MayuLog。

我が家のニュース・Macな事・バイクの事等を気の向くままに書いて行くぞ! 気の向いた時にヌルッと更新!(^^ゞ

 

今日は『俺はまだ本気出してないだけ』を観ました〜

__convert_20131230212752.jpg

42歳でバツイチ子持ちの大黒シズオは、「本当の自分を探す」という理由で会社を辞めるが、毎日朝からゲームをしてばかり
高校生の娘に借金し、バイト先ではミスを連発するダメダメな日々を送っていたシズオは、ある日突然、漫画家になると宣言するのだが・・・

見た目も中身もダメな中年男が奮闘する姿を描いた、青野春秋の同名人気漫画の映画化です

まぁそれなりに真面目に仕事に行ってると思っている自分からすると、かなりイライラする主人公です
しかもリアルにいそうなのが恐い

それでも笑って泣けて、テンポ良くストーリーが進むのでそこそこ楽しめました

こんな大人にだけはなりたくねえなぁと本気で思ったよ

今日は『リアル 〜完全なる首長竜の日〜』を観ました〜

20131217201057_convert_20131229161617.jpg

自殺未遂が原因で1年も眠り続ける幼なじみであり恋人の淳美を救い出すため、浩市は昏睡状態の患者と意思の疎通が可能となる先端医療・センシングを受けることに
センシングを繰り返し淳美の潜在意識に接触していくうちに、浩市は不思議な光景を見始めることになる
現実と仮想の境界が崩壊していく中、浩市は淳美と幼少時代を過ごした島へと足を運ぶ・・・


乾緑郎によるSF小説で、第9回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞受賞作・・・

原作は読んでないが、大賞受賞作を映画化してこの出来
ハッキリ言って映画としては最悪の出来ですな
原作の大賞受賞って〜のが怪しく感じるよ
裏金とかゴリ押しとかあったんじゃねえの

自殺の真相は陳腐だし、なぜ首長竜が出て来て大暴れするのか分からない・・・
恋愛映画なのか、ホラーなのか、恐竜映画なのか、あまりに奇天烈な世界観に全くついて行けません
途中で携帯をいじりだしてしまう程退屈でした

豪華俳優陣を使ってこんな映画じゃ興行的に大失敗だろうなぁ・・・
映画館で観た人は後悔する事だろう・・・

綾瀬はるかと佐藤健の無駄遣い映画ですな

今日は『グーグーだって猫である』を観ました〜

r088295217L_convert_20131228180030.jpg

大島弓子の同名の自伝的エッセー漫画を映画化した、人間ドラマ
愛猫を亡くした天才漫画家と、彼女を取り巻く人々の何気ない日常を描く・・・


キョンキョンが出ている以外は、何の魅力も感じない映画でした

タイトルからして猫の映画かと思えば猫はほとんど関係無いんじゃんって感じだし、漫画家とそのアシスタント達以外の登場人物がサッパリ意味が分からない・・・
突然和解する女達や、謎の英語教師・・・
特にこの英語教師は何の為にいるのか、シュールすぎて訳が分からん・・・

後半は猫のグーグーは脇役扱いである・・・
原作者の自伝らしいが、先住猫が死んじゃったらすぐにグーグーを買って来てしまうあたり、猫なら何でも良いんじゃん

山場も無ければオチも無い、退屈な映画でした

2013年12月28日

仕事納め

今日で今年の仕事は終わり、明日から冬休みです

休み中に宝くじが当たり、そのまま一生冬休みの予定なのだが上手くいくか

今年も色々あったけど何とか無事一年が終わりそうです・・・
来年は良い年であります様に・・・

2013年12月25日

フェーズ 6

今日は『フェーズ 6』を観ました〜

fe-z61_convert_20131224180429.jpg

致死率100パーセントのウイルスがまん延する世界で、感染を免れた4人の若者たちが、極限状況下で狂気に侵されるパニック・スリラー

治療薬がないウイルスに侵され廃虚のようになった街を出るため、お調子者の兄ブライアンと、心優しい弟ダニーの兄弟は、仲間とともに海岸を目指して車を飛ばしていた
やがて、4人のうち1人がウイルスに感染していることが発覚すると、ブライアンは次第に本性を表わし始め・・・

