MayuLog。

我が家のニュース・Macな事・バイクの事等を気の向くままに書いて行くぞ! 気の向いた時にヌルッと更新!(^^ゞ

 
2014年06月30日

SMIRNOFF ICE WILD GRAPE

今日の晩酌は『スミノフアイス ワイルドグレープ』です

1_20140624155816ef0.jpg

6/17から期間限定で発売されている、スミノフアイスの新フレーバーです

スミノフって美味しいですよねぇ
ウォッカベースなのに低アルコールなので、飲みやすいから女子にも人気がある様です
俺的にはもっとガツンとアルコールが効いてた方が美味いのだが、ちょっと飲みたい時に重宝します

グレープの香りが美味しそうであるが、飲んでみるとちょっと甘みが強過ぎる感もある・・・
しかしクドい甘さではないので、一気に飲めて後味も悪く無い

瓶まで紫色のシャレオツ仕様なので、屋外で飲んでいても人目は気にしなくて良さそうだ
同じアルコールでも、ワンカップ大関を飲んでいる親父とは雲泥の差であろう

いつまでの期間限定なのか知らないが、美味しかったので何本か買い置きしとこうかな

2014年06月29日

SP 野望篇

今日は『SP 野望篇』を観ました〜



チームリーダー尾形の耳を疑うような発言に疑心をぬぐい切れない井上は、表面的には平和な姿をしている日常の中に、特殊能力で脅威の存在と四六時中シンクロしていた
そんなある日、六本木で大規模テロ事件が勃発
テロリストの魔手は笹本ら第四係のメンバーにも向けられていた・・・

特殊能力を持つ主人公のSPやその仲間たちが、テロリストたちと戦う姿を描いたテレビドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』の劇場版
2部作となっており、前編となる『野望篇』です

TVドラマの映画化であり、ドラマを観てない俺には分からない設定が多々あった
更に、2部作の前編と言う事もあって、中途半端な終わり方をしている・・・

しかしそれらを差し引いても面白い映画でした
邦画としては十分なアクションシーンであり、ストーリーも良く出来ている
深夜ドラマで人気があったと言うのもうなずけます

しかし主人公の特殊能力設定はいらない気もする・・・
事件を完全に予知し、防いでしまう程の物でも無いので、結局ピンチに陥ってしまっているもんなぁ
まぁ完全に予知できる様なら違う映画になっちゃうけどね

面白かったので『革命篇』も観てみようと思います

2014年06月28日

風立ちぬ

今日は『風立ちぬ』を観ました〜



大正から昭和にかけての日本
戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた・・・
航空機の設計者である堀越二郎はイタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上げたいという野心を抱いていた
ある日、関東大震災のさなか汽車で出会った菜穂子と再会
二人は恋に落ちるが、菜穂子が結核にかかってしまう・・・

ジブリのアニメは面白い・・・
それは間違いでは無いがこの作品は駄作である

昭和初期の実話を元にしている様だが、ジブリファンが求めているのはそんな映画では無くファンタジーである
関東大震災や太平洋戦争をアニメで表現した作品だが、そんなのは他のアニメ監督が作れば良いのであって、ジブリの作風じゃ無いだろ

ジブリの最新作だと言って劇場に観に行った子供はおそらく訳が分からなかったのではないか

『ゲド戦記』に並ぶ程の駄作であるが、『ゲド戦記』は宮崎駿の長男が七光りで作った映画なので仕方無い・・・
しかし『風立ちぬ』は宮崎駿本人が原作・脚本・監督なのにこの出来

今作で引退を表明した宮崎駿だが、こんな作品を作ってしまう様ではもう限界なんだろう
引退もやむなしと言う感じだが、最後の作品で自分の花道にケチを付けてしまったのが何とも残念だ

ところでどうしてジブリのアニメはあんなに下手クソな声優を使うのだろう
アイドルだとか、文化人だとか、予算の問題って事はまさか無いだろうが、何でプロの声優を使わないのか
ジブリアニメを観てると必ず何人かは棒なヤツが混ざっている
『風立ちぬ』にいたっては主人公の声が庵野秀明
この人は『エヴァンゲリオン』の監督でしょ
起用の基準がサッパリ分からない

観れば分かるがのっけから棒読み連発であり、ちょっとイライラする
脇役ならまだしも主人公だかんね
ジブリアニメの欠点は声優の採用基準だと俺は思ってる
素人を使うなと俺は言いたい

俺的に今までで一番違和感があったのは『となりのトトロ』のお父さん役の糸井重里だったが、今作の庵野秀明が目出たく1位になりました

2014年06月27日

Corona Extra

本日の晩酌も先日に続き『コロナ・エキストラ』ですが、今回はちゃんとライムも買って来たよ



昔はショットバーなんかで良く飲んだが、今はショットバーってあるの
外で飲む時は居酒屋ばっかりになってしまったので、そう言うお店は全く分からなくなってしまった

メキシコ料理の店なんかに行けばあるだろうけど、そもそもメキシコ料理屋が近くに無いよ
でもお店で飲むと本数いっちゃうから金額的にも辛い・・・
普通のビールより薄いからグイグイ飲んじゃうもんな

