MayuLog。

我が家のニュース・Macな事・バイクの事等を気の向くままに書いて行くぞ! 気の向いた時にヌルッと更新!(^^ゞ

 
2014年04月30日

タイヨウのうた

今日は『タイヨウのうた』を観ました〜

fb3d52f1_convert_20140424184618.jpg

太陽の光にあたれない色素性乾皮症という病気の薫は、学校にも通えず、唯一の生きがいは夜の駅前広場で路上ライブをすることだった・・・
そんなある日、彼女は孝治という青年と出会い、急速に親しくなっていく
しかし、孝治に病気のことを知られてしまった薫は、初恋も歌もあきらめてしまう・・・

ドラマ版も有るらしいが、例によってTVは観ないのでドラマ版は知りません
ちょっと突っ込みどころが多過ぎて、駄目な映画だ

この病気は進行性で、段々と悪くなって行くらしいのだが、父親のセリフに『生まれてから一度も太陽の日を浴びさせた事が無い』と言うのが有る・・・
こんな病気ならそれも致し方無いが、そうやって子供を育てるのは大変な苦労だったろう・・・
しかしこの主人公は親に全く感謝の気持ちが無い
憎まれ口を叩くけど本当は感謝してるんだよって感じでも無い
少なくとも映画からはそう言った心情は読み取れない・・・
親が気の毒過ぎである

昼間に出歩けないので夜中に出歩いてる訳だが、それを見つけた警官も、親から言われてるのであの娘は良いんだとか言い出す始末・・・
高校生くらいの、しかも女の子が夜中に出歩いてるのに、スルーしちゃう警官は有り得ない

命に関わる病気なのに本人が病院に来ない・・・
進行性の病気の筈だが、全くもって健康体に見える・・・

ラスト近くになると突然病状が悪化し車椅子に・・・
次のシーンでは棺桶の中・・・

えっっ死んじゃったの

涙腺の弱い俺でもさすがにこの展開にはついて行けませんでした・・・

この映画を観ていると、この病気は太陽にさえあたらなければ別に何とも無いんだと言う誤解をしてしまいます
なのに悪化しはじめたらあっという間に死んでしまう・・・
進行性なんだから、段々と悪くなってく筈だよね

ラストシーンは彼氏が笑いながらサーフボードを持って海に突進・・・
たぶん『君の分まで俺は生きる』みたいな事を表現したかったんだと思いますが、あの描写では、やっかいな彼女がいなくなったので、今までの分も遊ぶか〜みたいにもとれます

ここで泣かせようと言うあざといシーンが何ヶ所か有りますが、それ以上にツッコミが忙し過ぎて泣くに泣けない
全く聞いた事のない監督なので、おそらくは全てコイツのせいだな
辞めて郷里に帰った方が良いよ

主演はYUIなんだが、名前は知ってたが興味が無いので顔も曲も知らなかった・・・
映画はどうにも困ったシロモノだったが、YUIって可愛いし、劇中の曲も良かった
それに気付けただけがこの映画のメリットか

2014年04月29日

冷酒

今日の晩酌はこれ



日本酒は冷酒でしか飲まないので、暖かい時期だけだなぁ・・・

アルコールに限りませんが、飲み物を常温で飲むのがとても嫌いで、熱いか冷たいかじゃないと美味しく感じない
ミネラルウォーターとかをそのまま飲んでる人がいるが、水だって冷たく無いと嫌だなぁ
お湯を飲む事なんて無いので、水は必ず "冷"だね

日本酒は熱燗って飲み方が有りますが、居酒屋とかで熱燗を頼むと必ずと言っていい程安酒じゃありませんか
たまたまなのか、不味い酒を熱くして誤摩化してるのか定かじゃありませんが、外で熱燗を飲んで美味いと思った事が無い
一升瓶がド〜ンと並んでいる様なこだわりのお店なら美味しいんでしょうけど、そんな所行かねえしな

自分でそれなりの酒を買って来て熱燗にすればそれなりに美味いのだが、やっぱり冷やした方が美味しく感じる
まぁ好みの問題なんでしょう

てな訳でだんだんと冷酒しか飲まなくなり、燗酒や冷やなんてもう何年も飲んでない・・・
生貯蔵酒や吟醸酒なんて絶対冷酒の方が美味いと思う
でももっと暑くなったらやっぱりビールだけどね

2014年04月28日

青い鳥

今日は『青い鳥』を観ました〜

1_convert_20140423155052.jpg

一見平穏な新学期を迎えた東ヶ丘中学校・・・
しかし、その内面は前の学期に起こった、いじめ自殺未遂事件に大きく揺れていた

新学期初日、当該学級である2年1組に、極度の吃音症である村内が臨時教師として赴任してくる
彼が初めて生徒達に命じた事は、事件を起こし既に転校している生徒・野口哲也の机を教室に戻す事だった
毎日「野口君、おはよう」と無人のその机に向かい声をかける村内の行為に、生徒・教師・保護者の間には波紋が広がるが村内は止めようとしない
そんなある日、野口へのいじめに加担したと苦しむ園部真一は、その思いを村内にぶつける・・・