感染を免れた4人の若者が、思い出の地であるメキシコ湾のビーチへ向かう道中のストーリーですが、途中で仲間が感染し、人間愛を取るのか、非情にも切り捨てるのかと行った心理描写がメインストーリーです

二人が生き残り目的地へと辿り着くが、結局そこにも何も無く、人間性を捨ててまで生き残った価値があったのかと言う感じのラストです

ヘタなゾンビとかが出る訳じゃ無く心理描写に重点を置いた中々良く出来た作品でした

ただウイルスの正体や、なぜ感染が広がったのかと言う描写が全く無いので、そこだけがスッキリしないし、結局ラストも何の希望も持てない終わり方だったのが残念かな

パンデミックものの中ではかなり面白い映画だと思います

2013年12月24日

CUBE ZERO

今日は『CUBE ZERO』を観ました〜

f0054295_19403761_convert_20131223154020.jpg

時系列的には『ZERO』と銘打っている通り、一番最初のお話しになりますが、公開順で行けば『CUBE 3』という事になります

1、2と観て来て、サッパリ意味の分からない映画でしたが『ZERO』でいくらか理解出来ました

CUBEに放り込まれた理由や造った側の描写があったのは良かったですが、CUBEの謎解きはやっぱりついて行けず、何でそれで安全とかが分かるのかサッパリです
俺の頭が悪いだけなのか

『ZERO』の主人公が1の精神障害者だったと言うのは面白かったが、演者さんが違う為に違和感が・・・
同じ人でやればもっと面白かったんじゃないかと思うのだが、結局はシリーズ通してB級の匂いは拭えませんな

3作通して5時間弱・・・
時間を無駄にしました

2013年12月23日

ふんわり鏡月

CMで見た『ふんわり鏡月』が美味しそうだったので買ってみた

1_20131223131202171.jpg

アセロラは前からあって、今回は柚子が新発売されたとの事なので両方購入

要するに味のついた焼酎である
お勧めの飲み方はロックと書いてあるのでその通りにロックで飲んでみた

アセロラの方は良い匂いがしてまあまあって感じなんだが、柚子の方はベタベタと甘くて気持ち悪い

ちゅうか、これ薄く無いか
焼酎だから25度なんだと勝手に思ってたんだが、ラベルを見たら16度しかないや・・・
甘い味付けなので、もう少しアルコールがガツンと効いてないとちょっと後味が・・・

特に柚子の方は俺にはちょっと甘すぎて飲みきる自信が無いので、これに焼酎を追加し、ソーダかなんかで割ったら良いかもしんない
焼酎の焼酎割りですな
てか、そのくらいしないとマジで飲めない位に甘いです
女の人は好きそうな味ですけどね

匂いは良いんだけどねぇ・・・
なのに果汁ゼロって、香料って凄いな

2013年12月21日

雹が降って来た

昨日は仕事中に雹が降って来て、作業中だったので逃げる事も出来ずに雹に打たれながら仕事したよ

その後は雨になり、雪が混じっていて寒いのなんの・・・

雨がやんだ後にでっかい虹が出てたので撮ってみた

1_20131223134626a51.jpg

写真だと分かりづらいが、マジででっかくて、しかもハッキリとしていて凄く奇麗な虹でした

2013年12月20日

CUBE 2

今日は『CUBE 2』を観ました〜

rEKsrM9VLqivmweucjvWPko3Nfd_convert_20131217180018.jpg

先日観た『CUBE』が訳分からなかったので続きを観てみたんだが、2と銘打っていながら前作とは全く繋がりが有りませんでした

前作も素数やら因数分解やらが出て来てチンプンカンプンだったのに、今作は量子力学とかが出て来てますます訳が分からない事に

隣接する部屋とハッチで繋がっているのだが、隣の部屋に入るといきなり重力の向きが違ったり、時間の進み方が違ったり・・・
なので死んだ人間に出会ったり、別の時間の自分に出会ったりともう何が何やら・・・

しかし今作ではCUBEを作ったと思われる企業の様な物が出て来たので、次の『CUBE ZERO』で全てがハッキリするのでしょう・・・たぶん・・・

『CUBE ZERO』でラストらしいので頑張って観たいと思います
今現在で3部作が全て揃ってるから観る気になってるが、これが公開順に観るんだったら『CUBE』で挫折してるな・・・
訳が分からなくてとても次回作を観ようなんて思わないだろう・・・

