MayuLog。

我が家のニュース・Macな事・バイクの事等を気の向くままに書いて行くぞ! 気の向いた時にヌルッと更新!(^^ゞ

 

今日は『オープンウォーター サバイバル』を観ました〜



豪華クルーザーでフィッシングに出発した6人の若い男女は、輝く太陽と美しい海で開放的なバカンスを満喫していた
しかし突然クルーザーのエンジンが故障し、無線も通じないため救助を呼ぶことも出来ない状態になってしまう
やがて水と食糧が底を尽き、一刻一刻と迫る死に怯える6人の前に、一隻の古びた漁船が現れる
その船に助けを求める6人だったが、それは地獄の始まりだった・・・

完全にジャケットが『オープンウォーター』なので続編かと思ったら、B級映画にありがちなタイトルをパクった作品でした

原題は『ウォーターマン』なので海が関係無い訳ではないんだが、オープンウォーターだと思って観ると騙された感がいっぱいです

蟹が人肉を好むと言うので、餌として人間を捕まえてバラしちゃえ的な映画ですが、いくら人肉を餌にしたら蟹がいっぱい捕れるからって、蟹漁を仕事にしてる人達にはリスクがデカ過ぎだろ
そんなに簡単に人間を捕まえて来れるなら、最初から人身売買でもした方が儲かるだろ

捕まえた人間も警備がユルユルなので簡単に逃げ出しちゃってるし、通報されたら一巻の終わりじゃんと思いながら観てたら、捕まった方の人間も緊張感が無いのか、何度も犯人達のアジトへ行ったり来たりして、その度に一人、また一人と死んで行きます・・・
とっとと逃げろよ

てな訳でストーリーはグダグダなんだが、エロやグロの描写がなかなか良く、割と面白かったのが困った

原題のままでもそこそこ観れるんじゃないかな
ヘタにオープンウォーターのジャケやタイトルをパクったりするから、オープンウォーターと比較されて酷評されるんだよ

B級の域は出ませんが、エログロ好きにはお勧めかも

2015年01月30日

歌姫4 -My Eggs Benedict-

中森明菜の『歌姫4 -My Eggs Benedict-』を入手しました



カヴァーシリーズ『歌姫』の最新作
毎回異なる趣きの選曲が話題の『歌姫』シリーズですが、今作のコンセプトは “ザ・ラブソング"
70年代後半~2000年の名曲が選曲されており、原曲の素晴らしさに引けを取らない、強い歌心が響きわたる明菜ワールド全開のラブソング集です
優雅なサウンドアレンジが特徴的でこれぞ “歌姫明菜、復活"といえる作品になってます

01. スタンダード・ナンバー
02. 真夜中のドア ~stay with me
03. Lovers Again
04. 長い間
05. ハナミズキ
06. 愛のうた
07. fragile
08. 接吻
09. そして僕は途方に暮れる
10. やさしいキスをして
11. 雪の華

2015年01月29日

フライト・ゲーム

今日は『フライト・ゲーム』を観ました〜



ニューヨークより146人の乗客乗員が搭乗した、ロンドンへと向かう旅客機
その警備を任されている連邦保安官ビル・マークスのもとに、1億5,000万ドルを指定口座に入金しなければ20分おきに機内の人間を1人ずつ殺害するという異様な犯行予告メールが届く
限定されたネットワークからメールが送信されたことから同僚が犯人ではないかと思いつつ、犯人の特定に奔走するビル
そしてメールの内容通りに、機内で1人ずつ人が命を落とす
やがて、地上から犯人が指定した口座はビルのものであることが判明する・・・

最初から最後までハラハラドキドキの展開で、中だるみする事も無く最後まで楽しめました
ここ最近のフライト映画の中では最高の出来でしょう

20分毎におきる殺人、犯人は誰なのか、そして機内に爆弾がと、原題の『NON-STOP』通り、、正に息つく暇も無い程の展開が続きます
誰も彼もが犯人に思える様なミスリードに繋げていくストーリーは秀逸です

ただ観終わってから考えると、回収されていない伏線が多々あるし、犯人の動機や殺人の方法に疑問点が残る・・・
でも観ている間はハラハラドキドキなのでそんな事はどうでも良くなって来る
その辺がハッキリ説明されてればもっと面白かっただろうが、細かい事は気にせずにノンストップアクションを楽しむのがこの作品の正しい見方だろう
期待を上回るとても面白い映画でした

2015年01月28日

呪怨 -終わりの始まり-

今日は『呪怨 -終わりの始まり-』を観ました〜



小学校3年生の学級担任になった結衣は、不登校の生徒・佐伯俊雄の自宅に行ってから、理解不能な現象に悩まされていた
その家ではかつて凄惨な出来事が起きており、関わった者全員が亡くなるという呪われた場所だった
結衣は吸い寄せられるように、再び佐伯家に向かい・・・

Jホラー最恐シリーズと言われる『呪怨』シリーズだが、さすがにダレて来たなぁ・・・
ストーリーも代わり映え無く、役者を変えて同じ事をやってるだけであり、展開が読めてしまうので怖く無いんだよねぇ・・・
来るなと思う所で来るので、怖いと言うよりビックリするだけである・・・
時系列もメチャクチャなので、初めて観る人は混乱するんじゃないかな
白塗りも今観るとコントの様だしなぁ・・・