自殺未遂者を出したクラスで、反省し悩む者、反省した振りをする者達がいる・・・
そこへ赴任して来た教師は、既に転校してしまった彼の机を教室に入れる
『あんなに反省したのにまだ蒸し返すのか』と怒る生徒達・・・
先生は言う『虐められた事を彼は一生忘れない』『君達も彼を忘れては駄目だ』『それが責任だ』と・・・

こう言う映画を学校で授業の一環として生徒に観せるべきだな

今日は『風俗行ったら人生変わったwww』を観ました〜

7mm_convert_20140420160524.jpg

29歳の童貞男・遼太郎は、自分を変えるため初めて風俗店へ行くが、緊張のあまり過呼吸になってしまう
そこで介抱してくれた風俗嬢・かよに心を奪われた遼太郎は、彼女と親しくなるにつれ、なぜ風俗で働くのか疑問を抱く
やがて遼太郎はインターネットで知り合った仲間たちの応援を得て、風俗嬢として働くかよを何とかしようと立ち上がる・・・

2ちゃんねるに投稿されるや反響を呼び、単行本化もされた純愛物語を映画化したものだが、これってただの『電車男』のパクリだろ
エルメスが風俗嬢になっただけで内容は全く一緒じゃん
原作は未読だが、こんな二番煎じな内容が人気出るなんて、2ちゃんねらーは何やってんだ

主人公に満島ひかりの弟で映画初主演となる満島真之介、風俗嬢に佐々木希と言うキャスティングも微妙
棒読みっぽいセリフが逆に風俗嬢らしさを出していたが、単に結果オーライなだけで大根なのは事実である

脇役である闇金業者のシーンが一番面白いと言うトホホな状態・・・
佐々木希の可愛さくらいしか観る所は有りません

2014年04月26日

発熱・・・

3日ほど喉に刺さっていた魚の骨がやっと取れた
御飯を丸呑みすると良いとか色んな方法が有るが、何をやっても取れなくて、感覚的にそんな奥の方じゃないので指を突っ込んで取ってやろうと・・・
気持ち悪くてしょうが無かったので・・・

まぁ喉に指を突っ込んだらえづくのは目に見えてるので、最悪の事態を考えて風呂に入りながらやってみた

人差し指を突っ込んでグリグリとやってたら、2cm位の骨が取れた
あ〜良かった・・・スッキリしたよ

しかしその数時間後、喉に強烈な痛みが走り、声を出すのも辛い程に
鏡で見ると喉が真っ赤っか
もしや指を突っ込んだ時に喉に傷でも入れて、雑菌でも入ったか
何たって両手指の中では右手の人差し指が一番汚そうだもんなぁ・・・

のどぬ〜るをして、加湿器をかけて安静にしていたんだが、夜になったらますます酷くなり熱まで出て来た

あまりに頭がクラクラするので熱を測ってみたら何と38.6度・・・
大した事無いと思うかもしれないが、俺は元々平熱が低く、35度位しか無いので3.5度位上がってる事になる・・・
普通の人だったら40度クラスの高熱だ

雑菌なのか、風邪なのか、はたまたインフルエンザか
どっちにしても病院に行く事すら出来無い程フラフラなので、寝て治す事にした
2日程寝てたら治ったが、いやぁ〜キツかった
どんなに調子が悪くても晩酌をかかさない俺が、さすがに飲めなかったもんなぁ・・・

病気になると『健康が一番』って言葉が身に染みて分かるね

2014年04月24日

予防接種

年に一度の狂犬病予防接種を受けて来ました

もうすぐフィラリアの季節だし、何かと病院代が掛かるなぁ・・・

2014年04月23日

おしん

今日は『おしん』を観ました〜

2ac984cd2553724038401e0401559153_convert_20140418165037.jpg

明治40年、凶作が原因でひもじい生活を強いられている小作・谷村家は、口減らしのため泣く泣く七歳のおしんを奉公に出す事に・・・
奉公先の材木店で朝から晩まで働き通しの毎日を送る彼女は、雪が溶けたら家に帰れると信じて辛い日々を耐え抜く
しかしある時、店の50銭銀貨が紛失してしまい濡れ衣を着せられたおしんは、雪が吹き荒れる天候の中、自分から店を出て行く・・・

言わずと知れたNHK連続テレビ小説『おしん』の映画化です

ストーリーは完成されていて文句の付けどころは無いが、父母役である上戸彩と稲垣吾郎は顔立ちが整い過ぎていてミスキャストとしか思えない
七歳の子供を口減らしの為に奉公に出す様な貧乏な家でありながら、上戸彩の眉毛なんて綺麗に整っていて、女優上戸彩がそのままヅラを被っただけと言う印象であり、リアリティに欠ける・・・

それに反して、おしん役の濱田ここねちゃん・・・
凄ぇええええ迫真の演技です
これで七歳ですか
この子は絶対に将来大女優になりますね 間違い無いです

ドラマ版のおしんである小林綾子や、母役の泉ピン子等、脇も豪華です
今回の母役が泉ピン子で無いと知った時は、絶対に虐める側の嫌な女役だと思ったんだが、全く逆の理解ある大奥様役でした