ライムが2個入りだったので、八等分にカットして使うと16本分だなぁ・・・
正直そんなにコロナばっかり飲んでられないので、残りは酎ハイにでもすっかね

2014年06月26日

iPhone 6

遂にiPhone 6の発売時期がハッキリした様です



以下ニュースサイトより引用

米アップルがスマートフォン『iPhone』の新機種を9月にも発売する計画であることが24日、分かった。
画面サイズは4・7インチと5・5インチの2種類が用意され、現行のアイフォーン5Sの4インチよりも大きくなる。
米通信社ブルームバーグが複数の関係者の話として報じた。

新機種は7月に中国で生産が始まり、9月ごろに小売店への出荷が可能になるという。
次期基本ソフトの『iOS 8』が搭載され、カロリー消費量や血糖値、睡眠時間などのデータを管理できるアプリが利用できるようになる見通し

2_20140625135542c32.jpg

『iOS 8』のリリースが秋頃と言う話だったので、もうちょっと遅いかと思ってたんだがなぁ・・・
9月はまだ秋じゃないよね
まだまだ暑いねえなんて会話をしてる頃だろ

来年1月に俺のiPhoneも2年縛りが終わるので、買い替えるには丁度良い時期だな
まだ詳細は分かりませんが、時代に合わせて画面が大きくなるのは間違い無い所だし、OSも進化して使いやすくなる事だろう
楽しみです

2014年06月25日

Corona Extra

今日の晩酌は『コロナ・エキストラ』です



ライムを櫛形に切って入れて飲むのは誰もが知ってる定番だが、これに塩を加える飲み方が流行っていると聞いたので、久しぶりに買ってみた

買って来たのは良かったのだが、よく調べてみたら、塩を入れるんじゃ無くて、塩とライムを入れるんだそうだ・・・

塩を入れて飲んでみるつもりだったのでライムは買って来なかったよ
明日買って来るか・・・
しかし、冷蔵庫で冷えているコロナを見たら我慢できなくて塩だけ入れて飲んじゃったよ

でもこれはこれで美味いぞ
塩味が良いコクになっていて、ソルティードッグに通づるものがある
ここにライムを加えたら確かに美味そうである
3本買って来たのだが全部飲んじゃったので、今度はライムと一緒に買って来よう

ところでコロナはやっぱりラッパ飲みが基本ですよね
バーとかで注文しても、瓶の口にライムが挿さってそのまま出て来るもんね
グラスに注いだからって味が変わる訳じゃ無いけれど、やっぱりライムを押し込んでラッパ飲みが大人の粋ってもんですな

2014年06月24日

くじけないで

今日は『くじけないで』を観ました〜

1_convert_20140601204437.jpg

夫に先立たれたトヨは一人で生活していたが、小説家を目指して就職もせずにふらふらしている一人息子の健一のことがいつも気がかりだった
嫁の静子は黙って健一を支え、トヨにも精いっぱい尽くしていた
ある日、白内障の手術を受けて元気のないトヨに、いきなり健一が詩を書くように勧める・・・

柴田トヨのベストセラー詩集「くじけないで」「百歳」を基につづる感動の物語
90歳を迎えて以降に詩を書くようになった主人公の山あり谷ありの半生や、彼女を取り巻く家族にまつわるドラマ

詩をたしなむなんて高尚な趣味の無い俺には取っ付きにくいかと思ったが、一言一言が素直に共感出来て、感動出来る物語でした

トヨさんの人生を幼年期から世代を追って芦田愛菜、壇レイ、八千草薫が演じているのだが、ちょっとイメージが合わなくてうっかりするとどれがトヨさんだか分からなくなったりしたのが残念な点か

八千草薫はさすがの貫禄だし、駄目息子の武田鉄矢も良い味出てました
大好きな壇レイが出てたので観てみたが、中々の名作でした

2014年06月23日

図書館戦争

今日は『図書館戦争』を観ました〜



メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化法”が施行されてから30年がたった日本
読書の自由を守るための自衛組織“図書隊”の隊員にかつて助けてもらった笠原郁は、憧れの図書隊員になる
担当教官・堂上篤の厳しい指導を受け、女性で初めて図書特殊部隊に配属された郁・・・
そんなある日、図書隊とメディア良化委員会の対決が避けられない出来事が起きる

銃撃戦のシーンなんかは迫力があって良かったのだが、どうにもストーリーに入り込めない映画でした
ハッキリ言ってたかが本の規制ごときで、銃火器を持って殺し合いってありえないでしょ
だいたい、国が読んじゃ駄目だって言ってる本を守る為に、武装した組織が存在し、その存在を国が認めてるって〜のも良く分からない・・・
国の決めた事に武力で反対する・・・
これってテロリストじゃねえの