一番恐ろしいのは、出演者が全員大根だと言う事じゃねえのか

今日は『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』を観ました〜



スコットランドの街から男たちが次々と行方不明になる事態が発生し、彼らは姿を消す直前、一人の女と会話をしていた
自らの美貌と妖艶さを前面に押し出し獲物となる男たちを誘惑する女の正体は、人間ではなく地球外生命体だった
慈悲のかけらもない冷酷な女だったが、顔に障害のある男性と知り合ったことで、人間らしい感情を抱き始め・・・

全編を通してほとんど台詞の無い実験的な映画ですが、スカーレット・ヨハンソン初のフルヌードと言うだけで観る価値有りの映画です

状況説明や台詞がほとんど無い為、映像を観て自分なりに理解していくしかない訳で、単純に観て楽しむと言う映画では無いので評価は割れそうだよね

美女に捕食されて皮だけにされてしまう犠牲者達だが、何で皮だけ残すんだろ
骨まで綺麗に食べてんだから皮も残さず食べなきゃあかんやないの
好き嫌いしたらあきまへんで〜

相変わらずの美人っぷりなスカーレット・ヨハンソンだが、『アべンジャーズ』や『ルーシー』の時みたいな強い女性の役の方がハマるよね

2015年01月26日

フレディVSジェイソン

今日は『フレディVSジェイソン』を観ました〜



フレディが人々の夢に侵入し殺戮を繰り返した惨劇からすでに10年
現在、エルム街にあるフレディの古い屋敷に住む家族は、フレディの復活を怖れて夢を見ないよう細心の注意をしていた
もう若者たちの中にフレディの存在を知る者はほとんどいなかった・・・
こんな状況はフレディにとってとても耐えられるものではない
そんな時、フレディはもう一人の殺人鬼ジェイソンの存在を知る
彼を利用することで再び地獄から這い出てエルム街に恐怖をもたらすことができると思いついたフレディは、さっそくジェイソンの夢に忍び込むのだったが・・・

現実の世界の住人であるジェイソンと、悪夢の中に住むフレディをどうやって戦わせるのかと思ったが、なかなか良く出来たストーリーで辻褄があっていて良かった

どっちも殺人鬼な訳で、どっちが勝ってもどうでも良い様な気がするが、なぜかジェイソンを応援したくなる様な雰囲気に仕上がっている
もう古い映画なのでCGもチャチだし、R指定にする程グロくも無いんだが、それでも引き込まれてしまうのはアメリカを代表する二大殺人鬼の競演だからか

この手の映画では必ず死亡フラグが立つんだが、だいたい観てると殺される順番が分かるよね
だいたい一発目にカップルが殺されて、順次目立たない順にって感じか・・・

始まってすぐ、まだ誰が主役なのか分からないうちから輝いていた女優さんがいて、この人は殺されないで欲しいなぁと思ったら、実はこの人がヒロインで最後まで生き延びます

名前も知らなかった女優さんなのに、出て来た途端に目を引くってのはやはりオーラがあるのかねぇ・・・
存在感もあるんだが、とにかく顔が超〜〜好み
俺の中の『世界可愛い女優ランキング』に変動がありそうな予感・・・

ちなみにこの人です

2_convert_20141001164604.jpg

モニカ・キーナと言う女優さんで、現在35歳・・・
この映画に出てた頃は24歳くらいなのかな
写真だと分からないかも知れないけれど、映画に出てる彼女は凄く可愛らしくて、守ってあげたい女性って感じです
でもラストでフレディの首をはね飛ばしちゃうんだけどね

最近だと『アポカリプス・ナウ』に出てた様なんだが、去年観た筈なんだが気が付かなかったなぁ・・・
もう一回観てみようかな

2015年01月25日

ケース39

今日は『ケース39』を観ました〜

1_convert_20141003152047.jpeg

ソーシャルワーカーの女性が、親から虐待を受けていた少女を迎え入れたことを機に不可解な死亡事件の数々に遭遇していくさまと、その真相を描いたホラー・サスペンス

ラストがちょっことホラーなだけで全体的にはサスペンス映画かなぁ・・・
児童虐待的なストーリーから一転、悪魔的なストーリーになって行くのは良く出来ている
ラストで結構あっさりと悪魔に勝ってしまうのがちょっとって感じだが、まぁスッキリしてそれも有りか

世界中で上映許可が下りず、日本も劇場未公開な作品ですが、それほどの内容とも思えないけどなぁ・・・
外国だと、この映画を観て里親の希望者が減るかもって懸念があったのかも知れないが、里親制度って〜のが日本では浸透してないので、日本人が観てもただのサスペンスでしかないでしょ

もちょっと悪魔の描写を多くしてくれるともっと面白かったかも知れない

2015年01月24日

リアエンブレム

注文しておいたリアエンブレムが届いたので早速交換



前回のグリルエンブレムから随分間が開いてしまったなぁ・・・

過去Log。

前がINFINITIで後ろがNISSANなんて非常に格好悪いのだが、まぁ色々と事情があるのですよ
主に金銭面だけどな

そんな訳で作業開始
まずはリアエンブレムをドライヤーで暖め、両面テープを柔らかくする

1_20150120144541d61.jpg

この日の為に買っておいた、エンブレムを剥がす為のキットを使用しました

1_convert_20150120145553.jpeg

ドライヤーで暖めている間、キットの糸を薬剤に漬込んでおく

1_20150120150049a30.jpg

エンブレムの接着面に糸を入れてギコギコと上下させたら簡単にエンブレムは取れたんだが、位置決め用のピンまで切り取っちゃってるぞ
全然力なんて入れてないし、ピンに引っかかった感触すら無いのにピン毎切り落としてしまうとは・・・
これちょっと気を付けて使わないとボディーに傷を入れちゃうかも知れないなぁ
顔はやめなボディーにしな・・・みたいな

