MayuLog。

我が家のニュース・Macな事・バイクの事等を気の向くままに書いて行くぞ! 気の向いた時にヌルッと更新!(^^ゞ

 
2015年09月25日

INTO THE WOODS

今日は『INTO THE WOODS』を観ました〜



魔女に呪いをかけられたために子供のいない夫婦は、「子を授かりたければ、四つのアイテムを森から持ち帰るのだ」と魔女に命令される
夫婦は赤いずきん、黄色い髪、白い牛、黄金の靴を手に入れるべく森へと出発する
一方赤ずきん、ラプンツェル、ジャック、シンデレラ、魔女、オオカミ、2人の王子も森に足を踏み入れており・・・

「赤ずきん」「シンデレラ」「ラプンツェル」「ジャックと豆の木」といった世界的に有名なおとぎ話の主人公たちのその後を描く、ディズニー製作のミュージカルを映画化した作品です

正直ミュージカルは苦手なので観るのを躊躇したんだが、ストーリーがとても面白そうなので頑張って観たよ
ミュージカルの何が面白いのか良く分からない・・・
ず〜〜〜〜っと歌いながら喋ってるのが非常に鬱陶しい
普通に喋れば良いじゃんといつも思ってしまうし、観てるとイライラして来るので普段は絶対観ないんだが・・・
今まで観たのは『スウィーニートッド』と『舞妓はレディ』位かなぁ・・・
『スウィーニートッド』はやはりストーリーに引かれて、『舞妓はレディ』は観てみたらミュージカル調だったと言う、騙されたって感じで

有名なおとぎ話のその後を描いているんだが、赤ずきんはお母さんとおばあちゃんが死んじゃうし、王子と結婚したシンデレラは王家の暮らしに嫌気がさして家出、ジャックは天空の巨人の復讐にあい母が死に、魔女の願いを叶えて念願の子供を授かったパン屋の夫婦は、奥さんが王子と浮気して崖から落ちて死亡・・・

とてもディズニー映画とは思えないブラックさですが、四つの童話が融合した見事な出来です
メリル・ストリープの魔女も素晴らしいし、ジョニー・デップの狼も秀逸です
物語前半で赤ずきんを食べ、腹を割かれて死んでしまうチョイ役でしたが

ミュージカル映画じゃなきゃもっと良かったんだけどなぁ・・・
洋画は絶対に吹き替えじゃ観ないんだけど、こう言う映画を吹き替えるとどんな風になるんだろうと思って吹き替えでちょっと観てみようかと思ったら、元々吹き替えは収録されていませんでした
まぁそりゃそうかって感じで、あんだけ全編を通して歌いながら喋ってるのに、それを翻訳した所でメロディーに乗せるのが大変なんだろう

割と酷評の多い映画ですが、俺はこう言うの好きだなぁ・・・
でもジョニー・デップファンにはお勧めしません
マジでちょっとしか出て来ないので・・・

2015年09月24日

私が好きな河合奈保子

『私が好きな河合奈保子』を入手しました〜



今年でデビュー35周年を迎えた河合奈保子の、ファンからリクエストを募ったシングルのヒット18曲と、B面曲&アルバム収録曲17曲の計35曲を収録したニューアルバムです

Disc 1

01. スマイル・フォー・ミー
02. ハーフムーン・セレナーデ
03. ラブレター
04. デビュー~Fly Me To Love
05. Invitation
06. 大きな森の小さなお家
07. 涙のハリウッド
08. 夏のヒロイン
09. エスカレーション
10. 唇のプライバシー
11. 十六夜物語
12. けんかをやめて
13. ストロー・タッチの恋
14. ジェラス・トレイン
15. ムーンライト・キッス
16. Harbour Light Memories
17. ヤング・ボーイ
18. 愛してます
19. ラヴェンダー・リップス

Disc 2

1. Sky Park
02. ハリケーン・キッド
03. 桜の闇に振り向けば
04. 言葉はいらない~Beyond The Words~
05. 若草色のこころで
06. モスクワ・トワイライト
07. 星になるまで~NIGHT AFTER NIGHT~
08. 想い出のコニーズ・アイランド
09. LOVE
10. Twilight Dream
11. 夢かさねて
12. 夢みるコーラス・ガール
13. FOR THE FRIENDS
14. プリズム・ムーン
15. SENTIMENTAL SUGAR RAIN
16. 青い視線
17. ANGELA 手をひいてアンジェラ
18. 黒髪にアマリリス

海外に移住してしまっているので全く露出はありませんが、もう50歳を超えているとは言え、可愛いままなんだろうなぁ・・・

2015年09月23日

サベージ・キラー

今日は『サベージ・キラー』を観ました〜



結婚式を目前に、自動車に乗ってニューメキシコの砂漠を一人で旅していたゾーイ
その途中で彼女は、ギャングたちが少年をなぶり殺しにしようとする現場に出くわしてしまう
少年を助けようとするゾーイだったが、ギャングに連れ去られて、激しい暴行を受けた果てに生き埋めにされてしまう
夜が明け、ひん死の状態であった彼女は奇跡的に命を取り留める
激しい復讐心に駆られた彼女は、ギャングたちを一人ずつ血祭りに上げていくが・・・