そのくせTVや携帯は情報垂れ流しの感じだし・・・

それでもそこそこ面白く観れたのは豪華俳優陣によるところが大きい
榮倉奈々や栗山千明は魅力的だし、脇を固める俳優陣も良かった

何より驚いたのは岡田准一が素晴らしい演技だった事だな
ジャニーズでこんなに演技の上手い人は初めて見たよ

ジャニーズだと二宮和也が一番かなぁと思ってたんだが、岡田准一の方がはるかに演技が上手い
岡田准一の出てる映画って初めて観たので知らなかったよ

そう言えば『永遠の0』も岡田准一か
DVD化したら観てみたいとは思ってた映画だが、ますます楽しみになったよ

今日は『ブラッディ・バレンタイン』を観ました〜

2_convert_20140510161525.jpg

バレインタインの日、炭鉱夫のトムは同僚5人を炭鉱に生き埋めにしてしまう大規模な事故を起こしてしまった
悲劇から10年後、自らが引き起こした事故のトラウマに悩まされ街を出ていったトムが帰郷する
そんなバレンタインの夜、炭鉱夫のスタイルでつるはしを持った殺人鬼が街を恐怖に陥れる・・・

『血のバレンタイン』のリメイクで劇場公開時は3Dなのでつるはしが飛んで来る場面とかに迫力があったらしいんだが、DVDで観ると迫力が無いのは仕方無いにしても、矛盾点が多過ぎて突っ込みが忙しい・・・
R-15なんだけどグロい描写もイマイチ恐く無い

B級映画にありがちだが、ヒロインは銃を持ってんのに何で早く撃たねえんだよ
ドリフの、志村うしろうしろに通じるモノがあるね

テンポは良いのだが矛盾点をあんまり深く考えてるとストーリーに置いて行かれてますます分かんなくなります
深く考えずに観てれば、ホラー映画としてはそこそこ観れるかな

2014年06月21日

死刑台のエレベーター

今日は『死刑台のエレベーター』を観ました〜



医療グループの社長夫人・芽衣子は若い医師・時籐と愛人関係になり、年の離れた夫を自殺に見せかけ殺害することを計画
犯行当日、芽衣子は約束の場所で時籐を待つが彼は一向に現れない・・・
芽衣子がいら立ちを募らせる一方、時籐はエレベーターの中に閉じ込められるアクシデントに巻き込まれていた

ヌーベルバーグの傑作と評されるルイ・マル監督の同名サスペンスを、吉瀬美智子と阿部寛で世界で初めてリメイクした作品なんだけど、60年近く前の原作なのでやはりそこら中に無理が生じてる・・・

当時はサスペンスとして面白かったのかもしれないが、現代では通用しないんじゃないかなぁ・・・
動機も薄いし、トリックって程のモンでも無いし、だいたいストーリーが支離滅裂だよ

吉瀬美智子・阿部寛・玉山鉄二・北川景子の豪華俳優を使ってこれじゃあ、失敗作と言って良いだろうし、お金を払って劇場で観た人は悲惨だな

いくら名作をリメイクったって、古すぎんじゃねえの

2014年06月20日

OS X Mavericks

iMacのOSを『OS X Mavericks』に更新しました

4_convert_20140618140436.jpg

2013年10月22日にリリースされていたんだが、最初のうちは絶対に不具合が発生するので様子を見てた
もう半年以上経ったし、秋には『OS X Yosemite』のリリースも発表されたので、更新に踏み切りました

3_convert_20140618140417.jpg

1時間以上も掛かってインストール完了
再起動したら無事10.9になってました

2_convert_20140618140355.jpg

調べてみたら色々なソフトが使用不能に・・・
ある程度は予想していたので、まぁ仕方無い・・・
これから代替ソフトを探さなきゃな

1_convert_20140618140338.jpg

まぁそれは覚悟してたので良いのだが、何だかマウスの動きがおかしい・・・
safariでページ間のスワイプが出来ないし、ページ内のスクロールも逆だ

スワイプはマウスの設定で直せたが、スクロールは無理みたいだ・・・
今まではMagic Mouseを上から下になぞるとページが下へ進んでいったのだが、それが逆になってる
ようするにiPhonenと同じ動きって事だ
ちょっとこれは慣れるしか無いのかな

逆に新OSなのでsafari等の純正アプリの動きが格段に良くなった
ノートだとバッテリーのもちも良くなるらしい

OSが変わるとこう言った良い面と悪い面が出て来るのはいつもの事
おそらくプリンターなんかのドライバも更新しないと動かねえんだろうなぁ・・・

ぼちぼちとやってきましょう

2014年06月19日

スティーブ・ジョブズ

今日は『スティーブ・ジョブズ』を観ました〜



誰からも天才と認められるも、周囲との衝突が絶えないスティーブ・ジョブズ
既存の組織に所属するのに向いていないと悟った彼は、自分のような友人らと自宅ガレージをオフィスにしてアップルコンピュータ社を設立する
革新的な商品を次々と放ってはヒットさせ、たった4年で株式の上場に成功、IT界の寵児となるジョブズだが、意見の相違がある社員は問答無用で解雇、創立時メンバーを冷遇するなど、独善的な言動を繰り返すように
その果てに、彼は自身の会社から追放されてしまう・・・