2_20150120150050133.jpg

さて問題はここからである
過去にも何度もエンブレムを剥がした事があるが、この残った両面テープを剥がすのが一番大変なんだよな
経験のある人は分かるだろうが、親指でゴシゴシこすってると、指先の爪と肉の間が剥がれて来てしばらく痛い目に合う・・・
キットに入っている薬剤をかけてヘラでこそぎ落とす様に書いてあるが、そんな事したら絶対ボディーに傷が入りそうなので、今回はパーツクリーナーやコンパウンド等を駆使して剥がした

1_20150120151326570.jpg

試しにキットの薬剤を塗ってみたが、ほとんど役に立たなかった・・・

1_20150120151612411.jpg

30分程で綺麗になった

1_20150120152135387.jpg

INFINITIエンブレムを仮付け

1_20150120152433300.jpg

さて次は『FUGA』と『350GT』である
エンブレムがINFINITIである以上、どっちも剥がさざるをえない・・・
INFINITIであるなら車名はM35になるので、『FUGA』はおかしいのである
エンブレム同様にギコギコした後、パーツクリーナー等でひたすら剥がす

1_201501201530299dc.jpg

『350GT』も同様

2_20150120153031962.jpg

メーカーも車名も不詳のエンブレムレスカー

1_20150120153422060.jpg

パーツクリーナーやコンパウンド等色々な薬剤を使ったので、丁寧に脱脂してワックスがけし、INFINITIエンブレムを貼付けて終了〜

1_20150120154102314.jpg

後は『M35』とリアフィニッシャーを交換すれば、なんちゃってINFINITIの完成だが、『M35』は最初から貼る気は無いので、リアフィニッシャーだけだな
リアフィニッシャーの交換はナンバーを外さないといけないので面倒だから保留
お金の問題もあるしな

お金が出来て、交換後にナンバーの再封印に陸運局まで行ってられるくらい暇が出来たら交換したいと思います

今日は『エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる』を観ました〜



マドリードに住むフリオは、ついに出会えた理想の女性と一夜を過ごした翌朝、空を埋め尽くすUFOの大群を目撃して衝撃を受ける
すでに地球は宇宙人たちに侵略されており、町中の人間が逃げ去った後だった
今ここに残っているのは自分たちを含めて四人
地球最後の日になるかもしれない一日、奇妙な関係で結ばれた四人による、もう一つの戦いが始まろうとしていた・・・

いやあ久しぶりに最低な駄作を観てしまった
美女と一夜を共にして、朝目覚めたら上空にはUFOがいっぱい浮かんでて、近所の人は皆避難済み
残された男3人と女1人の三角だったり四角だったりする恋愛模様を描いた、SFなんだか恋愛映画なんだか訳の分からない作品です

街の人間が全員避難する程の大騒ぎに気付かないのはおかしいし、何故その後すぐ避難しないのか
その状況で恋愛感情がどうとか言ってる場合じゃないし、UFOはただ浮かんでるだけで何もしないし、ラストも意味不明だし、何を考えて作った映画なのか全く理解出来ず・・・

SFかと思って観たのに、とんだ無駄な時間を使ってしまったよ
ラストもグダグダだし、ここ数年に観た映画の中では間違いなくワースト1です

2015年01月22日

セブンカフェ

セブンイレブンのドリップコーヒーが美味いらしいと聞いてはいたのだが、普段からほとんどコンビニには行かないので今まで飲んだ事が無かった

で、本日はちょっと出かける用があり、またお金を細かくしとく必要が合ったのでセブンイレブンに寄って初セブンカフェを体験しました

今更感がありますが、どうやって買うのか分からないのでレジが空いた時を見計らって店員さんに聞いてみた

買ってみれば聞く程の事じゃ無かったと思ったが、何せ初体験なもんで・・・

飲んでみた感想としては、そんな驚く程美味い訳じゃ無いが、これで100円ならコスパは最高だなって感じ

1_2015012116494166b.jpg

砂糖やミルクは好きなだけ入れられるので好みの味に出来るし、細かい事だがカップの蓋に開け閉め出来る仕組みが合ったのが感動した
カップのコーヒーなんて車の中じゃ飲みにくいかなと思ったんだが、その蓋のちょっとした工夫のおかげで何の問題も無く飲めた
これなら缶コーヒーより良いんじゃ無いの
凄い売れ行きらしいが、逆に缶コーヒーの売り上げが落ちるんじゃないかと余計な心配を・・・

この味で、この値段で、しかも何処にでもあるコンビニで売ってたら、街の喫茶店なんて全部潰れちゃうんじゃ無いか
コンビニ恐るべし・・・

2015年01月21日

シャッターキー

マグザム君のシャッターキーがマスターキー1本しか無いので不安を感じていたのだが、シャッターキーのコピーを作成するキットが売ってたので買ってみた



過去にスペアキーは何本も作ってあるので、シャッターキーの部分だけあれば良いんだけどなぁと思っていたら、正にうってつけのキットを見つけた訳である

過去Log。

さて早速作ってみよう
この右の部分がシャッターを閉める鍵になっているのだが、丸に上下の出っ張りがある形のキーで、しかも中に磁石が仕込んであるので形だけ合っても開かない・・・

