買って来た『オオグソクムシせんべい』を食ってみた



オオグソクムシって知ってますかね
深海に住むダンゴムシの様なフォルムのヤツで、グラサンをかけた様な格好良い面構えをしています

1_convert_20151103104702.jpg

最近人気がある様で、どこの水族館でも観られる様になって来ましたが、さすがに食べようとは思わないですよねぇ・・・
でも食ってみようと言う物好きはどこにでもいるらしく、唐揚げ等で提供する店があるそうです

食ってみたいとは全く思わないが、こいつを粉末にしてせんべいに練り込んだ商品があったので買ってみたのだが、なかなか開ける勇気が無く、消費期限が来たので気合いを入れて食ってみた

2_20151103103913f3e.jpg

オオグソクムシなんて食った事が無い訳で、どんな味なのか分からない・・・
なので入っていると言われても良く分からん
味は普通の塩せんべいって感じかな・・・

身だけじゃなく殻も全て粉末にして入れてるのであろうか、香ばしくてなかなか美味い
かっぱえびせんの様な味で、せんべいとして十分な出来である
若干後味が生臭い様な気がするが、オオグソクムシが入っていると言う先入観を持って食べてるせいかも知れない・・・

予想外に美味かったが、それでもコイツの唐揚げとか食いたいと思わないなぁ・・・
茹でて殻をむいて食べる方法もあるらしいが、想像しただけで気持ち悪くなるよ

2015年11月04日

シンデレラ

今日は『シンデレラ』を観ました〜



貿易商を営む父親が再婚し、継母とその連れ子である姉妹ドリゼラとアナスタシアと暮らすことになったエラ
だが、父親が不慮の事故で命を落とし、それを機に継母と義理の姉妹からつらく当たられ、召使いのように扱われる毎日を送る
勇気と優しさが魔法の力になるという亡き母の教えを胸にひどい仕打ちに耐えてきたエラだったが、ついにこらえきれずに家を飛び出してしまう
森へと馬を走らせた彼女は、城で働いているという青年キットと出会い、心惹かれるが・・・

昨日観た赤ずきんとは真逆で、ディズニー童話を忠実に実写化した作品でした
舞踏会で他のドレス姿の女性達の中で一際目立つ華やかさや、魔法でカボチャの馬車や馬を作り出すシーンは素晴らしく、観ていてワクワクしました

幸せな暮らしからどんどん不幸になって行き、最後はハッピーエンドと言う王道ストーリーではありますが、あまりの不幸っぷりについ涙しちゃったぜコンチクショウ

正直なところ、シンデレラのストーリーなんて大筋でしか知らなかったし、小さな女の子向けのおとぎ話と言う認識しか無かった
意地悪な継母と義理の姉妹、カボチャの馬車、ガラスの靴・・・
一般の人のシンデレラの知識なんてそんなもんじゃ無いのかな 違う

この映画で不幸になって行く過程や、舞踏会に行く事になる経緯なども知り、シンデレラってこんなに切ない話なんだと初めて知りました
さすがに世界中の人が知ってる名作なんだと今更ですが実感しました
シンデレラと言う名前の由来も知りました・・・

意地悪な継母の存在感とシンデレラの汚れ無き心と美しさがこの映画の見所かと思いますが、それに加えて映像の美しさが素晴らしかったです

まさか童話を実写化した作品で泣かされるとは思いませんでした・・・
ラストで継母達にもっと罰が与えられれば溜飲が下がるのになぁと思うのは俺の心が汚れているのか
何で他の魔法は12時で解けちゃうのにガラスの靴はそのままなのかとかね

そう言う穿った見方をする人も、シンデレラが好きな心の綺麗な少女も、老若男女が感動出来る映画です
必見です

2015年11月03日

赤ずきん

今日は『赤ずきん』を観ました〜

1_convert_20151027142814.jpg

小さな村の美しい娘ヴァレリーは、木こりのピーターと愛し合っていたが、母親が鍛冶屋のヘンリーを婚約者に決めてしまう
そんな村に、久しぶりにオオカミが現れ、ヴァレリーの姉ルーシーが犠牲になる
オーガスト神父の反対をよそに、自警団が組織され、見事オオカミを退治するが、ヘンリーの父親が第2の犠牲者になってしまう
翌日、魔物ハンターとして知られるソロモン神父の一行が村に到着し、村人たちに意外な事実を知らせる
犯人はオオカミではなく、村人にまぎれて暮らしている人狼の仕業だというのだ
果たして、赤い月夜の晩、どこからともなく人狼が現れ、またまた犠牲者がでてしまう
人狼の正体について村人たちが疑心暗鬼になる中、ヴァレリーは恋人ピーターや婚約者ヘンリーにも疑いの目を向けるようになる・・・