昨日はジョブズの半生をドキュメントとして追ったDVDを観たが、これはちゃんとした映画です

ジョブズの死後、色々な書籍を読んだが、ジョブズは確かに天才であるが人間社会の適応力は無かった様に感じる・・・
良く言えばカリスマだが、悪く言えば唯我独尊か・・・

だからこそ歴史に名を残す様な人物であったとは思うのだが、その辺のジョブズの嫌な面とかが映画ではあまり語られていない様な気がした

凄い人だが、こんな嫌な面もあったんだよと言うリアルを期待していたんだが、そう言った点では残念な映画だったかな

伝記とかを読んでも、とても友達にはしたくないと思ったもんなぁ・・・
それでも初代iMacの頃からApple信者である俺には尊敬できる人物だ

今この時代に、iPhone・iPad・iPodが無かったらどうですか
いまだに大きなDVDプレイヤーで音楽を聴き、二つ折りの携帯で電話をしていたかも知れません・・・
これらの物によりライフスタイルが変わった人は大勢いるでしょう
世界を変えたと言っても過言では無い偉業です

偉業を成し遂げたと言っても、Appleの中にはジョブズが大嫌いと言う人も大勢いるそうです
でもそう言う所もひっくるめて映画を作って欲しかったなぁ・・・
それでファンが増えようが、アンチが増えようが、実在の人物を映画にするなら脚色しちゃ駄目だと思う
もっと長生きしてくれたら、もっと色々な面白い物を提供してくれただろうに、残念です

ところでジョブズの役はアシュトン・カッチャーが演じているのだが、これが激似
AppleのWWDC等でジョブズを観た事がある人には分かると思うが、姿形だけでは無く歩き方までソックリだ
デミ・ムーアと結婚・離婚した事しか知らない俳優だが、これでブレイクか

今日は『スティーブ・ジョブズの真実』を観ました〜



2011年10月に惜しまれつつ亡くなったスティーブ・ジョブズの偉業を紹介したドキュメンタリー
その生い立ちからiPhone、iPadの誕生まで偉大な天才のあらゆるシーンをクローズアップする

Macの生みの親であるスティーブ・ジョブズ・・・
俺もパソコンは勿論Macだし、Apple製品のファンであるのでジョブズに関する書籍等も色々読んだが、やはり映像だとその半生がとても分かりやすい

パソコンにとどまらずiPodやiTunesで音楽業界に多大な影響を与え、今のデジタル配信を普及させ、iPadでは電子書籍で出版界に影響を与えた

音楽や書籍の流通方法を変えてしまい、iPhoneで電話の概念まで変えてしまった

現在当たり前の様に使っているスマホやタブレット等は、ジョブズがいなかったらもしかしたら実現していなかったかも知れない・・・
SNSだってスマホで手軽にネットに接続出来るからこそこれだけ流行しているのだろう

PIXARで『トイ・ストーリー』『ファインディング・ニモ』等を作成し、映画界にも多大な影響を与えている

世のパソコンはWindowsが主流だが、デスクトップにアイコンがあるいわゆるGUIはジョブズの考えた物だし、GUIが無ければパソコンがこんなに一般に普及する事も無かったんじゃなかろうか

そう考えると、一人の天才によって世界が革新的に変わったと言える

エジソンが電球を発明したのと同じ位の偉業であると言われているが、正にその通りだと思う

心配なのは、良くも悪くも独裁的であったジョブズ亡き後のAppleである
今後、Appleの製品はジョブズの意志を継いだ製品が出て来るのだろうか・・・

MacやiPhoneを進化させていく事は可能だろうが、天才亡き後の革新的製品の発表があるのかは疑問である

過去にジョブズ反対派がAppleからジョブズを追い出したら、10年で倒産寸前になり、ジョブズが戻って来たらあっという間に黒字経営に・・・
それどころか今や世界一革新的な会社として誰もが知る会社になった

その後はiMacをはじめ、魅力ある製品を数々世に送り出して来たジョブズ

こう言う天才はまた数十年は現れないんだろうなぁ・・・

2014年06月17日

虎ノ門ヒルズ

所用があり虎ノ門へ行って来た
用事自体は1時間程で終わったのだが、ここまで来たら行かなきゃいけない所があるでしょう

そうです
6/11に開業したばかりの複合施設『虎ノ門ヒルズ』です

内幸町の付近から観た『虎ノ門ヒルズ』ですが、歩いてすぐいけそうな感じです

1_20140616133407d69.jpg

入り口

1_20140616134445737.jpg

インフォメーション

1_20140616133453627.jpg

ザッと観て廻った後に、3Fの『ホップ』と言うお店でランチタイム

1_20140616134835c44.jpg

ランチメニューの『ソーセージ盛り合わせ』とランチビールを注文したのだが、あまりのシャレオツ具合に写真を撮るのが恥ずかしかったのでお店のHPの写真を拝借

1_convert_20140616135201.jpg

ランチビールはドイツビールだったんだが、名前が難しくて覚えられなかった
ソーセージに良く合って美味しかったよ

マスコットキャラクター『トラのもん』

1_2014061614020266b.jpg

飲食店は1F〜4Fだけなのでそんなに多くはありません・・・
上層階はオフィスやホテル、マンションとなっていますが、分譲マンションの家賃が月55万~292万円だそうです
ここに住んでいるヤツは全員死ね