1_20150120135546798.jpg

まずキットに入っている磁石をシャッターキーの部分にくっつけて、磁石がどこにあるか探す

2_20150120135547ec1.jpg

3カ所に磁石がくっつき、ちゃんと極性もあるのでこの位置でこの向きにしかくっつかない事を確認しました

コピー用のキーの裏側に磁石を挿入するのだが、まぁ磁石が小さくて細かい作業だったので写真を撮り忘れた

肝心なのはコピー用キーの裏側に磁石を入れる際、磁石の向きを逆さにする・・・
要するに、鍵穴に入れた時に磁石が反発し合う様に入れるって事
これを間違えると開かなくなっちゃうので、慎重にやらねばならん・・・
しかも磁石本体を接着剤で固定してしまうので、間違ったらやり直しはききません
磁石の頭までスッポリ隠れてしまう形で接着してしまうので、間違ったからもう一回抜き出してと言う事が出来ません
一発勝負なので慎重にやらなければなりませんが、ここでA型の几帳面さを発揮し、何度も確認した上で接着しました

磁石を入れて接着した面に、上からシールを貼ってカバー
ちゅ〜か、こんなシールだけでは不安なので、やはり磁石はガッツリと接着しなければいけません

2_20150120135738c91.jpg

間違って接着した時の事を考えて、接着剤を少なめにしようかとも思ったんだけど、裏からシールを貼ってるだけじゃよっぽどしっかり接着しとかないといけない訳で、そうなるとやはり失敗は許されない訳で・・・

そして無事出来上がり、試しに鍵穴に挿入してみたが勿論無事に開閉出来ました

1_20150120135736791.jpg

YAMAHAに純正部品として注文すると6千円とかするらしくて、あまりの値段に躊躇していたんだが、このキットは1500円で購入したのでずいぶんと安く出来ました
息子にマスターキーを持たせるのは危ないので、こっちを持たせとこう

今日は『わたしのハワイの歩きかた』を観ました〜



恋も仕事も普通の雑誌編集者の小山田みのりは、ハワイで挙式をする友人の願いで2次会の準備をすることに
ハワイ特集の取材を口実に、さっそうとハワイに乗り込む
ハワイで金持ちとの結婚を夢見る吉村茜と出会い、茜に連れられて夜な夜なパーティーに顔を出すみのり
さらには実業家の鎌田勉や大富豪の息子・阿部知哉と出会い・・・

タイトルから想像して、ハワイの観光名所を織り交ぜたラブストーリーかなと思ってたんだが、たいした観光案内も無く、ストーリーは雑だし、そもそもヒロインがビッチ過ぎて感情移入出来ないので観ていてイライラした
仕事で言った筈のハワイで羽目を外しまくり、日本では不倫、ハワイに着いてすぐに彼氏が出来たり、途中で仕事も投げ出しちゃってるしと我がまま過ぎだろ

原作がそう言うストーリーなのだろうから、それを忠実に表現している榮倉奈々は見事だし、その他のキャスティングも文句は無い
ただ原作が駄目なだけで、俳優陣の無駄使いと言う感想しか持てない勿体無い映画です

今日は『万能鑑定士Q モナ・リザの瞳』を観ました〜



名画モナ・リザの40年ぶりとなる再来日が決定し、万能鑑定士Qの凛田莉子が臨時学芸員に抜てきされる
莉子は、彼女の密着取材を続行中の雑誌記者小笠原悠斗と共にパリへと赴き、ルーヴル美術館で実施された採用テストに無事パスする
莉子は同様にテストに受かった美沙と一緒に特別講義に出席するが・・・

モナ・リザがメインなので『ダ・ヴィンチ・コード』みたいな小難しい映画なんだと思ってたが、とりあえず綾瀬はるか主演なので観てみたが、予想を裏切り単純明快なストーリーで、最後まで楽しく観れました

しかし万能鑑定士と言う職業に綾瀬はるかはミスキャストだろう・・・
どんな物でも真贋を判定する能力を持ってるのに、綾瀬はるかの天然っぷりとあの喋り方じゃ全然イメージに合わないよ
可愛いから良いけどさ〜

本格ミステリーって言うふれこみなのに、綾瀬はるかのせいでほんわかした映画になっちゃってるなぁ・・・
可愛いから良いけどさ〜

今日は『るろうに剣心 伝説の最期編』を観ました〜

1_convert_20150115143318.jpg

薫を追って海に飛び込み、漂流し流れ着いたところを剣術の師匠である比古清十郎に助けられた緋村剣心
その後剣心は、山中で居を構え陶器作りに励む師匠に対し、飛天御剣流の奥義を教えてほしいと懇願する
一方、甲鉄艦・煉獄に搭載した大砲で一つの村を襲撃した志々雄真実は、政府に対して剣心を指名手配し、捕らえて処刑するように求める・・・

『京都大火編』との2部連続公開となったシリーズ完結編である
前作よりも更にパワーアップした殺陣のシーンは凄い迫力で見応え十分であり、ストーリーも簡潔で分かりやすく、とても素晴らしい作品に仕上がっている
ラストの全員揃ってのチャンバラは迫力だったが、志々雄真実一人に全員がかりって〜のがちょっと納得いかないかな・・・
主人公が一人で勝った訳ではないのでイマイチスッキリしない部分が残った
まぁそれだけの強敵だったと言う訳だが、それでもやはり最後は主人公対悪役の一騎打ちってのが望ましかったね

