MayuLog。

我が家のニュース・Macな事・バイクの事等を気の向くままに書いて行くぞ! 気の向いた時にヌルッと更新!(^^ゞ

 
2014年04月30日

タイヨウのうた

今日は『タイヨウのうた』を観ました〜

fb3d52f1_convert_20140424184618.jpg

太陽の光にあたれない色素性乾皮症という病気の薫は、学校にも通えず、唯一の生きがいは夜の駅前広場で路上ライブをすることだった・・・
そんなある日、彼女は孝治という青年と出会い、急速に親しくなっていく
しかし、孝治に病気のことを知られてしまった薫は、初恋も歌もあきらめてしまう・・・

ドラマ版も有るらしいが、例によってTVは観ないのでドラマ版は知りません
ちょっと突っ込みどころが多過ぎて、駄目な映画だ

この病気は進行性で、段々と悪くなって行くらしいのだが、父親のセリフに『生まれてから一度も太陽の日を浴びさせた事が無い』と言うのが有る・・・
こんな病気ならそれも致し方無いが、そうやって子供を育てるのは大変な苦労だったろう・・・
しかしこの主人公は親に全く感謝の気持ちが無い
憎まれ口を叩くけど本当は感謝してるんだよって感じでも無い
少なくとも映画からはそう言った心情は読み取れない・・・
親が気の毒過ぎである

昼間に出歩けないので夜中に出歩いてる訳だが、それを見つけた警官も、親から言われてるのであの娘は良いんだとか言い出す始末・・・
高校生くらいの、しかも女の子が夜中に出歩いてるのに、スルーしちゃう警官は有り得ない

命に関わる病気なのに本人が病院に来ない・・・
進行性の病気の筈だが、全くもって健康体に見える・・・

ラスト近くになると突然病状が悪化し車椅子に・・・
次のシーンでは棺桶の中・・・

えっっ死んじゃったの

涙腺の弱い俺でもさすがにこの展開にはついて行けませんでした・・・

この映画を観ていると、この病気は太陽にさえあたらなければ別に何とも無いんだと言う誤解をしてしまいます
なのに悪化しはじめたらあっという間に死んでしまう・・・
進行性なんだから、段々と悪くなってく筈だよね

ラストシーンは彼氏が笑いながらサーフボードを持って海に突進・・・
たぶん『君の分まで俺は生きる』みたいな事を表現したかったんだと思いますが、あの描写では、やっかいな彼女がいなくなったので、今までの分も遊ぶか〜みたいにもとれます

ここで泣かせようと言うあざといシーンが何ヶ所か有りますが、それ以上にツッコミが忙し過ぎて泣くに泣けない
全く聞いた事のない監督なので、おそらくは全てコイツのせいだな
辞めて郷里に帰った方が良いよ

主演はYUIなんだが、名前は知ってたが興味が無いので顔も曲も知らなかった・・・
映画はどうにも困ったシロモノだったが、YUIって可愛いし、劇中の曲も良かった
それに気付けただけがこの映画のメリットか

御来場有難う御座います

プロフィール

mayu

Author:mayu
出身地  /江戸
血液型  /几帳面なA
趣味   /バイク・料理・映画
特技   /飲酒

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カウンター

最新コメント
カテゴリ
リンク
過去Logを検索

月別アーカイブ