映画館ではあまり客入りは良く無かった様ですが、おそらくおしん役の濱田ここねちゃんの知名度では無いかと・・・
おしんは小林綾子でしょって言う固定観念がドラマを観ていた人には有り、全くの新人子役を使っての映画化は期待が低かったのかも知れません

しかし全くそんな事は無く、映画版のおしんならこの子しかいないでしょって〜のが俺の感想です
映画と言う短さの中ではおしんの虐められ度が少なく、ドラマほど辛さが伝わって来ませんでしたが、おしんの心情が表情から伝わって来て泣けました
七歳の子の表情では無いです

『少年H』の吉岡竜輝と同様に、今年の日本アカデミー賞新人俳優賞は納得です
観てない方は是非

2014年04月22日

悪いやつら

今日は『悪いやつら』を観ました〜



1982年、釜山の税関で検査課主任として勤務するイクヒョンは、夜の巡回中に大量の覚せい剤を見つける
密輸や賄賂が当たり前の税関内で、これまで彼も当然のように不正に手を染めながら家族を養ってきた
イクヒョンは覚せい剤の日本への密輸を思い付き、釜山の裏社会を取り仕切るヒョンベに取り引きを持ち掛ける・・・

『オールドボーイ』の頃のチェ・ミンシクはシブいオッサンだったんだが、10年経った今はただの腹の出たオッサンになってたのにまず驚いた
最初、チェ・ミンシクだと気付かなかった位だ
ハ・ジョンウは相変わらずの悪人面で、今回も悪い人です

しかし流石に名優チェ・ミンシクだけあり、彼の演じる主人公の小物っぷりと言ったら・・・
強い方へ強い方へと仲間を裏切りながら行きて行くその処世術は素晴らしいの一言
そんな役柄を見事に演じきっており、全く魅力もなく共感も出来ない主人公でした

ラストは人を裏切り続けて築いた地位に安穏としている所へ、過去に裏切った仲間の声が聞こえ終了〜
裏切りによる地位が終わりを告げるのを彷彿とさせます

気になったのは暴力団同士の抗争なのに、バットを持って殴り込む所かなぁ・・・
普通は拳銃とか刃物じゃないの
落とし前は付けるけど命は取らねえとか、そう言う国民性なのか
だとしても、何かリアリティが無い様な気がしました

それ以外は完成度の高い面白い映画でした

2014年04月21日

最新刊

最近お気に入りの漫画家『宮原るり』の最新刊『僕らはみんな河合荘 5』が発売されてたので買って来た



絵柄と言い、ギャグセンスと言い、今一番好きな漫画家だなぁ・・・
小説でも漫画でもそうだけど、話題の作品ってより作者の名前で買う方なので、好きになるとその人の本ばっかり買ってしまう・・・
宮原るりの他の作品も大人買いで全部揃えたよ

2014年04月20日

一人鍋

暖かくなって来てジャンバーがいらない季節になりましたが、今夜の夕飯は鍋です

1_20140419162544072.jpg

今日は一人の夕食なので、何でも良いやと思ってゴソゴソしてたら、鍋ツユの素やマロニーちゃんやらの残り物が・・・
冷凍庫にはタラと鶏つくねが凍ってる・・・
豚バラ肉もあった

IHに鍋を置いて、適当に放り込んじゃえば良いだろって感じで、この暑いのに鍋の夕飯です
まぁ面倒が無くて良いよね
一人なので肉も魚もパックのままテーブルに出して、そのまま放り込んじゃうだけ
子供と食う時はちゃんと肉も野菜も切ってザルに置いてテーブルに出し、見た目も気にするのだが、一人だから気にしな〜い
こう言う時の為に一人用の鍋を買っといたんだ

晩酌もウィスキーをロックで

1_20140419162701560.jpg

ジャック・ダニエルを飲む時にいつも思うのは『old No,7』の表記・・・
創始者ジャック・ダニエルが名付けたらしいが、意味を説明しないまま死んじゃったのでいまだに謎らしい

ウィスキーに合うつまみって言ったらチョコとかサラミとかチーズなんかが一般的ですが、ところが鍋にも合うんだなぁ・・・
和食とウィスキーって〜のが中々美味いのですよ
俺だけか

夕食も終わり、片付けたら洗い物が箸と取り皿と鍋とグラスだけ
IH調理器を片付けて5分で終了〜

料理は好きなので時間が掛かるのは構わないのだが、とにかく洗い物が嫌い
今日は用意も片付けも簡単でしかも美味しい最高の夕飯ですな
一人の時は真夏でも鍋にしようかなとふと考えちゃったよ

2014年04月19日

自殺サークル

今日は『自殺サークル』を観ました〜

138380_01_convert_20140416164104.jpg

新宿のプラットホーム・・・楽しげにおしゃべりをする女子高校生の集団
電車がホームに入ってきた瞬間、彼女たち54人の女子高校生たちは手をつないだまま飛び降りた
同じ頃、各地で集団自殺が次々と起こり始める・・・
“事件”なのか“事故”なのか、迷う警察
そんな中、警視庁の刑事・黒田のもとに次回の集団自殺を予告する電話が入る
本格捜査に切り替え、集団自殺をくい止めようとする黒田たちの奮闘も虚しく、再び都内のあちこちで壮絶な連鎖自殺が続発する
そして、落胆し帰宅した黒田を待っていたのは凄惨な家族全員の自殺現場だった・・・