でも一般の評価は何気に高いんだよなぁ・・・
俺だったら他人には薦めないなぁ

2013年12月19日

コストコ Life

コンビニでコストコの本が売ってたので買ってみた

1_201312171557509fb.jpg

そう言えば最近はコストコに行って無いなぁ・・・
とっくに会員期限は切れてるので行く時は入り直しになるが、会費を払ってでも行く価値は十分に有るのでそれは構わないのだが、とにかく何を買っても大きくて大量なので、家の中の食品から生活用品まで全て空にしてから行かないと帰って来てとんでもない事になる

大量な分安いのだが、冷蔵庫に入りきらなくて無理矢理食うハメになったりしてるので本末転倒である

今日から買物を止めて冷蔵庫の中の物だけでやりくりし、年末あたりに行って来るかなぁ・・・
でも混むんだろうなぁ・・・

いつも行くのは幕張店なのだが、埼玉県の三郷に新店舗が出来たのでそっちに行ってみたいな
品揃えが違ったりするのかなぁ・・・

2013年12月18日

湯たんぽ

最近寒い日が続くので湯たんぽを買ってみた

1_20131216215124ef8.jpg

エアコンも有るしヒーターも有るのだが、部屋が乾燥して喉がガラガラするし、電気代や灯油代もバカにならないので湯たんぽはどうだろうかと思って買ってみた

お湯を入れ、寝るちょっと前に布団に入れといたんだが、これがなかなか良い感じ

布団の中がポカポカして暖かくて気持ち良い
てか、暑過ぎる位で、ある程度暖まったら布団から出しちゃったよ
夜中に寒くなって来て、布団の外に放り出した湯たんぽを触ってみたらまだ熱々
もう一度布団にいれ、ぬくぬくと朝まで熟睡

さすがに朝にはぬるくなってたけど、それでも冷たいって感じじゃ無く、ぬるま湯って感じ
単なるポリタンクの様だけど、結構保温性があるんだねぇ・・・

エコだし、喉も痛くならないし良い事尽くめだ
昔の人の知恵は素晴らしいね

2013年12月17日

CUBE

今日は『CUBE』を観ました〜

img_320530_9014368_0_convert_20131216155422.jpeg

目が覚めると謎の立方体に捕らえられていた6人の男女・・・
誰が何の目的で閉じ込めたのかも分からないまま、彼らは死のトラップが張り巡らされたこの立方体からの脱出を試みる

登場人物6人と、キューブ状の部屋しか出て来ない低予算映画ですが、そこそこ面白かった
15年も前の映画なので設定の粗さが見受けられますけどね

部屋に罠が仕掛けられているか確認しながら部屋を移動するのだが、部屋の入り口に書かれている3桁の数字が素数だとか、因数分解をすると答えが分かるだとか、数学の苦手なオイラにはチンプンカンプンです

劇中で何やら色んな計算をして謎を解いて行きますが、観ていても本当に合ってるのか分からないので緊張感に欠ける・・・
数学に詳しい人なら分かるのかも知れないが、分からない俺にはその計算じゃ駄目だろみたいな突っ込みどころすら無く、ただ登場人物の謎解きを眺めてるだけ・・・
結局何かが間違ってるらしく、一人づつ死んで行きます

ラストは何とか脱出と相成りますが、結局この部屋を作った目的や、放り込まれた人達の人選の理由がサッパリ分かりません・・・

『CUBE 2』『CUBE ZERO』と続いているので、続けて観てみたいと思います

2013年12月16日

褒状

20年勤続という事で、会社の所在地である江東区から『褒状』なるものを頂いたのだが、何だこれって感じ・・・

1_20131215224224839.jpg

会社の仲間に聞いた所、10年勤続の時にも貰った筈だと言われたのだが、全く記憶に無い
元々、表彰状だとかに全く興味が無いので、そんなものより記念品はなんじゃらほいって感じですね
早速開けてみたら、べっ甲の耳かきが一本・・・
ショボッ・・・
何だよ期待してたのに〜

2_2013121522422493d.jpg

商品券とか現金でお願いしますよ、江東区長

てか、10年の時って何を貰ったんだろ
表彰されたって記憶すらないんだが・・・
聞いた所によると『印鑑ケース』らしいのだが、そんなもんウチに無いなぁ・・・
捨てちゃったのかなぁ・・・
でもマジで記憶に無いんだよなぁ・・・
まぁ印鑑ケースなんていらないけどね