聾唖の女性が暴行され殺されてしまうのだが、実は生き延びて復讐を開始するってストーリーかと思ってました
しかし女性は本当に死んでしまい、埋められた場所がアパッチ族の神聖な場所であった為、過去に殺されたアパッチ族の酋長の魂が乗り移り自分を殺した一族に復讐を開始する
酋長は女性の体を借りて復讐が出来たから良いけれど、主人公の女性は悲惨の一言だよね

ギャングに暴行され殺されて埋められて、あげく酋長の復讐の道具に体を使われて・・・
体は死んでいるのでどんどん朽ちて行くのだが、腐って穴の開いた体や折れた腕をガムテープで補強しながら戦わさられる女性の悲惨な事よ・・・

行方不明の彼女を捜しに来てくれた婚約者にも、こんな体じゃ会うに会えず『私の事は忘れて』と鏡に文字を残し去って行く・・・
せめて楽に死なせてあげようよと、主人公が可哀想になっちゃいます

B級感が拭えないが、バイオレンス・ホラー・ゾンビがミックスになったなかなか楽しい映画でした

今日も『銀河鉄道物語 〜忘れられた時の惑星〜』を観ました〜



昨日観たOVA版は全4話で構成されていたんですが、これはそのOVAを再編集した劇場版だそうなんですが、観てみたら4話をただ繋げただけであり、結果的に同じ映画を2日連続で観ただけでした・・・

再編集とか書いてあったら未公開シーンとか入ってるのかと思うじゃないですか
俺が気付かなかっただけなのかも知れないが、そう言ったシーンは確認出来ませんでした

この映画版を見つけたので、元々所有していた『銀河鉄道物語 〜忘れられた時の惑星〜』のOVAを映画を観る前に予習がてら観た訳だが、残念な結果に・・・
まぁ面白かったので良いんですけど、他にも観なくちゃ行けない映画が溜まってるのでちょっと失敗した感じではありますが・・・

しかしこの映画、全然知らなかったなぁ・・・
『銀河鉄道』シリーズは全て網羅していると思っていたんだが、映画がいつ上映されてたのかすら全く知らない
たまたま見つけたら『劇場版再編集』となっていたので観てみたんだけど、ただ繋げただけで再編集とか言っていいのか
途中にED曲や次回予告とかが入らないので物語に集中は出来るけど、さすがに2日連続はなぁ・・・

これでもう1回OVA版を観れば劇場版にしか無いシーンに気付くかも知れないが、さすがに3日連続は止めとこう
そもそもそう言うシーンがあるのかすら怪しいし、確かにパッケージには未公開シーンがどうこうって書いてない
あくまで『再編集』なんだよね
本来は全4話で1話毎に切れ目がある訳だが、そこを無くしてノーカットにしたのが再編集なのかもね

今日は『銀河鉄道物語 〜忘れられた時の惑星〜』を観ました〜



銀河鉄道が停まらない「忘れられた時の惑星」と呼ばれる星・惑星ヒーライズ
エターナル銀河へ向かう途中であった銀河超特急999号から、銀河鉄道管理局にヒーライズの衛星・デュエートの駅を発車後に事故に巻き込まれたとの救難信号が届く
乗客の安否も星の情報もまったく不明な中、管理局からの緊急出動命令を受けてSDFシリウス小隊は999号の乗客救助に向かう・・・

松本零士原作のTVシリーズ『銀河鉄道物語』を全4話のOVAで制作した作品です

『銀河鉄道999』と同じ世界観の中、SDF(空間鉄道警備隊)の活躍を軸に物語が進んで行きますが、TVシリーズではメーテルや鉄郎は登場しません
しかしOVA版の『銀河鉄道物語 〜忘れられた時の惑星〜』ではSDFと999の関係、『999』の登場人物とSDF小隊の面々との関わりが明かされていき、勿論メーテルや鉄郎、車掌さん等も登場します

『銀河鉄道物語』もそこそこ面白いんだけど、やっぱりメーテルや鉄郎が出て来るとグッと引き締まりますね
TV版とも映画版とも微妙に違う鉄郎も格好良いです
8年前の作品ですが、今観ても十分楽しめます

例の騒動後、初めて『ペヤングソースやきそば』を食べてみた



と言うか、『ペヤングソースやきそば』自体を40年以上生きて来てほとんど食べた事が無い

何故かと言うと、まずカップ麺の焼きそばがあまり好きでは無いし、仮にカップ焼きそばを食うにしても他に選択肢がいっぱいあるので、ペヤングにこだわる必要がないしで、何故皆あんなに大騒ぎするのか不思議だった

他のカップ焼きそばより劇的に美味いのかと思って今回食ってみたんだが、正直どれも同じ味な気がする

世の中にはペヤングの愛好団体とか言うものもあるらしいので根強いファンがいるのだろうけど、俺にはいまいち分からなかった

不味くもないけど美味くもない・・・
俺の舌がおかしいんだろうか

好みの問題もあるだろうしなぁ・・・
インスタントを食うならやきそばよりラーメンの方が良いもんなぁ・・・

最後に食ったのはいつだろうか考えてみたら、超大盛りって〜のが発売されたじゃないですか
単純にカップに麺が2個入ってるヤツ
アレが発売された時に物珍しさで食ったのが最後だ