園子温監督の初期の作品ですが、ハッキリ言って訳が分からない映画です
犯人は 動機は 色々な謎があり、それらを解明して行くのかと思えば、謎は謎のままで投げっぱなしで終了です

ただ、謎の子供達と謎のメッセージと言い、解る人には解る深い意味があるのでしょうが、理解出来ない人には何が何やらサッパリです
理解出来る人に説明してもらえば『なるほど、そうだったのか』となるのかも知れません
何たって園子温監督ですから単なる駄作では無いと信じたい

しかしそんな説明をされなきゃ理解出来ない世界観では、一般受けはしないし、解らない人は置いてきぼりだからなぁ・・・
曖昧なラストで、その後は観客が想像する・・・
みたいな作りは俺が一番苦手なジャンルであり、ラストはハッキリスッキリしてるのが好ましい
と言う訳で、俺には向かない映画でした

2014年04月18日

9000マイルの約束

今日は『9000マイルの約束』を観ました〜

141960_01_convert_20140415214459.jpg

家族と再会するため、3年がかりでシベリアから祖国ドイツまで歩き続けた男の不屈の実話を映画化した物語

第二次大戦後、シベリアの強制収容所に送られたドイツ人捕虜クレメンス・フォレル・・・
飢えと寒さ、過酷な労働で仲間が命を落としていく中、彼はドイツ人医師の協力を得て脱出に成功
愛する家族との再会を信じ、祖国ドイツを目指す・・・

戦犯として送られたシベリアの強制労働は厳しく、愛する家族に会う為に脱獄する主人公だが、9000マイルを歩いて帰るって無茶でしょ
計算してみたら14,481kmですよ
日本列島の長さが3,000kmですからねぇ・・・約5倍弱もあります

全行程を歩いた訳ではありませんが、それにしても3年もの歳月を追手を避けながらですから想像を絶する道のりだったでしょう

道中出会う人達が親切過ぎるのが気になったのだが、本当にノンフィクション
その辺は脚色なのかな

舗装された道でも14,000kmを歩いて帰ろうなんて思わないのに、食料も無いシベリアの地を歩いて帰ろうとする執念は凄いと思うが、こんな過酷な旅を2時間40分にも及ぶ映画で観るのはこちらも疲れました

戦争に行く前に娘に『クリスマスまでには帰る』と約束し、3年後のクリスマスの夜に帰って来たのはちょっと感動しましたが、それは出来過ぎだろ

実話なので多少脚色しないと映画化出来ないんだろうが、それにしてもご都合主義と尺の長さをもう少し考えるべき映画だろうと思ったよ
面白く無い訳では無いけど、長過ぎてちょっと疲れます

2014年04月17日

中学生丸山

今日は『中学生丸山』を観ました〜

fe72c79a0fe4b6095ba7d203927200b0_convert_20140413170419.jpg

思春期を迎えた中学生・円山克也は、ある目的のために柔軟な体が必要だと判断し自主トレに励むうちに、妄想の世界にトリップするようになってしまう
そんな時、同じ団地に謎めいたシングルファーザーの下井辰夫が引っ越してくる
ある日、近所で殺人事件が起こり、克也は下井が犯人ではないかと妄想し始め・・・

久しぶりに最低な映画を観た感じです
ストーリーも駄目、オチも駄目、何もかも駄目

脚本・監督がクドカンなので期待して観たんだが、クドカンは当たり外れが激し過ぎるな
今まで数百本の映画を観て来たが、その中で一番面白く無かったのが『真夜中の弥次さん喜多さん』と言う映画で、後にも先にも途中で観るのを止めたのはこれ一作だけです
そのくらい面白く無かったのだが、その監督がクドカンだった

当然クドカンって監督は駄目だなと思っていたのだが、その後『舞妓Haaaan!!!』『少年メリケンサック』『なくもんか』と傑作が続いているので、クドカンに対する認識を改めていたのだが、今作でまた・・・

でも最近だと『謝罪の王様』は面白かったし、現在公開中の『土竜の唄』も面白そうである
どうも落差が激しすぎて、評価が難しい監督だね
今作は完全に観るだけ時間の無駄なので、絶対にお勧めしません

ところでこの主人公である平岡拓真ってのは、うちの息子の友人なんだそうで、前から友人に俳優をやってるのがいるとは聞いていた
初めて知ったのは『おおかみこどもの雨と雪』で、声優として出ていると後で息子に聞いた
久しぶりに泣いたアニメだったので、それに声とは言え出ているとは感心したものだった

で『中学生丸山』を観てみたら、当のその子が主演じゃん
クドカン監督であり、息子の友人が主演と言う事もあり期待してたんだがなぁ
しかしこの映画は出演者には罪は無い
完全に脚本の失敗であり、仲村トオルをはじめ有名どころが出演していてこの出来では、完全にクドカンの失敗である