ところで俺は原作を読んでいないのだが、剣心の持つ逆刃刀って何なんだろう
人を斬りすぎた為に、もう人は斬らないと言う誓いの元に持っている刀の様だが、なら模造刀とかで良いんじゃないの
わざわざ峰に刃を付ける意味が分からないんだよなぁ・・・
原作を読めば分かるのかなぁ
読んでない人の為にその辺の事情を説明してくれる様なシーンがあれば良かったのだが

しかも刃が付いていないとはいえ相手の頭とかを思いっきりぶん殴ってるが、あんなもんで殴られたら死んじゃうんじゃねえか
斬らなきゃ死んでもOKなのか

まぁそんな粗探しをしてもしょうが無いね
『京都大火編』『伝説の最後編』共に2時間を超える長目の映画ですが、全く退屈する事なく最後まで観れるなかなかの傑作です

今日は『るろうに剣心 京都大火編』を観ました〜



かつて人斬り抜刀斎と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣心
刀を置き、平穏な生活を送る剣心は、ある日、剣心から影の人斬り役を引き継いだ志々雄真実が京都でその名をとどろかせていることを知る
政府が派遣した討伐隊は志々雄を前に成すすべがなく、最後の望みとして剣心に白羽の矢が立つ
志々雄の野心を阻止すべく、剣心は京都へ向かう・・・

ストーリーが単純明快なので気負う事無く楽しめる映画です
殺陣のシーンも迫力があって良かったし、役者さんも上手い人揃いなので139分と言う長尺にも飽きが来ません

暗いシーンが多くてなんだか良く分からない箇所があったのと、藤原竜也が相変わらず藤原竜也なのが気になる所か・・・

演技は上手いんだけど、何の役をやっても笑い方とか喋り方が藤原竜也なんだよねぇ・・・
特徴がありすぎるんだな
それで演技が下手だったら目も当てられないが、そんな事も無いので安心して観てられますけどね

『伝説の最後編』との連続作品なので、続けて観ないとな

2015年01月16日

卵黄 醤油漬け

2ちゃんねるやTwitterでやたらと話題になってるので、『卵黄の醤油漬け』を作ってみた
タッパーに醤油3、味醂1くらいの割合で漬込み液を作り卵黄を入れるだけと言う、料理と言えるレベルのものじゃないがこれが美味かった

漬込んで24時間経過した所だが、卵黄に醤油がしみ込んでいってるのが分かる・・・
浸透圧の関係で黄身の水分が抜け、醤油が入り込むって寸法だね
この時点で1個試食したが、半熟卵の黄身の様にトロ〜っとして美味し



漬込んで48時間経過すると、外側は固くなり箸で持ち上げられる程になった

2_20150115101009e98.jpg

食べたら新しい卵黄を足せば、永遠に食い続けられるぞ

1_20150115101007a57.jpg

48時間物をTKGにして食す

2_20150115100803118.jpg

濃厚な黄身の旨味が素晴らしい
好みの問題だが、TKGには48時間物は固すぎる感じだ・・・

1_201501151008012c1.jpg

TKGには数時間〜一晩、そのままツマミとして食べるなら2日以上置いた方が良い感じかな・・・
まぁそこはお好みで
漬込み液ももうちょっと味醂が多い方が俺好みかも知れんので、ちょっと味醂を足して再挑戦してみよう

そのまま焼酎のツマミにしても良いし、おにぎりの具や冷奴に乗せても美味いかも知んない
しかし痛風一直線の食べ物なので加減しないとなぁ・・・
美味い物食って早死にするなら悔いも無いけどな

白身をどうするかが一番の問題かも知れん・・・

2015年01月15日

透明な色

乃木坂46の『透明な色』を入手しました



乃木坂46の初のオリジナルアルバムで、インストゥルメンタルの「OVERTURE」に続き、これまでに発表したシングルのタイトル曲を、デビュー曲の「ぐるぐるカーテン」からリリース順に10曲が並び、そこに新曲4曲を加えたもので、オリジナルアルバムとはいえ、ベストアルバムのような内容になってます

Disc 1
01.OVERTURE
02.ぐるぐるカーテン
03.おいでシャンプー
04.走れ!Bicycle
05.制服のマネキン
06.君の名は希望
07.ガールズルール
08.バレッタ
09.気づいたら片想い
10.夏のFree&Easy
11.何度目の青空か?
12.誰かは味方
13.革命の馬
14.僕がいる場所
15.あなたのために弾きたい

Disc 2
01.他の星から
02.私のために 誰かのために
03.せっかちなかたつむり
04.涙がまだ悲しみだった頃
05.無口なライオン
06.世界で一番 孤独なLover
07.あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
08.13日の金曜日
09.失いたくないから
10.ダンケシェーン
11.傾斜する
12.なぞの落書き
13.自由の彼方
14.ひとりよがり

2015年01月14日

折れた矢

今日は『折れた矢』を観ました〜



大学で教壇に立つキム・ギョンホ教授は、大学入試試験に出題された問題の間違いを指摘したせいでクビになってしまう
職場復帰を求めた裁判にも負け、控訴審も棄却されて頭に血が上った彼は担当裁判長をボウガンで脅迫するという暴挙に出る
その後この騒動に関して、キム教授は罪に問われることになり・・・

2007年に実際に起こった、金明浩(キム・ミョンホ)という元・成均館大教授が起こした、いわゆる『ボーガンテロ事件』を元にした映画です
キム教授が不当に解雇された大学に対し訴訟を起こしますが、敗訴してしまいます
怒ったキム教授は裁判長の自宅にボウガンを持って押し掛け裁判長を問いつめますが、その際に誤ってボウガンが発射されてしまい、裁判長に命中・・・
キム教授は逮捕となっていますが、実際にはボウガンの矢は当たっておらず、裁判長が自分で自分を傷つけてキム教授を陥れようとし、司法もその供述を鵜呑みにしキム教授に有罪判決を言い渡します