外へ出てみたら、どう見ても下町のオバちゃんにしか見えない人が、チャリンコに子供を乗せて走ってたんだが、ここらに一般の住宅なんてあんのかなぁ・・・
もしかしてヒルズに住むセレブなのか

都内では東京ミッドタウンに次ぐ、2番目に高いビルらしいが、こないだ東京スカイツリーに行って来たばかりなので、そんなに高くは感じなかったな
まぁ塔とビルでは違うだろうが・・・

1_20140616133314337.jpg

4Fに串揚げのお店があったんだが、今回はソーセージにしたので、次回があれば行ってみよう

ガリガリ君の新フレーバー『スイーツなガリガリ君 ミルクたっぷりとろりんシュー味』を食べてみた

1_2014060922564424f.jpg

最近のガリガリ君は何だかキワモノばかりなので、まぁ一回位は食っても良いかと思って食ったのだが、これが予想外に美味い

シューアイスって〜のがあるじゃないですか
あんな感じの味で、最近のガリガリ君ではスマッシュヒットだな

2_20140609225644ee8.jpg

かなり甘いので、暑い時に涼を取る為に食うアイスではないが、普段食べるには中々良いぞ

冬場にコタツに入って食う系統のアイスだな

なんだかんだ言っても、やはりガリガリ君はソーダ味が鉄板だな
ソーダ味を越えるのが出て来るのはいつであろうか

2014年06月15日

グッモーエビアン!

今日は『グッモーエビアン!』を観ました〜



元パンクバンドのギタリストのアキと、娘で15歳のハツキは友達のような関係
ある日、ヤグが海外から2年振りに二人のもとへ帰ってくる
ハツキは、自由気ままなヤグと、それを笑い飛ばして許すアキに対し、イライラしてしまう
そんな中、親友トモがハツキとけんかしたまま転校してしまい、さらにはアキとヤグの過去を知ることになり・・・

パンクバンドのギタリストだったシングルマザーとしっかり者の娘、海外の旅から戻ってきたやはり元パンクバンドのボーカルでお調子者の男の、ハートウオーミングなホームドラマですが、ちょっと子供を放任し過ぎです

自分の事は自分で決めろと娘に言い放つ母だが、進路を決める三者面談にすら出席しないのは駄目でしょ

それは自主性を重んじるとかじゃ無く、ただの育児放棄ですから〜〜

まぁ映画なのでその辺は良いとして、ストーリーは良く出来てるし、笑いあり涙ありで楽しい映画でした

俺の中の好きな女優ランキングでどんどん順位を上げて来てる麻生久美子と、これまた好きな大泉洋の掛け合いは最高です

しかし驚いたのは娘ハツキ役の三吉彩花ちゃん
何この娘、メッチャ可愛いんだけど
こんな娘がいたなんて全くノーマークだったぜ

このジャケットだと普通だが、劇中の彼女はマジ可愛いです
友人役で能年玲奈も出てますがかすむかすむ・・・

いや〜整い過ぎてて怖いくらいの美少女だな・・・
初めて成海璃子を見た時の衝撃に似てる

まだそんなに出演作は無いみたいだが、今後が楽しみです

2014年06月14日

iOS 8

『iOS 8』のリリースが発表されましたが、6/3より開発者向けで、一般ユーザー向けのダウンロードは秋頃になるそうです



数々の新機能も気になりますが、やはり最も気になるのは『iPhone 6』の発売でしょう
秋に新OSって事は、そこに合わせてiPhone 6の発売もあるかも

だいたいの人がそうだと思うが、俺も2年縛りで購入してるので、秋頃の発売は俺にとってはグッドタイミングなんだが、どうなるかなぁ・・・

逆に2年縛りが終わってちょっとしてから発売されると非常に困る
何とか上手いタイミングでお願いします

しかし最近『AQUOS PHONE』の大画面も気になってんだよなぁ・・・
タブレットかと思う程の大画面は魅力的だ
しかしiPhoneの使いやすさは捨て難い・・・
Macと繋ぐだけで全てが出来てしまう連携の良さはiPhoneならではだからね

秋にはOS Xも新しくなる訳だし、そうするとMacも新機種が出るかもしれん・・・
Macもぼちぼち買い替えかと思ってるので、色々楽しみな秋になりそうである

2014年06月13日

食堂かたつむり

今日は『食堂かたつむり』を観ました〜



倫子がアルバイト先の料理店から戻ると同棲中のインド人の恋人の姿はどこにもなく、部屋は荷物もお金も無く空っぽだった
彼女はあまりのショックで声が出なくなり、スナックを営む折り合いの悪い母親ルリコのもとに戻るしか選択肢は残されていなかった
倫子は自活するために、実家の物置を利用して小さな食堂を開くことにする・・・

家出して、男に騙されて、実家に帰って来て食堂を始めたら大繁盛・・・
何だか好き勝手に生き過ぎなヒロインに共感出来ません

思い付きで始めた食堂なのに、ここの料理を食べると願いが叶うと言う触れ込みで繁盛するのだが、何の宗教だよって感じだし、人生そんなに甘くありません

メインテーマとして、食べる事は生きる事だと言いたい様だが、テレパシーで会話していたペットの豚を食っちゃったり、店の前に死んで落ちて来た鳩を食っちゃったりと滅茶苦茶です