草彅剛は相変わらずの大根なのでもう諦めたが、他の役者さんは可哀想に・・・
そう言えば『あまちゃん』の脚本もクドカンかぁ・・・
同じ脚本家でここまで落差の激しい人は珍しいね

2014年04月16日

スパイな奴ら

今日は『スパイな奴ら』を観ました〜

img_7_convert_20140412175613.jpeg

韓国に潜伏する北朝鮮スパイが久しぶりの任務に悪戦苦闘するスパイアクション
潜伏先の韓国で10年間も指令がなく、今では家族を養うために働き、一般人のような生活を送っている北朝鮮スパイ4人だが、そんななか突然、韓国へ亡命した北朝鮮長官の殺害命令が出され、4人は上司から緊急召集される

久しぶりの指令に戸惑い、ドタバタとするスパイのコメディ映画ですが、後半のアクションは中々見応えがあり楽しかった
余りに潜伏先に馴染み過ぎた為に、隠しておいた武器の場所さえ忘れてしまっているのには笑いました

スパイと言う職業柄、それぞれの得意分野を生かして活躍するのかと思ったらそうでも無いし、こんなスパイなら一般人とそう変わらないよな
10年間ダラダラしてたが、久しぶりの指令で本領発揮
でもツメが甘くドジっちゃう・・・みたいな感じだともっと面白かったかも

TUTAYAでのみレンタル出来る作品です

2014年04月15日

凶悪

今日は『凶悪』を観ました〜

1_convert_20140411163424.jpg

ある日、ジャーナリストの藤井は、死刑囚の須藤が書いた手紙を持って刑務所に面会に訪れる
須藤の話の内容は、自らの余罪を告白すると同時に、仲間内では先生と呼ばれていた全ての事件の首謀者である男の罪を告発する衝撃的なものだった・・・
藤井は上司の忠告も無視して事件にのめり込み始める・・・

実際にあった事件を基にした社会派サスペンスであるが、何と言っても必見なのはリリー・フランキーとピエール瀧の怪演である
作品自体も今年の日本アカデミー賞優秀作品賞を受賞しているし、リリー・フランキーとピエール瀧は二人ともこの作品で優秀助演男優賞を受賞している
一応主役は山田孝之なのだが、この助演二人無くしては成り立たない映画である
この二人が俳優が本職ではないのが驚きであり、勿体無い話だ

生活苦の為に自分の父親を殺してくれと頼む者、介護に疲れて『早く死ねば良いのに・・・』と思ってしまう者・・・
色々な理由で殺し、殺されて行く・・・
人間がこんなに非道になれるのかと、観終わった後は確実に暗い気持ちになりますが、一見の価値のある映画です

2014年04月14日

ダイアナ

今日は『ダイアナ』を観ました〜

1_convert_20140410165347.jpg

1995年、ダイアナが夫のチャールズ皇太子と別居してからすでに3年の月日が過ぎようとしていた
ある日、彼女の良き友であり、治療師でもあるウーナの夫が倒れたと連絡が入り、ダイアナは急いで病院に駆け付ける
そこで彼女は、優秀な心臓外科医ハスナットと出会う・・・

故ダイアナ妃がチャールズと別居、離婚して不慮の事故で亡くなるまでの物語ですが、これが真実ならダイアナ妃はただの我がままな女性であり、とても一国の妃となる器では無かったのではないかと・・・

積極的な慈善活動を行っていたダイアナだが、それらは脇に追いやられ、ダイアナの我がままな恋を主軸にしただけの恋愛映画でしかありません

そもそも離婚後も世界中の人に愛されたダイアナを、この様な映画にしてイギリスの人達は受け入れるのかなぁ

多くの人はダイアナの映画なら、未だ謎の残る死の原因を追及しているのかと期待しているのじゃないかな
その辺にも全く触れてないので、実在の人物を題材にした映画としては失敗だね
ナオミ・ワッツが結構ダイアナに似てるのは良かったが、ダイアナの残した功績などにはほとんど触れず、恋愛話ばっかりなので、ダイアナが好きな人は観ない方が良いかもね

2014年04月13日

ボーイ・ジョージ

高校生の頃、カルチャークラブが大好きでした
て言うか、ボーイ・ジョージが大好きだった 変な意味じゃないよ

1_convert_20140410135248.jpg

でもロック・イン・ジャパンで初めて生ボーイ・ジョージを見た時の感想は、ただの太ったオッサンでした
TVやPVで見るボーイ・ジョージはあんなに綺麗なのに、実物はドラえもんの様な体型でビックリしたのを覚えています

しばらく前にネットで現在のボーイ・ジョージを見てみたら、著しい劣化状態であり、正に百年の恋もさめる状態
芸能界を引退すると劣化するのは芸能人の常ですが、これはヒド過ぎだろ