映画でも描かれている様に不自然な証言や、物的証拠の矛盾点等が多々有り、4年の実刑判決を受け服役・出所した現在も司法と争っているそうです

韓国の腐った司法と対決する主人公が観ていてスカッとさせてくれる見応えのある映画でした

2015年01月13日

LAST TEENAGE APPEARANCE

尾崎豊の『LAST TEENAGE APPEARANCE』を入手しました



「LAST TEENAGE APPEARANCE TOUR」の中から、1985年11月14日、15日の2日間に渡って行われ、このツアー最大の約3万人を動員した代々木オリンピックプール第一体育館での公演を収録しているDVD
今まではVHSでしか発売されてなかったのでDVDで綺麗な映像が観れるのは嬉しい

でもビデオの時も思ったけど、この作品は編集がヘタである
せっかくのライブ映像なのにPVの様なカットや、尾崎の語りとかが入り込んでるのは何か違うだろ
それはそれで違うDVDで観るので、ライブはライブの感動を再現して欲しかった・・・
DVD化にあたってもっと曲数を増やすとかも出来ただろうに、尾崎で金儲けをしているやつらが何も考えずに作ってるんだろうなぁ


01. 卒業
02. Driving All Night
03. 街の風景
04. Teenage Blue
05. 坂の下に見えたあの街に
06. 存在
07. ハイスクール Rock’n’Roll
08. Scrambling Rock’n’Roll
09. 十七歳の地図
10. 路上のルール
11. 15の夜
12. Freeze Moon
13. I LOVE YOU

2015年01月12日

薔薇色のブー子

今日は『薔薇色のブー子』を観ました〜



常に文句を言っているためブー子というあだ名で呼ばれる大学生の幸子は、少女漫画のような出会いが訪れてほしいという願望を抱いていた
しかし憧れのキャンパスライフとはほど遠く、一人で少女漫画を読む日々・・・
そんなある日、自称ジョニー・デップ似のスパロウさんとツイッターで知り合いになった幸子は自分を変えるべく一念発起するが、さまざまな災難が彼女に降り掛かる

何たって指原莉乃が主演ですからねぇ・・・
全く期待しないで観た訳ですが、これが意外に面白かった
ありえないドタバタが続くコメディなんだが、出演者がみんな味のある役者さんでとても良かった

指原一人が棒演技なのと、ちょこちょこ出てくる芸人達がストーリー上全く必要性が無いのが残念
セーラー服で機関銃をぶっ放し『快感』って言うシーンとかも、若い人には解んねえんじゃねえの

映画と言うより、長いコントを観ている様な感じなので、何も考えずにダラッと観ればそこそこ笑えますが、映画館で観たら後悔するだろうなぁ・・・

2015年01月11日

OLD BOY

今日は『OLD BOY』を観ました〜



1993年、広告代理店重役のジョー・ドーセットは泥酔して街をさまよっているところを何者かに拉致され、気が付くと見知らぬ一室に監禁されていた
理由もわからぬまま、気が狂うような生活が20年も続いたある日、彼は突然解放される
監禁中に妻殺しの汚名を着せられたジョーは、自分を陥れた者を突き止め、復讐を果たすべく動きだす・・・

2003年に日本の漫画を原作として制作された韓国映画のハリウッドリメイクですが、韓国版を観ている人には物足りないんじゃないかなぁ・・・
アジア映画特有のジメッとした感じが無く、グロい描写も減ってあっさり風味に

過去Log。

設定がちょっと違っていたのでそれなりに楽しめたが、やはり韓国版が強烈過ぎてなぁ・・・

韓国版では監禁年数は15年だったのだが、今回は20年に伸びてます
それはストーリー上問題は無いのだが、主人公が監禁された時の年齢はどう見ても30歳後半以上であり、そうなると解放された時には60歳位になってる筈なんだが、筋肉ムキムキでとてもじゃないがそんな年齢には見えず違和感ありまくりだったのが残念だな

ちょっと物足りないので韓国版を観返してみたくなった・・・
後で観ようっと

今日は『学校の怪談 呪いの言霊』を観ました〜



ある日、詩織は昭和63年発行の10円玉4枚が小刻みに揺れる不思議な物音で目を覚ます
母の日記を読み返した彼女は、その日が母親の同級生たちがガス事故で亡くなった命日だったと知り、母の母校を訪ねることにする
片や高校に通う彩乃、未夢、友梨、芽生らは過去のガス事故についてうわさ話をしていたが・・・

3つの時間軸が交差しながら進むストーリーはちょっと分かりづらいが、恐怖をあおる演出は凄く良く出来ていてマジで怖かった
主演に東京女子流と言うマイナーアイドルを起用しているのだが、同じ様な顔で同じ様な髪型の5人は正直見分けがつかず、途中で誰が誰やら分からなくなってしまう箇所が多々あったのが残念だ
もう少しキャラ立ちさせないといかんなぁ・・・
全員黒髪ロングで、ファンじゃなきゃ見分けがつかねえぞ

過去作の『学校の怪談』とはだいぶ違うテイストになっているが、アイドルを起用したホラーとしては及第点か
今時のアイドルは皆同じ様な顔をしてるので、おじさんでも分かる様に髪型とかで変化をつけてくれるともっと良かったのだが・・・