調べてみたら2004年8月が発売日なので、11年前だ
と言う事は俺がペヤングを食ったのもおよそ11年振りって事になるなぁ
死ぬまでに後3〜4個は食えるか

今日は『銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー』を観ました〜



機械帝国との戦いから1年が過ぎようとしていたころ、鉄郎は地球の新たなる支配者“ボルカザンダ3世”に危険分子と見なされ、処刑されようとしていた
そんな彼の窮地を救うため、銀河鉄道999でメーテルが駆けつける
久しぶりの再会に喜ぶふたり・・・
鉄郎はメーテルより“戦士の銃”を受け取り、再び999号に乗って、新たなる宇宙の旅へ出かける・・・

『銀河鉄道999』『さよなら銀河鉄道999』から17年の時を経て久しぶりに劇場公開された時の感動は忘れられません
何たって今も昔も999が大好きで、いまだにこれを超えると思えるアニメには出会ってません

しかしTV版の「エターナル編」を下敷きに制作された今作は、いくら999が大好きな俺でも不満を感じずにはいられませんでした
公開時は翌年の1999年が999の年と言うふれこみで、完結編の制作が決まっていたにもかかわらず、今作のあまりの出来の悪さにより完結編の制作が中止に

完結編に繋がるストーリーで作られているので、完結編が中止となると今作のストーリーが完全に中途半端で終わった事になってしまい、ただでさえ出来の悪かった作品が最悪のモノに・・・

『銀河鉄道999』『さよなら銀河鉄道999』は比喩的表現ですがそれこそすり切れる程、何百回と観ていますが『エターナル・ファンタジー』だけは観る気が起きないので放置してありました

今回ちょっと気が向いたので観てみたんだけど、やっぱり中途半端な感じは否めない・・・

TV版が下敷きなので、鉄郎のビジュアルがTV版になってるのも頂けない
鉄郎は絶対劇場版の方が良いよね

他にも10分程度のイベント用オリジナルストーリーの映画や、WEBアニメ等もあったんだけどおおむね良好で、完全に今作だけが黒歴史になってる感じ

完結編が制作されていればまだしもって感じなので、今からでも完結編を作ってくれねえかなぁ・・・

基本的に松本零士の書く漫画は好きじゃ無いんだけど、999とキャプテンハーロックは大好きです
逆に一番人気のヤマトは全く興味がありません
キムタク主演で作られた実写版ヤマトは観たよ
凄え面白かったけど、だからといってアニメは観る気にならず、結局いまだに観た事が無いので登場人物の名前すら知りません

2015年09月16日

手作り食パン

久しぶりに食パンを焼いてみた



ホームベーカリーを買った時に、それこそ毎日って位作ってたらさすがに飽きた
で、そのまま仕舞い込んでたんだが、ふと目についたので久々に焼いてみたって訳です

今回はミルクとチョコチップをふんだんに入れて作ってみたんだけど、チョコを入れすぎてミルクの風味が飛んでしまった

2_201509102211237ed.jpg

ミルクもふんだんに入っているのだが、焼き上がったパンはチョコレート色でした
ミスったかと思ったんだが、焼きたて熱々で柔らかいパンは、買って来たものより遥かに美味しかったです

俺は酒のつまみに、息子は御飯を食べながら、二人で一斤ペロッと食べてしまいました
また食パンブーム到来か

今日は『遠くでずっとそばにいる』を観ました〜

1_20150905162016da6.jpg

交通事故の後遺症によって、10年分の記憶を失った志村朔美
実年齢は27歳でも、17歳までの記憶しかない朔美は、自分を取り巻く変化に困惑しながらも現状を受け入れ生活していたが、空白の10年間の出来事が気になって仕方がない
付き合っているらしい男や高校時代の同級生らの助けを借りて、喪失した記憶をたどろうとする朔美だったが・・・

記憶を取り戻そうと友人達の力を借り奔走するが、少しずつ分かって行く10年間の自分は、もしかして嫌な大人だったのでは無いかと思い始める・・・
やがて全てが分かった時、知らずに生きていた方が良かったのでは無いかと言う辛い真実が明らかになって行きます

倉科カナの透明感ある演技が素晴らしく、実年齢は27歳、心は17歳の女性をとても良く表現しています

人間誰しも忘れたい過去はあると思いますが、実際に忘れてしまったら気持ち悪くて、何とか思い出そうと努力するでしょう・・・
たとえそれが忘れてしまった方が良かった過去でも・・・
思い出せて良かった気持ちと、思い出さなきゃ良かったと言う気持ちが複雑に絡み合い、切なくなる映画です