79cb2c019081b6cebcf721e50b6cec19_0_convert_20140410135202.jpeg

その後、俺の中で完全に過去の人になったボーイ・ジョージだが、今年になって新曲を出したそうな・・・
何と18年ぶりの新曲と言う事なので、過去の人ではあるがちょっとネットで調べてみたら、いつの間にやらまたイケメンに戻ってるぞ

music140116_boy-george_main_convert_20140410135639.jpg

新曲も聴いてみたが、往年のボーイ・ジョージの声ではあるが、少しオヤジっぽい声になった感じでそれもまた良し

昔のボーイ・ジョージを知ってる方は観てみて下さい

新曲PV

昨日のヘッドライトに続き、今日はハイビームのバルブを交換します
ハイビームなんて滅多に使わないから純正のままでも良いんだが、ここまでやったら全部真っ白にしましょって訳で、CAR MATE製の『THE BLUE 5400K』を購入

BD628-500.jpg

ノーマルハロゲンのハイビームを点灯してみると、やはり色の差が歴然で格好悪い〜〜

1_2014040923190479d.jpg

まずは助手席側のハイビームを外す・・・
形状はHB3です
いつも助手席側からだが、フーガの場合、ヘッドライトにしてもフォグランプにしても、絶対に助手席側の方が簡単なので、とりあえず助手席側からって事で

1_201404092323093a6.jpg

ノーマルバルブと交換するバルブ

1_20140409232555928.jpg

ノーマル状態で外から見るとこんな感じ

1_20140409232852222.jpg

『THE BLUE 5400K』を入れるとこんな感じになり、点灯していない状態でも綺麗です

1_2014040923322124c.jpg

助手席側だけ交換した状態で点灯
やはり色の違いが一目瞭然
ノーマルバルブの方が明るく見えますが、単に写真の撮り方が下手なだけで、肉眼で観ると全然違います

1_20140409234047fae.jpg

次に運転席側ですが、案の定せまくて手が入らず、何とか交換しましたが出血大サービスになってしまった

1_20140409233624e3b.jpg

交換終了〜
ヘッドライト・フォグ・ウィンカー・ハイビームを一斉に点灯してみました

1_20140409234529bc8.jpg

やっぱり明るいとイマイチ綺麗さが分からないなぁ・・・
てな訳で、暗くなってから撮り直してみたんだが、これはこれで何だか分からんね

1_201404092349112b2.jpg

これにてライト周りは全て交換完了し、インテリアも全てLED化したので『FUGA ホワイトニング計画』はひとまず終了です

1_20140409235835e5f.jpg

なんだかんだで結構お金掛かったなぁ・・・

FUGA ホワイトニング計画も佳境に入って来て、今回は計画のメインとも言えるヘッドライトのバーナー交換をしました

純正のHIDはおそらく4200K程度だと思われ、何だか黄色っぽくて格好悪い

1_2014040922025288c.jpg

で、純白の光にすべく6300KのHIDを購入して来た
本当は8000K位にしたいのだが、何たって交換が面倒なので車検に通るであろうギリギリの6300Kをチョイスした

1_20140409221248e67.jpg

さて交換の前に、ジャッキアップしてタイヤをはずし、フェンダーの内張りを剥がして・・・あ〜〜〜面倒臭ぇ・・・
やっぱりフォグランプと一緒にやれば良かった

過去log

何でこんな面倒な作りになってんだろ

で、フェンダー内張りを剥がすとこんな感じでヘッドライト裏側が見えます
この黒い蓋を外すとヘッドランプとご対面〜

1_20140409223005fdb.jpg

銀色のコネクターを外すとバーナーが見えます

2_20140409223005f8e.jpg

買って来たバーナーなんだがD2S/R兼用のバーナーなので、D2Sのフーガに使うにはシェードを外してやらないといけません

1_20140409223755f37.jpg

精密ドライバーでシェードを外して準備完了
左が純正で、右が6300Kのバーナーです

1_201404092240355d0.jpg

純正バーナーを外し、6300Kのバーナーと交換

1_20140409224748adb.jpg

助手席側だけ交換した状態で点灯してみたんだが、まだ外が明るいので分かりづらい・・・
でも明らかに色が違うのは分かります

1_20140409225210ec7.jpg

両方とも交換終了〜

1_2014040922584609f.jpg

少し薄暗くなって来たのでだいぶ綺麗に見える
フォグとの色の差も無くなって良い感じだ

ハイビームも交換する予定だったが、暗くなって来たので明日のお楽しみに取っておこう

2014年04月10日

デコポンサワー

デコポンが安かったので買ってみた

ちゅ〜か、デコポンって食べた事無いんだけどこんなに柔らかいモノなの
何かイメージ的には夏ミカンみたいな感じで固いのかと思ってたんだが、普通のミカンみたいだ

とりあえず食べ方が分からないので、絞って焼酎と混ぜてみた

1_2014040921490198d.jpg

う〜〜ん・・・微妙・・・
マズくは無いが、いまいちパンチが無いと言うかハッキリしない味だ・・・
そのまま食べた方が美味しいかもしれないなぁ・・・

やっぱり焼酎にはレモンやグレープフルーツが合うね

今日は『劇場版 ATARU ‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐』を観ました〜

20131020_523250_convert_20140408172829.jpg

ある日、アタルやラリーが所属するFBI組織・SPB爆破事件が起きる
同じ頃、東京でも電車の送電線破裂事件が起こり、車椅子の女性管理官・星が捜査の指揮を執ることになる
沢ら警視庁捜査一課の刑事たちが捜査に臨む中、アタルとラリーも帰国して捜査に加わるが・・・