豚なんて意思疎通してたんだぜ
友達食っちゃうのと一緒じゃん
現実にあったら猟奇犯罪だよ

落ちて来た鳩だって、病気の心配とかしないで気軽に食っちゃ駄目
捕って来たならまだしも、落ちて来たんだよ 普通は食えないよ

そもそもこんなメルヘンチックな映画に柴咲コウはミスキャストだろ
もっとこう、フンワリ可愛い系の女優さんがいるだろうに・・・

2014年06月12日

OS X Yosemite

先日WWDCで発表された『OS X Yosemite』ですが、Mac OSと言うよりは、iOSに感じが似てますね

1_20140610181730178.jpg

Macは使ってないけどiPhoneを使ってると言う人には、Win PCからMacへの乗り換えがしやすくなるかも

パソコンでありとあらゆる事がしたい人にはアレですが、一般の人が使うレベルならWindowsよりMacの方が絶対使いやすいです
WindowsもMacも使ってる俺が断言します

ウチのWindowsはどうしてもMacじゃ出来ないことが起きた時のみ起動します
一昔前は互換性やらソフトの有無やらでMacを使うのは結構大変だったけど、今じゃそんな事は問題無く、ユーザーに優しいのは間違い無くMacの方です
Windowsしか使わない人はMacを毛嫌いする傾向が強い様ですが、単なる食わず嫌いでしょう

iMac Mid-2007以降ならインストール可能らしいので、結構古めのMacでもインストールは出来そうですが、快適に動くかどうかまではちょっと謎

秋には登場予定だそうです

2014年06月11日

フィッシュストーリー

今日は『フィッシュストーリー』を観ました〜



鳴かず飛ばずのパンクバンド“逆鱗”のメンバー4人は、解散前最後のレコーディングに挑んでいた
そして時は経ち、地球の滅亡まで数時間に迫った2012年、営業を続ける一軒のレコード店から“逆鱗”のあの一曲、「FISH STORY」が流れ始める・・・
売れないパンクバンドの一曲を中心に、様々な登場人物が交錯し、やがて地球の滅亡をも救う、時空を超えた奇想天外なストーリー

オムニバス形式でストーリーは進み、最後に一本の線に繋がると言うありきたりな作りではありますが、特に分かりづらい箇所も無く、最後まで観てスッキリ出来る良作です

多部未華子が出てるのでそれだけで観てみた映画ですが、結構当たりかも

しかし昔は多部未華子って嫌いだったんだよなぁ・・・
何このブス
としか思って無かったんだが、出演作を何本か観てるうちにいつの間にかハマってました
今でも決して美人だとは思って無いが、噛めば噛む程に味の出る、スルメの様な女優さんです

2014年06月10日

スパークリング清酒

初めて発泡性清酒と言うモノを飲んでみた・・・



たんに日本酒に炭酸を加えただけかと思ったが、5度と言う低アルコールの為に飲みやすいのと、ほんのりとした酸味と甘みがあり、日本酒とは全く違う飲み物になっている

不味くは無いが、値段を考えると酎ハイの方が良いかなぁ・・・
150mlで280円とかするので、ちょっと高め

アルコール度数が低いので酔えないしなぁ・・・
貧乏人なので安くガッツリ酔える焼酎が友達です
基本的に水や炭酸で割って飲んでいるが、最近どんどん濃くなって来て、ほとんどロックで飲んでいる状態になって来た・・・
やっぱりお酒はヘタな混ぜ物はしない方が美味しいよね

ウォッカですらそのまま飲んじゃうからなぁ・・・
ロシア人かって〜の

焼酎・ウィスキー・電氣ブラン・日本酒でローテーションし、暑くなって来るとビールって感じ

絶対死ぬ時は肝臓か、バイクでの事故死の様な気がする・・・

2014年06月09日

ターミナル

今日は『ターミナル』を観ました〜



クラコウジア人のビクター・ナボルスキーはアメリカのジョン・F・ケネディ国際空港に足止めされていた
彼の母国のクラコウジアで、彼が乗った飛行機が出発した直後にクーデターが起こり事実上クラコウジア政府が消滅
そのため、彼のパスポートは無効となり、入国ビザは取り消されていたのだった
そして数ヶ月に及ぶ空港ターミナルでの生活が始まる・・・

実在のモデルは、1988年からパリのシャルル・ド・ゴール空港で18年も生活したイラン人、マーハン・カリミ・ナセリと言われている・・・

英語が話せない為に意思の疎通が出来ないナボルスキーは、独学で英語を覚え、ターミナル内で仕事を始め、キャビンアテンダントと恋に落ちる・・・
ゲートの警備は手薄であり、逃げ出そうと思えば容易に逃げ出せる状況ではあるが、ナボルスキーは亡き父との約束を守る為に空港内で待つ事を決める
入国は出来ないし、祖国は無くなっちゃったので帰る事も出来ないと言うストーリーは日本人にはイマイチ理解出来ない状況だね
平和な日本じゃ有り得ないもんな