2015年09月14日

京都ラーメン

今日の夕飯は京都で買って来た『新福菜館本店』の醤油ラーメンです



京都は薄味と言うイメージがありますが、『天下一品』や『天天有』の様にかなり濃い味のラーメン店も数多く存在します

今回買って来た『新福菜館本店』の醤油ラーメンは、真っ黒なスープに九条ネギがたっぷり乗った見た目はしょっぱそうな一品です

京都駅近くにあるので勿論トラックなんか停めて置けないので、お土産用の半生麺を購入して来ました
中身はこんな感じ

2_20150909150428eba.jpg

麺とスープしか入って無いので具材を用意してトッピング
よりにもよって九条ネギが売ってなかったので、普通の長ネギで代用しました

3_20150909150429688.jpg

お湯の量を間違えたかと思う程の真っ黒スープはちょっと飲むのに躊躇してしまう色です
しかし色に似合わず、醤油の香りが漂う美味しいスープでした

パッケージに『あっさり』と表記してありますが、さすがにそれは無いだろうと思って食してみたが、信じられない程あっさりとしたスープでした

でも同じ京都ラーメンの『天下一品』みたいなラーメンを想像してたので、正直なところそれほど美味いって事は無いかなぁ・・・

数あるラーメンの中で『天下一品』が一番美味しいと思っているので、それと比べちゃうとちょっと落ちる感じではあるが、普通に考えたらかなり美味しいラーメンではあると思う・・・
どうしても京都のラーメンって言われると『天下一品』と比べてしまうので、それよりはってだけの話です

透明度の全く無いスープは、全部飲み干したら相当体に悪そうな印象ですが、見た目とは裏腹なあっさりとしたスープは余裕で飲干せました

京都の街を走っていると、こってり系スープのラーメン屋を多々見かけるんだが、本当に京都って薄味の街なのか
単なるイメージなんだろうか・・・

でも実際に中学の時に修学旅行で京都に行ったけど、旅館の飯が薄味過ぎてどうにも食えず、皆で醤油を取り合いしてた記憶がある
観光客にはイメージ通りの薄味の食事を出し、地元の人は隠れてこってりしたもんを食ってるのかな

2015年09月13日

ドライブレコーダー

FUGAにドライブレコーダーを取り付けました〜

前から欲しかったんだが、最近のドライブレコーダーは高画質化が顕著で、それに伴い値段も高くなって来ている・・・
ドライブレコーダーなんて事故があった時位しか使わないし、そんなに高画質である必要は無いと思うんだけどなぁ

それでもそのもしもの時に必要なので欲しかったんだが、高すぎるので躊躇してたら、ホームセンターで安物を見つけたので買って来た



買ってはみたものの、何処に付けるか、どうやって配線を取り回すか考えてたらあっという間に一週間が過ぎ、ようやく重い腰を上げ、ヒューズから電源を取るソケットを購入して来ました

1554_L.jpg

FUGAの低背ヒューズに対応し、ドライブレコーダーがシガーソケット給電なので、これだけあれば何の加工もせずに取り付けられます

取り付け位置は助手席側のルームミラー横が一番良い感じだったのでそこに決定
配線は天井の内張の中を通し、Aピラーの中に埋め込んで、運転席足元のヒューズボックスまで持って行きました
キッキングプレートを剥がしてみたら良い感じのボルトがあったので、ボディーアースはそこへ繋ぎました

2_20150911173638ddc.jpg

車をイジる上で一番嫌いなのが配線が見えてしまう事なんだけど、純正部品かと見紛う程徹底的に配線は隠したので、結構時間が掛かってしまった・・・
まぁ納得のいく取り付けが出来たので良かったかな
見えている配線は本体から出て、天井に入って行く数cmだけです
ヒューズ側も内張の中に全て入れたので、運転席足元にも配線は一切見えません
ちなみにオートバックスだと取付け工賃1万円だそうです・・・

シガーソケットのヒューズから電源を取ったので、メインキーのON/OFFでドライブレコーダーの電源も自動でON/OFFする様になってます
電源が入ると自動的に録画を開始するタイプなので、シガーソケットのヒューズから取るのが一番ですね

外から見るとこんな感じ

3_2015091117364031d.jpg

ついでに洗車とワックス掛けもしたので、車が綺麗過ぎて廻りの家が映り込んでしまって分かりづらいですね
ミラー横にあからさまな感じでレンズが付いているのがなかなか格好良いぞ
警察車両みたいだ

試し撮りしてみたが、安物の割にそれなりの画質だし、撮った動画もカクカクしたりしない・・・
まぁ必要にして十分って感じですな

これで当たり屋が来ても大丈夫だぞ
てか、目の前で事故の瞬間とか、こないだのロシアの隕石落下みたいなのとか撮れたら良いなぁ・・・
UFOとかも良いなぁ

2015年09月12日

零 ~ゼロ~

今日は『零 ~ゼロ~』を観ました〜



アヤは山間部の町にある、ミッション系女子高校の学生寮で生活していた
ある日、彼女はまるで自分の死を予告するような鮮やかなビジョンを見て以来、部屋に引きこもるようになる
それと同時にあちこちで少女の幽霊が現れるようになり、目撃者たちが次々と姿を消す中、寮住まいのミチも、自分の目前で親友を見失い・・・