何故これが赤ずきんなのか理解出来ない
人狼と村人の戦いがメインであり、赤ずきん設定は完全に後付けで、ハッキリ言って必要無い

童話で知られる赤ずきんの内容をちょこちょこ挟んでは来るのだが、全く無意味で鬱陶しいし、赤いずきんを被ってる意味も特にある訳でなく、赤ずきん要素をからめる意味が全く見いだせない

普通に人狼対村人のサスペンスで良いと思うのだが、そうだとしても戦いのシーンが夜ばっかりなので、画面が全体的に暗くて何をやってるのか良く分からず、映画として面白くない

勿論恐怖心をあおる為に暗闇の中での戦いなんだが、暗過ぎて何が起きてるのか分からなくては本末転倒である
アマンダ・サイフリッドがヒロインって所だけが見所のつまらん映画でした

2015年11月02日

あじわいきしめん

今日の夕飯は名古屋で買って来た『あじわいきしめん』で〜す



半生麺が4人前と、名古屋コーチンの麺つゆ、鰹節のセットで1,000円でした
麺はモチモチとしていてなかなか美味しいし、名古屋コーチンのつゆも上品ですが、『これは美味い』って程のものでは無く、まぁ普通に美味しいってレベルでした

2_20151030112147d67.jpg

きしめんなんてスーパーで買えば4人前で1,000円もしない訳で、せっかくお土産で買って来たんだからもうちょっと特徴が欲しいね
普通過ぎてなんか損した感じ・・・

不味けりゃ不味いでブログネタになって良いのだが、まぁそれも困るわな

前回同じ様に名古屋で買って来たきしめんがやっぱり名古屋コーチンのつゆだったんだが、これはマジで美味かった
だから今回も期待が大きかっただけに残念である・・・

過去Log。

前回のは3人前で750円、今回のは4人前で1,000円なので値段的には一緒だが、味の差は相当なものであり、今回の失敗感が非常に大きい・・・

ただ、モチモチ感はしっかりとある麺なので、鍋焼きうどんにした方が美味しく食べられるかも・・・
2人前残ってるので、次回は鍋焼きうどんでいってみよう

今日は『ST 赤と白の捜査ファイル』を観ました〜



ある囚人の脱獄を画策したハッカー楠木の焼死体が見つかり、彼を殺したとして警視庁科学特捜班リーダーである赤城が逮捕
それを受けて特捜班は解散するも、拘置所から脱走した赤城を追うために百合根をはじめとするメンバーが集められる
赤城は無罪だと信じて捜査にあたる百合根は、事件とフギンというコンピューターウイルスの関連に着目
同ウイルスについて知る女・堂島菜緒美のもとへと向かうが、彼女は何者かにさらわれてしまう・・・

『ST 警視庁科学特捜班』と言う小説が元で、TVドラマ化され、更に映画化されたのがこの作品らしい・・・
正直、小説も知らなかったし、TVなんてほとんど観ないのでそれこそ知らない・・・
そんな予備知識も無いままに観たのは、藤原竜也と岡田将生が出てるので面白そうだなぁと思って

観始めてすぐに、こりゃぁ元ネタがあるなと分かった・・・
登場人物の関係とかの説明が全く無いので、TVドラマの延長か何かなんだろうと
『SP』みたいなもんなんだろうが、マジで元ネタを全く知らないって〜のはマズいかなぁ、失敗したかなぁと思いながら、なんだかんだで最後まで観ちゃいました
ドラマを観て無いせいで分かりづらい箇所もある事はあったのだが、それでも十分楽しめる映画でした

と言うか、警察モノの映画としてはかなりの完成度であり、かなりの傑作だと思うんだがどうでしょう
ドラマの方ってDVD化されてるのかなぁ・・・
映画化されてる位だから勿論ドラマは終わっちゃってるんだろうし、まぁやっててもTVドラマを観る気にはなれんしなぁ・・・
DVD化されてても物凄い本数だったりしたらそれはそれで観れないけどね

どうもTVドラマって苦手です
盛り上がって来た所でぶつ切りで終わっちゃってまた来週〜みたいなのが凄く嫌
映画の様に一本になってないと入り込めなくて冷めちゃうんだよねぇ・・・
ニュースはネットで見るし、バラエティも面白いのやってないしで、全然TVって観なくなっちゃったね

今楽しみなTVは年末の『笑ってはいけない○○』だけですね

話がそれたが、ファンの人は勿論観るんだろうが、初めて観る人でも凄く楽しめる良い映画です

プロフィール

mayu

Author:mayu
出身地  /江戸
血液型  /几帳面なA
趣味   /バイク・料理・映画
特技   /飲酒

御来場有難う御座います!

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新コメント
カテゴリ
リンク
過去Logを検索

月別アーカイブ