周りの人達が皆良い人で、ナボルスキーに協力し、最後は祝福してニューヨークの街に送り出すのは感動です

キャビンアテンダント役のキャサリン・ゼタ=ジョーンズが最高に可愛い
『タイタニック』の頃よりこの頃の方が歳は取ってるんだが、全然可愛いぞ
最近は『RED リターンズ』で観たが、ちょっとケバくなった感じで残念

2014年06月08日

潔く柔く

今日は『潔く柔く』を観ました〜

poster3_convert_20140524163358.jpg

高校1年生のカンナは、思いを通じ合わせていた幼なじみのハルタを交通事故で失ってしまい、それを機に新たな恋ができなくなってしまう
時はたち、映画宣伝会社で働くようになった彼女は、出版社に勤める赤沢禄と知り合う
何かとぶしつけな言動を繰り出してくる赤沢に憤慨しては反発するカンナだったが、意外な優しさを見せる彼のことが気に掛かるようになっていく
心の距離が近づいていく中、カンナは赤沢にもつらい過去があったことを知ってしまう・・・

原作は少女漫画なのでさすがに未読ですが、その分先入観を持たずに観れたおかげか、割と面白かった
号泣する程のストーリーでは無いが、しんみりと泣けたし、青春時代の甘酸っぱさがよみがえって来て心地良い

ただ、長澤まさみが15歳の高校生役はさすがに無茶である

高校時代の友人のマヤはどうしたのか、大人になったカンナの親友百加の突然の登場とか、原作を読んでればたぶん分かるんであろう事柄の描写が無かったのも残念だ・・・

原作ファンには物足りない感もありそうだが、映画としては十分面白い作品だと思います

2014年06月07日

第6回AKB48選抜総選挙

今日は『第6回AKB48選抜総選挙』の開票日だそうで、朝からニュースでやってた
朝からそんな話題がニュースになるとは、平和な国で良かったなぁ・・・

1_20140607100749a65.jpg

特に興味は無いが、これだけ毎日の様にメディア露出しているAKB48なので、自然と顔も覚えちゃうよね
と言う訳で、自分なりに順位を付けてみた

1位  渡辺 麻友
2位  島崎 遥香
3位  川栄 李奈
4位  柏木 由紀
5位  峯岸 みなみ
6位  宮澤 佐江
7位  生駒 里奈
8位  山本 彩
9位  高橋 みなみ
10位  大家 志津香

こんな感じかなぁ・・・
もっと可愛い子はいっぱいいるんだろうけど、ハッキリ言って知らないメンバーの方が多い大所帯な訳で、最近よく見る娘で順序を付けてみただけだが、たぶん結果は全く違うのだろう

去年の指原莉乃の1位なんて全くもって信じられなかった
顔だけだったら下から数えた方が早いよね
顔だけで判断しちゃ駄目なんだろうが、キャラクター的なモノを考えても1位って〜のは・・・

TVで4〜5時間も放送するらしいがそんなもん観てられないので、結果だけ分かれば良いやね
途中結果みたいなHPもあったので見てみたら、既に俺の予想とは全く違ったよ

今日は『子宮の記憶 ここにあなたがいる』を観ました〜

12032652011_convert_20140523175723.jpeg

裕福な家庭で何不自由なく暮らす17歳の真人は、上辺だけの愛情を注ぐ母親と衝突してばかりいた
生後まもなく誘拐された過去を持つ彼は、犯人の女性を探して沖縄へ向かい、食堂を営む愛子と出会う
そこで住み込みのアルバイトを始め、やがて2人の間に親子とも恋人ともつかない愛情が芽生え・・・

『八日目の蝉』の様であるが、似て非なるストーリーで大変面白かった
本当の母親からは愛情を受けられず、生後3日で誘拐されて、40日間を一緒に過ごした犯人の女性こそ本当の母だと思い、彼女を捜しに沖縄へ行き再会する・・・

子供が欲しくて他人の子を誘拐してしまう人もいれば、実の子に愛情を与えられない人もいる・・・
内容的には重いですが、ストーリーは沖縄の美しい景色とともにゆっくりと流れて行きます

ラストでもう一度再会出来ればもっと良かったのになぁ・・・

2014年06月05日

便座交換

便座が割れてしまったので交換した
夜中にトイレに起きたら、便座がまっ二つに割れて下に落っこちてた

何で

とりあえず補修してみたが、割れた便座に座ってると尻肉を挟みそうなので、ネットで検索してみたら安いのがあったので早速ポチッと
夜中の3:00ですよ

九州からの発送だったが、幸いな事に中一日で便座到着

1_201406042040125de.jpg

早速交換したんだが、さすがに便座全体を取り外してみると汚れが・・・
普段から見えるところは割と綺麗にしていたつもりだったが、ボルト類を全て外して便座全体を撤去してみるとさすがに汚い・・・
ちょっとお見せ出来るレベルではないので、すべて綺麗に掃除してから写真を撮ってみた