メインキャストの女の子達がみんなファッションモデルなので、綺麗どころが揃ってますが、それ以外には観る価値がありません・・・
原作ゲームの『零 〜zero〜』の世界観を無視した作りはファンを馬鹿にしてますね

和風ホラーの原作ゲームとは全く違った、ミッション系のお嬢様学校が舞台ってどう言う事
無意味な百合ネタを入れてる意味も分からないし、同じなのはタイトルだけじゃん

全然ホラーでも無いし、恐い所が全く無かったよ
原作ゲームの様に、プレイ中に後ろに何かいる様な気にさせられる恐さが欲しかったよなぁ
これを『零 〜zero〜』の映画化って名乗っちゃ駄目だろ

まぁ別名にしたとしても駄作には変わりないが、ゲームファンにはそれこそ納得のいかない映画ですな

2015年09月11日

屍体

今日は『屍体』を観ました〜



生まれて初めて人体解剖の授業に参加した医学生のアリソン
彼女たちのグループに割り当てられた若い女性の遺体は、何か尋常ではない気配を漂わせていた
それ以来、アリソンは霊に突き動かされるように死に秘められた真相を探りだそうとするが、グループの仲間たちや担当教授は取り合ってくれない
やがて、遺体に関わった者たちが次々と謎の死がおとずれて・・・

本物の遺体を撮影に使ったと言うふれこみの映画ですが、いっぱい遺体が転がってるのでどれが本物なのやら・・・
まさか全てが

自分が成仏したいからって、自分を解剖している医学生をどんどん殺して行くって〜のが意味が分からない
彼らは何も悪い事をしてないのに、解剖に携わったからって殺されたんじゃ堪らないよなぁ・・・

動かない遺体はいっぱい出て来るが、いわゆるお化けみたいな動く人は全然出て来ないので、恐いと言うより気持ちが悪いだけの映画でした
遺体のおなかを切り開くシーンとか、遺体がいっぱい沈んでるプールとか、気味は悪いけどホラーって感じじゃなかったな

最後にアステカ遺跡に遺灰を撒きに行くんだが、その人は別にそこで産まれた人じゃないし、あくまでアステカの研究者なので、そこに遺灰を撒いたって成仏出来ねえだろ

案の定、同じ病院で同じ事が繰り返される・・・
みたいなエンディングでしたが、そりゃあそうだよなぁ
まぁありがちっちゃぁありがちなラストですけどね

2015年09月10日

ロシアン・ルーレット

今日は『ロシアン・ルーレット』を観ました〜



家族を養う貧乏な青年ヴィンス、囚人のパトリック、謎の男ジャスパーらわけありの男たち17人が、大金が手に入る仕事を求めてある館にやって来る
そこでは、金持ち達によるあるギャンブルが行われていた
それは集団ロシアン・ルーレットで、プレイヤーは集められた男たちだった・・・

主人公役のサム・ライリーって知らないんだけど、マレフィセントでカラスの役だった人だね
ミッキー・ロークやジェイソン・ステイサムが出てるんだが、何か二人ともこれと言った見せ場も無く、別に他の役者でも良かったんじゃねえかと・・・
ミッキー・ロークにボクシングで戦わせたり、ジェイソン・ステイサムは格好良い体術を見せてくれないと勿体無いよなぁ・・・

完全運任せのロシアン・ルーレットにあんな大金を掛けるって〜のがちょっとストーリー的に無理がある気がするが、ロシアン・ルーレットの場面はなかなかの緊張感でけっこうドキドキしました

リボルバーって普通は装弾数6発だよね
そこに弾を3発とか4発とか入れたら、発射されない方が不思議な訳で、万が一全員死んじゃったらどうなるルールなのかも気になった・・・

本来ロシアン・ルーレットって自分のこめかみに銃を当てるのであって、ぐるりと並んで前の人間に銃を向けたら、リボルバーの構造上、次に弾が出るか見えちゃう筈なので、引き金を引いたら前の人間が死んじゃうのが分かってる状態で引き金を引けるかなぁ・・・
逆にそれにビビってフライングで前の人を撃ち殺してしまった場合の対処等もあると良かったかな

勝ち残ったヴィンスも最後はジャスパーに殺されてしまうが、殺して奪ったバッグには金は入っておらず羊のヌイグルミが・・・
あまりバッドエンディングな映画って好きじゃ無いんだが、このストーリーでハッピーエンディングは違和感あるからしょうが無いな

2015年09月09日

水沢うどん

今日の夕飯は群馬土産の『水沢うどん』で〜す
何とこのパック、1.1kgも入ってます
チャックが付いているとは言え、開けちゃったら頑張って食わないとなぁ・・・



水沢うどんは渋川市伊香保町付近の名物とされるうどんで、讃岐うどん・稲庭うどんと並んで、日本三大うどんの一つです

基本はやはりざるうどんなので、茹でた麺を冷水でしめました
ツユが付いてなかったので白だしベースでツユを作り、刻み海苔を散らし、天婦羅を添えて出来上がり〜

2_2015090615043134b.jpg

せっかくなので温かいうどんも作ったよ

1_20150906150429c15.jpg

ツユは同じものを使用し、ツユにうどんを入れて少し煮込んでみた
ざるうどん同様に天婦羅をトッピングし、ネギ・生卵・カマボコも乗せてみた

交互に食べてみたが、コシのあるシコシコツルツル麺なので、やっぱりざるの方が美味しいかな・・・
温かいのも十分美味しいが、こう言うツルツルした弾力のある麺は、やはり煮るよりそのまま食べた方が美味しいね