May J.の『May J. W BEST -Original & Covers-』を入手しました

1_convert_20150107175942.jpg

昨日のE-girlsと同じく2015年1月1日に、May J.がデビューから今までにリリースしてきた名曲のなかから選りすぐりの楽曲を、オリジナルとカヴァーそれぞれでまとめた2枚組ベストアルバムとして発表

ディスク1枚目のオリジナル・ベストには日本中を席捲したディズニー映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌「Let It Go ~ありのままで~ (エンドソング)」が収録、
ディスク2枚目のカヴァー・ベストには、May J.の名を世に広めるきっかけとなった「Garden」や、テレビ番組での歌唱で大きな話題となった「ハナミズキ」「涙そうそう」「First Love」等が収録されています

Disc 1
01. So Beautiful (CD初収録)
02. Sunshine Baby!
03. 本当の恋
04. レット・イット・ゴー ~ありのままで~ (エンドソング)
05. Lovin’ you
06. TSUBASA
07. RAINBOW
08. Shiny Sky
09. ONE MORE KISS
10. Beautiful Days
11. Be mine ~君が好きだよ~
12. 旅立つ君に
13. Dear...
14. HERE WE GO feat.VERBAL(m-flo)
15. ありがとう -2015 ver.- (新録)
16. My Sweet Dreams (CD初収録)

Disc 2
01. 366日 (CD初収録)
02. ハナミズキ
03. キラキラ
04. LIFE
05. 風になりたい feat.CHRIS & BUZZER BEATS
06. Garden feat.DJ KAORI,Diggy-MO’,クレンチ&ブリスタ
07. A Whole New World with クリス・ハート
08. 涙そうそう
09. 生きてこそ
10. Precious
11. 手紙 ~拝啓 十五の君へ~
12. 元気を出して
13. First Love
14. 永遠に
15. I DREAMED A DREAM
16. Believe

2015年01月08日

E.G. TIME

E-girlsの『E.G. TIME』を入手しました

1_convert_20150107150637.jpg

2015年1月1日にリリースされたニューアルバム
アニメ「ちびまる子ちゃん」のオープニングテーマ「おどるポンポコリン」、
アニメ「GTO」の主題歌「Highschool♡love」といったタイアップソングや、
新曲「Mr.Snowman」、「ごめんなさいのKissing You」「Follow Me」という代表曲のアルバムバージョンなど全15曲を収録

01. -Introduction-
02. E.G. Anthem -WE ARE VENUS-
03. Mr.Snowman
04. Music Flyer
05. Move It! -Dream & E-girls TIME-
06. ロックンロール・ウィドウ
07. Highschool♡love
08. おどるポンポコリン
09. 自由の女神 ~ユーヴライア~
10. うれしい!たのしい!大好き!
11. Again
12. ショコラ
13. ごめんなさいのKissing You (E.G. TIME version)
14. Follow Me (E.G. TIME version)
15. 希望の光 ~奇跡を信じて~ (Dream & E-girls version)

2015年01月07日

そこのみにて光輝く

今日は『そこのみにて光輝く』を観ました〜



仕事を辞めて何もせずに生活していた達夫は、パチンコ屋で気が荒いもののフレンドリーな青年、拓児と出会う
拓児の住むバラックには、寝たきりの父親、かいがいしく世話をする母親、そして姉の千夏がいた
達夫と千夏は互いに思い合うようになり、ついに二人は結ばれる
ところがある日、達夫は千夏の衝撃的な事実を知り・・・

重く暗いテーマで、観ているとちょっと鬱な気分になります
社会の底辺で暮らす人間のラブストーリーはリアルであり、共感出来る点が多々ありますが、主人公と周りの人間の繫がりがなんだか不自然だな

それはともかくとして、池脇千鶴は美しい
あの美貌と、程よく崩れた体とのバランスが最高です
正直、池脇千鶴を観る為だけに観た映画です

何とも昭和の香りのする名前だなぁと思ってたら、本名なんだね
もうちょっと良い感じの芸名にすれば良いのにねぇ・・・
名前だけ聞くと年配の女優さんって感じがするんだが俺だけですか

2015年01月06日

悪夢ちゃん The 夢ovie

今日は『悪夢ちゃん The 夢ovie』を観ました〜



ある日、彩未が担任する明恵小学校6年2組に渋井完司という謎めいた少年が転校してくる
結衣子は夢の中で恋に落ちた“少年夢王子”とうり二つの彼に胸をときめかせる
やがて完司はクラスの中心人物となり、彼を慕う子どもたちの行動がある事件に発展する・・・

全体的に子供向けの作品だな〜と言う感じで、正直退屈でした
ストーリーと言い、予知夢と言う設定と言い、小学生なら楽しんで観れるかも知れないですが、いい歳のオッサンにはちょっと・・・

ヒロインの少女の滑舌が悪くて何を言ってるのか分からない箇所が多々あったのと、子役が多数出て来ますのでやはり演技的には難が有り、芦田愛菜ってやっぱり凄えんだなぁと鑑賞中に違う事を考えながら観てました

エンディングはももクロの曲なんだが、映画の中には全く出て来ません
ちょっとくらい出してやれば良いのに

今日は『百瀬、こっちを向いて。』を観ました〜



高校入学以降、パッとしない毎日を過ごしている相原ノボル・・・
ある日、何かと懇意にしてもらっている先輩の宮崎瞬に呼び出され、自分の隣のクラスの生徒である百瀬陽を紹介された上に奇妙な提案をされる
それは瞬が校内で抜群の人気を誇る神林徹子という恋人がいるにもかかわらず百瀬とも付き合っているといううわさを払拭するため、彼女とノボルが期間限定で恋人同士を装うというものだった・・・