サヴァン症候群がもたらす特殊能力を備えた男が、事件を解決して行く物語・・・
らしいので、面白そうだと思って観てみたんだが、やっぱりTVドラマの映画版なんだねぇ
まぁタイトルが『劇場版』となってるのでそうかもとは思ったんだが、ドラマを映画化すると観た事がない人でも分かる作りになってる事が多々あるので、とりあえず観てみたが、ドラマを観てないと分からない様な箇所が多々あり、ちょっと意味不明なシーンが多かったのは残念です

特に主人公ATARUの過去や経歴、チョコザイ君と呼ばれてる理由等、ドラマを観てない人は完全に置き去りです

ストーリーは中々面白かったんだけど、分からない点が多すぎて消化不良でした
だからと言ってTVドラマを観る気にはならんしなぁ・・・
TVドラマっちゅ〜か、TV自体をほとんど観ないので流行には遅れ気味な俺です

『あまちゃん』とか『半沢直樹』とか有名なドラマは知っているが、知ってるだけで観た事は全くありません
夕飯時の19時〜20時位しかテレビは観ないもんなぁ・・・
TV観るくらいなら読書やDVDで映画観てる方が好き

人気ドラマを映画化する時は、全く観た事がない人にも分かる作りにしてくれると有難いなぁ・・・

2014年04月07日

謝罪の王様

今日は『謝罪の王様』を観ました〜

eb4bd3284a1c69f28c733de2a5875089_convert_20140406173736.jpg

依頼者たちに代わって謝ることで、彼らが抱える多種多彩なトラブルを収束する東京謝罪センター所長、黒島譲
ヤクザの車と追突事故を起こし、法外な賠償金の支払いを迫られていた帰国子女・典子は、彼に助けられたのがきっかけでセンターのアシスタントとなる
二人は、セクハラで窮地に陥った下着メーカー社員の沼田、あるエキストラの起用で外交問題を起こしてしまった映画プロデューサー・和田など、さまざまな顧客に降り掛かる問題を謝罪で解決していく・・・

阿部サダヲとクドカンの映画はハズレも無くとても面白いのだが、今回は後半がダメダメだったなぁ・・・
張り巡らせた伏線を回収しながらのオムニバスは面白いのだが、後半は『ワキゲボーボー』の下りがしつこいし、ラストのE-girlsのPVは一体何・・・

意外に豪華な出演者達を探しながら、気楽に観るのがよい映画ですね

2014年04月06日

バッテリー

今日は『バッテリー』を観ました〜

2046432e_convert_20140406142910.jpg

野球にすべてを賭け、自分のピッチャーとしての才能に絶対の自信を持っている原田巧は、中学入学を控えた春休みに岡山県境の地方都市に引越す
引越し早々、巧はキャッチャーの永倉豪と出会い、バッテリーを組むことを熱望されるが、二人が入部した新田東中学の野球部は、監督に徹底的に管理されていた・・・

あさのあつこの同名原作を映画化したものですが、映画と言う時間制限の中では仕方無いのだろうが、登場人物の背景の描写が甘い為に、一人一人が薄っぺらになってしまい、誰一人として感情移入出来る人物がいなくて残念でした
せめてバッテリーの二人の過去くらいはもう少し掘り下げるべきでしょう

主演の林遣都なんて、とても小学校を卒業したばかりの中一になんか見えず、他にも中学生になんか見えないキャストがチラホラといて、どうにも映画に入って行けませんでした

原作もベタっちゃぁベタなストーリーだが、中学時代を思い出させる感情描写が見事であり、活字で読むにはとても良い作品です
それだけにもうちょっと頑張って欲しかった映画ですね

2014年04月04日

嫌われ松子の一生

今日は『嫌われ松子の一生』を観ました〜

1_convert_20140404183034.jpg

昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた
しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってしまう
その上ヒモを殺害して刑務所へ送られ、壮絶な不幸の連続にまみれた波乱万丈の人生を送ることになる・・・

何とも救いようの無い映画だよねぇ・・・
松子自身は幸せを感じている時期があるのだが、観ているこっちはあまりの不幸っぷりにドン引きです

転落、また転落、そして最後には殺害されてしまうと言う、どうにも観ているこっちが不快になる作りになってますが、勿論それを狙っての事なんだろうなぁ・・・

でも正直、2度目は観たく無い映画だね
映画の出来がどうこうじゃ無く、あまりの救いの無さに不快感しか残らない映画でした

2014年04月03日

キャプテンハーロック

今日は『キャプテンハーロック』を観ました〜

captain_harlock_blu_jacket_convert_20140330164908.jpg

銀河の果てまで移動が可能となった時代
開拓の限りを尽くし新天地を失った人類は、「戻るべき場所」となった地球の居住権をめぐって争いを始める

紛争を終息させる最終兵器として4隻のデス・シャドウ級宇宙戦艦が建造され、その4番艦の艦長としてハーロックが任命される
歴戦の勇士として名をはせた彼だったが、終戦を迎えると同時に戦艦と共に消息を絶ってしまう・・・
やがて、彼は巨大なドクロを艦首に刻んだ宇宙海賊船を操るキャプテンハーロックとなって姿を現し、地球連邦政府に戦いを挑んでいく