これでまだパックの2割位しか使ってない・・・
いっぱいあるので色んな食べ方にチャレンジしてみようかな
釜玉とか焼うどんとか、鍋焼きうどんもあるな・・・
ざるにして、ゴマだれって〜のも良いかもしれない

そういえばこないだ買って来た焼うどん用の味噌があるなぁ・・・
愛知の八丁味噌と、群馬の水沢うどんのコラボで焼うどんにしてみるか・・・

2015年09月08日

ルーム 205

今日は『ルーム 205』を観ました〜



新生活を始めるために学生寮に引っ越したカトリン
しかし、彼女が入居した205号室はいわくつきの部屋だった
以来、彼女の周囲の人間が謎の死を遂げ始める・・・

サム・ライミ絶賛とか言ってるが、絶対嘘だよなぁ・・・
全くと言っていい程、恐いシーンもグロいシーンも無く、淡々と流れて行くストーリーはホラーでは無いし、殺された女の復讐と言う点はホラーの鉄板ではあるが、何故ヒロインのパパさんまで殺されなきゃいけないのか意味不明

ラストも分かりづらく、実は犯人はカトリンだった と言う解釈も出来るが、俺の勝手な解釈であり真相はハッキリしない

ホラーと言うよりサスペンスになってるんだよなぁ・・・
恐いもの見たさでホラー映画を観るのであって、自分で解釈しましょうみたいな釈然としないラストは気持ちが悪い

この映画を観て恐いと思う人は、全くホラー映画を観ない様な人達なんじゃ無かろうか
外国ホラー特有の、いきなりバ〜〜〜ンと出て来て音で脅かす様なシーンもほとんど無いし、何か出て来そうだな〜と言う緊迫するシーンも無い・・・
ついでに言うと、ジャケ写のシーンも無い

これを本当にサム・ライミが絶賛したの
どうしたサム・ライミ

2015年09月07日

ひんやり冷酒

今日の晩酌は月桂冠より新しく発売された『ひんやり冷酒』です



夏らしく、お猪口もブルーのガラス製で頂きました

日本酒は冷酒が大好き・・・と言うか、冷酒しか飲まない
冷やも、燗もそれぞれ美味しいが、冷酒の美味さには全くかなわず、たまに気が向いて冷やとか、燗とかって事も全くありませんねぇ・・・
昔は飲んでたけど、冷酒を覚えてからは多分一回も冷やや燗では飲んでないと思います

冷酒なんて種類の酒は無えんだよと言う頭の固い人がたまにいます・・・
日本酒をただ冷蔵庫で冷やしただけじゃねえかと・・・

昔はそうだったのかも知れませんが、今や酒造メーカーは色んな酒を出していて、冷やした方が美味い酒、燗した方が美味い酒等色々あります
単に日本酒を冷やしただけの代物とは違うんだけど、そう言う人達は何故か変なこだわりを持っていて、日本酒は冷やで飲むのが一番味が分かるんだよと言って譲りません・・・

冷酒用に造られた酒を燗したら美味しく無いだろうから、もうこれは日本酒と言う括りでは無くて、『冷酒』と言う種類の酒だと解釈しても良いと思うんだけどなぁ・・・
まぁ俺は通でも何でも無く、美味しいものを美味しく頂ければ良いので、そう言う固定観念に凝り固まった人は相手にしません

で、この『ひんやり冷酒』ですが、生貯蔵酒でクセの無い辛口でとても美味しかったです
今まで飲んだ冷酒で一番美味いかも

大きいパックで買った方が安いんだが、本来焼酎派なので、冷酒が好きとは言ってもそんなに飲む訳じゃ無いので、このくらいの瓶が一番ですね
300mlなので2合弱・・・
これだけ飲むんじゃ少ないけど、他にビールや焼酎も飲むので丁度良いサイズ
マジ美味いです お勧めです

2015年09月06日

ジンクス !!!