百瀬の切ない心情と、ノボルの奥手過ぎて感情を表に出せない所が甘酸っぱ過ぎて、今時の子供には理解出来ないのでは無いかと思ったんだが、昭和世代の俺には胸キュンです
若かったあの頃に戻りてええ〜〜

ラストの百瀬には、こっちを向いて欲しかった・・・
再会した神林先輩の明かした秘密に女の怖さが

2015年01月04日

大統領の執事の涙

今日は『大統領の執事の涙』を観ました〜



綿花畑で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ
ホテルのボーイとなって懸命に働き、ホワイトハウスの執事へと抜てきされる
アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、フォードなど、歴代の大統領に仕えながら、キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争といったアメリカの国家的大局を目の当たりにしてきたセシル
その一方で、白人の従者である父親を恥じる長男との衝突をはじめ、彼とその家族もさまざまな荒波にもまれる・・・

奴隷から大統領執事となり、7人の大統領に仕えた、実在したホワイトハウスの黒人執事の人生をモデルにしたヒューマンドラマです

セシルの出世ストーリーに加え、時代背景は南部で黒人が奴隷扱いされていた時代、公民権運動を挟んで息子と対立する親子、更にはキング牧師やマルコムXまで出てくる濃密な物語・・・

ほんのちょっと前迄は黒人と言うだけで言われなき差別を受け、命さえも簡単に奪われてしまったアメリカと言う国において、現在は黒人が大統領である訳で、いかにアメリカが自由で平等な国なのかと言う事を伝えています

どこの国にも人種差別はありますが、それを覆したアメリカ、そしてそれを執事と言う観点から観ているのがとても面白い映画でした

人種差別において割と日本人は馴染みが薄いと思いますが、そんな平和ボケの俺が観てもギョッとするシーンが多々あり、オバマ大統領も涙したと言うのには納得の作品でした

今日は『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』を観ました〜



大阪の団地で祖父母と両親、そして三つ子の姉たちと暮らす小学3年生の渦原琴子、通称こっこは、大家族の温かな愛情に包まれながらいつも不満だらけで、孤独に憧れていた
家と学校という限定された世界の中でいろいろなことに悩み、考えるこっこは、祖父・石太が教えてくれたイマジンという言葉を胸に少しずつ成長していく・・・

ストーリー的にはなんら盛り上がりの無いほのぼの系であるが、昭和を感じさせる懐かしさがある・・・
それにしてもこんな日常的なストーリーで映画を一本作ってしまうって〜のはどうなのかね
もうちょっと山場みたいなのが欲しかった所ではある

それにしても芦田愛菜の演技力の高さは異常である
とても10歳には思えないよなぁ・・・
俺が10歳の頃なんて、青っ鼻たらしながら缶けりとかしてた記憶しか無いぞ

俺が思うに、芦田愛菜の中には絶対大人が入ってると思うのだがどうでしょう
もしくはエマニエル坊やや白木みのるの様に、子供に見えるけど実は大人なんじゃなかろうか
自分が10歳の時と比べると、あまりにも差がありすぎて信じられないんだよなぁ・・・

今作でも口の悪い関西弁の少女を好演しており、じゃりン子チエを彷彿とさせてとても良かったよ
ストーリー的にはアレだけど、芦田愛菜を観る為だけに観ても十分な映画です

2015年01月02日

渇き。

今日は『渇き。』を観ました〜



品行方正だった娘・加奈子が部屋に何もかもを残したまま姿を消したと元妻から聞かされ、その行方を追い掛けることにした元刑事で父親の藤島昭和
自身の性格や言動で家族をバラバラにした彼は、そうした過去には目もくれずに自分が思い描く家族像を取り戻そうと躍起になって娘の足取りを調べていく
交友関係や行動を丹念にたどるに従って浮き上がる、加奈子の知られざる素顔に驚きを覚える藤島
やがて、ある手掛かりをつかむと同時に思わぬ事件に直面することになる・・・

ストーリーが分かりづらいし、時間軸が行ったり来たりするうえに少年少女のキャラが立ってないので誰が誰だか分からなくなってしまい、観ていて疲れた

役所広司演ずる主人公を筆頭に、狂った登場人物のオンパレードであり、血はドバドバ出るわで苦手な人にはたまらん映画だろう

しかし俳優陣の演技は見事であり、基地外加減を良く表現出来ているので、原作を読むか、もう一回映画を観るかすれば感想はもう少し変わるかも

去年もずいぶんとDVDを観たが、今まで何本くらい観てるのかとふと思った・・・
映画好きと公言してるが、映画館にはほとんど行きません
高いし、面倒臭いしなぁ・・・
それは映画好きとは言っちゃいけないか
だって今と同じペースで映画を観て、全部映画館に言ってたら破産しちゃうよ

まぁDVDではあるが、それでも相当な数の映画を観ているのは間違い無い
でも心に残る名作って〜のは数少ないよなぁ
毎年数本程度かな・・・

今年のDVDも一発目からちょっと残念な感じだが、今年も名作がいっぱい誕生するのを楽しみにしています
DVD化されたら観るからね

プロフィール

mayu

Author:mayu
出身地  /江戸
血液型  /几帳面なA
趣味   /バイク・料理・映画
特技   /飲酒

御来場有難う御座います!

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント
カテゴリ
リンク
過去Logを検索

月別アーカイブ