2_20140604204012e1f.jpg

取り付けボルトの周辺なんて、何だか訳の分からない茶色い汚れがこびり付いていたが、こんな機会はそうそう無いので意を決して綺麗に磨いた

取り付けボルトも全て新品に交換し、取り付け完了〜

1_20140604204154a87.jpg

便座なんてあって当たり前の物が無いだけでこんなに困るとは・・・
たかがトイレとは言え考えて作られてんだなぁと思った次第です

注文する前に便器周りをそこら中採寸したので、次があっても余裕だね

2014年06月04日

理由

今日は『理由』を観ました〜



荒川区の超高層マンションで、一家4人の惨殺事件が起きる
その容疑者として石田が指名手配されるが、捜査が進む内に惨殺された一家4人全員が 赤の他人同士だったことが判明し、事件は思わぬ展開をみせる・・・

宮部みゆきの同名のベストセラー小説を、原作に惚れ込んだ大林宣彦監督が映画化
名優、菅井きんから、本作が映画 初出演となる寺島咲まで、107人のキャスト全員がノーメイクで役に挑む

2時間40分にも及ぶ長い映画ですが、無駄なシーンが多過ぎて観ていて疲れて来る
大林宣彦監督も嫌いじゃないし、原作の宮部みゆきも好きなんだが、宮部みゆきの作品を映画化するとどうしてこうつまらない映画になってしまうんだろう・・・
相当集中して観てないと訳が分からなくなりますが、この長さで集中力を持続させるのは中々大変です

宮部みゆき原作だと、中居正広主演の『模倣犯』も酷かった

主要キャストが100人以上も出演してるのだが、ハッキリ言って俳優の無駄遣いである
もうお亡くなりになってる俳優さんも多数出演しており、そういった俳優さんを観て楽しむ映画かと・・・

見どころは多部未華子と宮崎あおいの若さ
最近お気に入りの伊藤歩も出ています

2014年06月03日

パイオニア

今日は『パイオニア』を観ました〜



北海で膨大な量の石油とガスの存在が判明し、石油ブームが訪れた1980年代前半のノルウェー
海底500メートルにパイプラインを敷設する政府の一大プロジェクトに、ダイバーのクヌートとペッターの兄弟が選ばれる
しかし、試験ダイブ中の事故で兄クヌートが亡くなってしまい、上層部の説明に納得できないペッターは事故の真実を追求していく・・・

今年の2月に日本公開されたノルウェー制作の深海ホラーです
深海へ行く事は宇宙へ行くより難しいとTVで観た事があります
それゆえに何でも無いシーンでもドキドキしてしまう閉所恐怖症気味の俺

宇宙船とか深海探査艇みたいな狭い乗り物には絶対乗れないよなぁ・・・
潜水艦とかもおそらく駄目だな
どれも乗った事は無いけどね

深海に行くにはこんなに色々準備が必要なんだと言う事が分かって面白かった
ストーリーも社会派のドラマとして良く出来てると思う

米ソニー・ピクチャーズが、リメイク権獲得に向けて交渉中だそうです

2014年06月02日

清須会議

今日は『清須会議』を観ました〜



本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉が後見に名乗りを上げた
勝家は三男の信孝、秀吉は次男の信雄を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市、秀吉は信長の弟・三十郎信包を味方にする
そして跡継ぎを決めるための清須会議が開催されることになり、両派の複雑な思惑が交錯していく・・・

歴史オンチにも分かりやすい作りで楽しく観れた
秀吉のキャラが作り込み過ぎていて、純粋な歴史ファンには納得がいかないかもしれないが、そこはエンターテインメントって事で

三谷映画にしては笑いが少ない気もするが、三谷ファミリーの豪華俳優陣が何処で出て来るかを探すだけでも楽しい
時代劇が苦手な人でもいける映画です

2014年06月01日

ハンナ

今日は『ハンナ』を観ました〜



フィンランドの山奥で、元CIA工作員の父親に格闘に関するテクニックを教え込まれたハンナ
彼女は、人の痛みを知らず感情を持たないまま16歳になるが、すでに父親の戦闘能力を超えていたハンナは、ある任務のためにヨーロッパへと旅立つ
が、父親の同僚だったCIA捜査官のマリッサがしつこく追って来る・・・

幼少のころから父親に相手を殺すための手段しか教わらなかった16歳の少女ハンナと、彼女を追うCIA捜査官との追走劇がメインだが、少しずつ出生の秘密が解き明かされて行くありきたりな設定であり、冒頭の変なスイッチや、一文無しの筈なのにネットカフェで両親を検索してみたりと突っ込みどころ満載です
アクション映画って言うわりにはアクションも控えめだし、もっと圧倒的に強い少女を想像していたので、ちょっと退屈・・・

追手は全員片付けたけど、この後はどうすんだろ
曖昧な終わり方が気持ち悪いです
音楽も全然合ってなくて緊張感の欠片もない映画でした

プロフィール

mayu

Author:mayu
出身地  /江戸
血液型  /几帳面なA
趣味   /バイク・料理・映画
特技   /飲酒

御来場有難う御座います!

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新コメント
カテゴリ
リンク
過去Logを検索

月別アーカイブ