今日は『ジンクス !!!』を観ました〜



韓国から留学の目的で日本にやって来たジホは、大学で楓と雄介に出会って友人になる
楓は雄介のことを好きなのに素直になれないことを知ったジホは、二人に韓国式の恋愛成就方法を伝授することを決意する
笑顔の作り方、メールのやり取り、デートの誘い方、告白のシチュエーションなど、日本とは違った韓国ならではの恋愛指南に戸惑う楓と雄介
やがて、ジホの尽力のかいあって、二人はぎこちなくも着実に距離を近づけていく・・・

ヒョミンが主役なのでてっきり韓流映画だと思って観たら、普通に邦画でした
でもテイストは韓流映画のそれであり、韓流映画好きの俺には最高に楽しめました
今時の大学生のリアルなラブストーリーって感じで好感の持てるストーリーと、ジホの悲しい過去を交差させた作りは素晴らしく、一見の価値有りな映画でした

ヒョミンと清水くるみのWヒロインですが、とにかくヒョミンの可愛い事ったらありません
本っっ当に韓国女優は美人が多く、大好きな女優さんがいっぱい
ヒョミンは女優と言うよりT-ARAのメンバーとして歌手ってイメージの方が強いですが、韓国ドラマに何本か出てるし、映画もこれで主演が2本目ですし、笑顔の可愛さと、舌ったらずな日本語が最高で、今後も女優としての活動が楽しみです

ところでヒョミンは誰かに似てるなぁと思いながら観てたんだが、小保方晴子に似てるんだな
写真とかだとそうでも無いんだが、劇中ではナチュラルメイクのせいなのかそっくりです
T-ARAの時は結構キツいメイクだもんね

2_convert_20150830134712.jpeg

と言う事は小保方晴子も俺の中では美人枠なのか
当時STAP問題で連日TVに出ていたが、特に気にならなかったがなぁ・・・

そう言えば最近韓流映画って観てないなぁ・・・
大好きなチョン・ジヒョンやソン・イェジンの新作が出ないせいもあるが、話題作が少ない感じ・・・
また何か観てみようかな・・・
でも観だすと狂った様に韓流映画ばっかりになっちゃうんだよね

ソン・イェジンの最新作『殺人の疑惑』はもうレンタルしてんのかな
久しぶりにレンタル店に行って、一人韓流ブームに突入しようかな

2015年09月05日

レトルト彼氏 甘口

今回は『レトルト彼氏』の甘口を食べてみた



過去Log。

このシリーズのレトルトカレーがかなり美味いので気に入ってるのだが、結論から言うと甘口は大失敗であった

湯煎で温め、皿に盛ってビックリしたのはまず色である

3_2015082914384185e.jpg

何だこのカレー 真っ白だぞ
よくパッケージを見てみれば確かにホワイトカレーと書いてあるが、これじゃシチューだなぁ

色はともかく美味しけりゃ良いやと、温泉卵をトッピングして食したが、カレーのスパイシーさが全く無く、かと言ってシチューの様なクリーミーさがある訳でも無い・・・
まるで子供が小さい時に食べた『カレーの王子様』の様である
しかし『カレーの王子様』でももう少しカレーっぽい色をしてた様な気がするんだが・・・

ハッキリ言って美味しく無いので、味付けを変えてみる事にした
CoCo壱のカレー用スパイスと、カレー専用の醤油をかけてみたんだが、やはり元が悪いのか、美味しくは頂けなかった

2_20150829143840cbf.jpg

子供が小さい時だって、カレーを作る時はわざわざ子供用の甘口と、大人用の辛口を別鍋で作ってた程カレーの甘口は納得いかない派だったので、やはり辛いカレーが大好きな俺には口に合わない様だ・・・

カレーはやっぱり大汗かきながら、辛さにヒーヒー言って食うのが美味しいよね
現在は子供も辛口しか食わない様に洗脳したので、我家のカレーはニンニク・生姜たっぷりの超辛口となっております

2015年09月04日

でーれーガールズ

今日は『でーれーガールズ』を観ました〜



1980年、東京から岡山へ転校した鮎子は、標準語を話すことからクラスになじめず、「ものすごい」を意味する岡山弁「でーれー」を頻繁に使って溶け込もうとするものの空回り
憧れている大学生ヒデホと自分を主人公にした恋愛マンガを描いて心の支えにする彼女だが、それを同級生の武美に読まれてしまう
その続きを読みたがる武美と友情を育んでいくが、ある出来事が原因で仲たがいをしてしまう
それから30年後、漫画家となった鮎子は岡山を訪れるが・・・

原田マハの小説を実写化した思春期の少女と、その30年後の物語です
女性向けの映画かと思い、男性が観るにはキツいかなと思ったんだけど、自分と年代が丸かぶりなので、懐かしい風景や音楽と共に学生時代を思い出し、甘酸っぱくて、泣けて、笑えて、とても心に残る良い映画でした

大人時代の二人は元宝塚の人だそうですが、宝塚は俺の興味のはるか斜めうしろの方なので全く分かりません
でも確かに綺麗な人はいっぱいいるよね
宝塚を辞めてTVや映画に出る様になってから知った人はいっぱいいるが、壇れい、天海祐希、真琴つばさ等、好きな人がいっぱいです
でも、宝塚時代は全く知らない人でしたけどね
今作出演の二人も格好良い大人の女性って感じで、好きになりそうです

そして少女時代の二人は、足立梨花と優希美青ですが、始まってしばらく経つまで黒木華と貫地谷しほりだと思ってました
よく見れば違うのは分かるんだが、映画の中での喋り方や雰囲気が黒木華と貫地谷しほりにそっくりだったので気が付かなかった