アニメのハーロックとは設定が違うので、俺もそうだが、アニメのハーロックが好きな人にはちょっと違和感があるかもしれない・・・
悪い意味で人間臭くなってるし、不死身の体って〜のもなぁ・・・
『限りある命、俺は俺の旗の元に生きる』って〜のがハーロックでしょ

しかし設定やストーリーはともかく、30億円も掛けて制作されたフルCGは美麗の一言です
映像の美しさは近年のCGアニメの中では群を抜いています

ハーロックの声が小栗旬って〜のはイマイチ・・・
悪くは無かったが、もうちょっと歳のいった渋い声を希望します

オリジナルの固定観念が強過ぎるので、俺みたいなオリジナル世代よりも若い人に受けそうだね
この素晴らしいCGの技術で、俺がこの世で一番大好きなアニメ『銀河鉄道999』を作ってくれねえかなぁ・・・

2014年04月02日

初恋のきた道

今日は『初恋のきた道』を観ました〜

e0292243_13214947_convert_20140329170345.jpg

都会からやってきた若い教師ルオ・チャンユーに恋して、その想いを伝えようとする18歳の少女チャオ・ディ
文盲のディは手作りの料理の数々にその想いを込めて彼の弁当を作った・・・
やがてその気持ちに彼も気づき、いつしか二人の心は通じ合う
しかし、時代の波「文革」が押し寄せ二人は離れ離れに
少女は町へと続く一本道で愛する人を待ち続けるが・・・

チャン・ツィイーのデビュー作でもあり、出世作でもあります
一人の人間を愛し、愛し続ける物語ですが、純愛とは正にこう言うことを言うのでしょう

彼が町へと帰ってしまい、村へ帰って来ると約束した日、少女は雪の中で朝から晩まで待ち続ける・・・
そのまま高熱で倒れるが、目覚めると町へ探しに行くと言って高熱のまま雪の中を町へ向かう・・・
しかし途中で倒れ、通りがかりの人に助けられる・・・

その他、少女の恋心を表すシーンが多々あり、胸が痛くなります
いい歳をしてこんな事を書いてるのも気恥ずかしいですが・・・

しかし中国映画なんてほとんど見た事無いんだよなぁ・・・
チャン・ツィイーは好きなので、彼女の出てる映画はそこそこ観るが、純粋な中国映画となるとハッキリ言って観た記憶が無い・・・

中国映画って始皇帝がどうしたとか、西太后がどうしたとか、日本で言う所の時代劇みたいなのばっかりじゃありません
今まで観たチャン・ツィイーの映画だって、香港やアメリカとの合作ばかり
グリーン・デスティニーとかラッシュアワー2とかね・・・

と言う訳で、もしかしたら人生初の中国映画かもしれない作品ですが、若かりし頃のチャン・ツィイーの可愛さはただ事では無く、ある意味ストーカーじみた純愛でも、こんな娘ならOKさって感じ

若い頃を演じたチャン・ツィイーも良かったですが、結婚し歳を取り、旦那さんが亡くなってしまったシーンのおばあちゃんも最高でした
死んだ旦那さんとの思い出の場所から離れられず、2日間もそこから動かない・・・
みかねた村長が町へ出た息子に連絡を取り、息子が来るまでそこを動かなかった
正に純愛

中国なんて他所の国のパクリしか出来ない国だが、こんな映画も作れるんじゃん

2014年04月01日

ガリガリ君

またまた出ましたガリガリ君のキワモノ味・・・
なんと『ナポリタン味』です

1_20140329140839dfc.jpg

開けた途端に漂う嫌な匂い・・・
一口かじると甘みと塩味とピーマン臭が口の中に広がり、激マズ

どんなにマズくても食べ物を捨てる事が出来ない性格なので、頑張って食べ進めてみると何やら変な食感が・・・
中に何やら柔らかい物体が入っているんだが、これはトマトのゼリーらしい・・・
シャリシャリのアイスバーを食ってて、突然歯に当たる柔らかい感触・・・
味・匂い・食感・・・全てにおいて最悪
子供が自宅で遊びで作ったってもうちょっとマトモな味になるんじゃん

そもそもナポリタン味のアイスを作ろうって考えが理解出来ん・・・
じゃあ買うなよって話だが、日本人はもれなく限定って言葉に弱いからしょうが無いんだな

それでも2本目を買う人はいないだろうから、レギュラーにはなれる訳が無いが

プロフィール

mayu

Author:mayu
出身地  /江戸
血液型  /几帳面なA
趣味   /バイク・料理・映画
特技   /飲酒

御来場有難う御座います!

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新コメント
カテゴリ
リンク
過去Logを検索

月別アーカイブ