舞台になっている岡山近辺では人気があった様ですが、関東では上映館も少なく知名度の低い映画ですが、とても良く出来た秀作だと思います

話題作は勿論観ますが、こう言った無名な作品もいっぱい観る様にしています
何故ならたまにこう言った素敵な作品に巡り会えるからなんですねぇ
まぁハズレを引く事の方が多いですけどね

2015年09月03日

どて煮

今日の酒のつまみは、東名高速道路美合PAで購入した『どて煮』です



愛知県岡崎市辺りの名産だそうで、なるほど八丁味噌仕立てです
ちょっとお高い卵入りを購入してみました

レンジで温めるだけでも良いそうですが、せっかくなので鍋に移してコトコトと温めた

2_20150829140721827.jpg

まぁこっちで言う所の『モツ煮込み」ですな
八丁味噌なのでかなり色がドギツイです
食べてみるとスープ自体は色に似合わず、そんなにしょっぱくも無く、逆に甘みがありとても美味い・・・

ところがモツを食べてみるとこちらも煮詰まった様なドギツイ色をしてるのに、味が染み込んでいないのでイマイチ美味く無い
不味い訳じゃ無いが、この色から想像すれば相当煮込んで柔らかくなった染み染みのモツを想像するので、味の染み込んでないモツは違和感がある

お土産品なので長時間煮込んでなんていられないだろうから、何らかの方法で無理矢理柔らかくして、染み込んだ様な色合いにしてるのでは無かろうか

スープは美味しいので、ちゃんと時間をかけて煮込めば相当美味しいモツになると思われるので残念である

自分でモツ煮込みを作る時は白味噌で作るのだが、今度八丁味噌で作ってみようかな・・・

今日は『讐 ~ADA~ 第二部 絶望篇』を観ました〜

2_20150828140542d7a.jpg

進学塾として名高い閃光塾に入ったものの、その異様な授業風景に恐れをなしてしまった市川美保
そんな彼女に田村遥が優しく声を掛け、手を差し伸べてくる
安らぎを感じる美保だったが、かねてから閃光塾に対して反抗的だった遥を模範塾生の渡辺夕子が敵視するようになり、ある事件が起きてしまう
それがきっかけで遥という親友を亡くした美保は、復讐代行業を営むサクラの協力を得て報復を開始
最終ターゲットである夕子に迫っていく・・・

第一部を観た時は殺人の動機が良く分からなかったのだが、第二部で全ての謎が解ける様になっています
ハンマーで撲殺と言うあんまりな殺され方をした少女達ですが、第二部では善悪が逆転し、これじゃ殺されてもしょうがねえじゃんとなります

第一部・第二部と連続してみて観たが、第一部の映像がちょいちょい挟まれているので、第二部だけを観てもストーリーは理解出来そうです

第一部よりグロさが増し、第一部で生き残った少女も改造銃で頭を吹っ飛ばされてあえなく絶命
聞いた事無いが仮にもアイドルなんだろ
頭吹っ飛ばしちゃって良いのかね

アイドル映画にしてはなかなか楽しく観れました
第二部のエンディングもやはりアイドルポップスで、そこがずっこけちゃう所だよなぁ・・・

今日は『讐 ~ADA~ 第一部 戦慄篇』を観ました〜



独自の教育法で高い評価を得る進学塾、閃光塾
そこに通う渡辺夕子は、成績優秀な模範塾生であることから塾の宣伝用ビデオの撮影に参加することに
ディレクターを務める高橋久未のもとで授業風景が撮影される中、塾生の一人である市川美保がサクラという女を連れて乱入し、講師やほかの生徒たちを次々と襲撃
そして、残された夕子、太田亜紀、坂梨智子にお互いを殺し合うように伝え、その様子の一部始終をディレクターの高橋に撮影するように迫る・・・

全く聞いた事もないアイドルグループ『アップアップガールズ(仮)』他、これまた聞いた事の無いアイドルグループの女の子達がいっぱい出てるアイドルホラーです
『アップアップガールズ(仮)』は(仮)までを含めて正式名称だそうです

二部構成のホラーなんて面白そうじゃんと思って観たのだが、アイドル映画だと分かってれば観なかったなぁ・・・
と言いたい所だが、これがなかなか面白かった

凶器のハンマーでガンガン殴り殺して行くのだが、これがまた痛そうでかなり怖い
刃物でブスッといくより、ハンマーで連打される方がかなり恐怖だなぁ・・・
韓国映画の『OLD BOY』を思い出しました

第一部では被害者と加害者の少女達の関係が良く分からないのだが、意味深なセリフがそこらに散りばめられているので、第二部で分かるでしょう

第一部ではタイトル通り、戦慄を感じるだけで良いのかもしれません・・・
謎解きは第二部でって訳で、明日は第二部を観る予定です

先日観た『王様ゲーム』の時も書いたが、ホラー映画のエンディング曲にアイドルポップスを流すのは興ざめするから止めようよ

プロフィール

mayu

Author:mayu
出身地  /江戸
血液型  /几帳面なA
趣味   /バイク・料理・映画
特技   /飲酒

御来場有難う御座います!

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新コメント
カテゴリ
リンク
過去Logを検索

月別アーカイブ