30年の時は是非商品券で

2013年12月15日

爪が・・・

仕事中に指をちょっと挟んでしまった・・・

1_20131215222150d5f.jpg

内出血して爪の中が真っ黒に・・・
しばらくしたら爪の先っぽがプカプカと浮いて来たので、我慢出来る限界まで爪を持ち上げてみたら、中に溜まってた血が大出血
風呂に入ってきれいに洗ったら普通の爪の色に戻ったぞ

1_20131215222701d7b.jpg

しばらくしたら爪が剥がれ落ちた・・・

1_20131215221923e08.jpg

剥がれるまで結構時間が掛かったが、痛みも無くポロッと取れた

2_20131215221923ecf.jpg

根元から新しい爪らしきものが生えて来ているのだが、我が指ながらグロい・・・

3_20131215221922e46.jpg

一生のうちに爪がそっくり剥がれる事なんて何回あるんだろう・・・
そう考えると貴重な気がするので、抽選で一名様に剥がれた爪をプレゼント
奮ってご応募下さい

2013年12月10日

2014 カレンダー

敬愛する浜田省吾の2014年度版カレンダーを購入しました
11月初めには注文したのに、今頃になってやっと到着です

2_20131210164650ef2.jpg

勿体無いのでまだ未開封ですが、表紙だけでも格好良い〜〜

1_201312101646504f3.jpg

今年はツアーも参加出来たし、割と良い年だったかな
来年も良い年だと良いなぁ・・・

2013年12月09日

船を編む

今日は『船を編む』を観ました〜

136511484419813203549_convert_20131209165154.jpg

玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、独特の視点で言葉を捉える能力を買われ、新しい辞書「大渡海」を編纂する辞書編集部に迎えられる
個性的な編集部の面々に囲まれ、辞書づくりに没頭する馬締は、ある日、林香具矢という女性に出会い、心ひかれる・・・
言葉を扱う仕事をしながらも、香具矢に気持ちを伝える言葉が見つからない馬締だったが・・・

2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化した作品です

ストーリー的には先の展開が読めてしまう定番な作りですが、辞書ってこんなに時間がかかって、こんな風に作ってるんだと言う、普通の人には一生解らないであろうモチーフが面白かったです

夫を支える妻の宮崎あおいが最高です

2013年12月05日

桜、ふたたびの加奈子

今日は『桜、ふたたびの加奈子』を観ました〜

1362783824_convert_20131203203404.jpg

娘の加奈子を事故で亡くした容子は、自分を責め続け、もう存在しない容子が見えると言って世話を焼くようになる
夫の信樹は、そんな妻を救い出したいと願いながらも、現実を受け入れ、前を向こうとしない容子にいら立ちを募らせていく・・・
そんなある日、容子はシングルマザーとして子どもを産む決意をしていた女子高生に出会い、その子どもが加奈子の生まれ変わりに違いないと確信する

淡々と進んで行くストーリーの随所に伏線が張られており、割と良く出来た映画でした
前半はあまりに淡々と進んで行くのでちょっとダレますが、後半は伏線を回収しつつ、子供のいるお母さんは号泣必至な作りになっています

我が子の死と、生まれ変わりが現れると言うのが本筋ですが、挿入されている音楽がいちいち重苦しくて、映画全体が暗い雰囲気になってしまっている
明るいストーリーでは無いが、ちょっと重々し過ぎるのでは無いか・・・

現代のベートーベンと言われる、佐村河内 守の曲なんだが、ちょっとストーリーとは合ってない気がしたなぁ・・・

2013年12月04日

偶然にも最悪な少年

今日は『偶然にも最悪な少年』を観ました〜

1004563_l.jpg

カネシロヒデノリは在日韓国人の高校生
小さい頃からいじめられっ子だったヒデノリは、さしたる目的も持てず無為な毎日を過ごしていた
ある日、彼の姉ナナコが手首を切って自殺し、ヒデノリは姉に一度でいいから祖国を見せてやりたいと無謀な計画を思い立つ
ひょんなことから知り合った強迫性障害で盗癖のあるエキセントリックな少女、由美と、渋谷でブラブラしている24歳のチーマー、タローがその計画に加わる
彼らは亡くなったナナコの遺体を病院の霊安室から盗み出すと、白いオンボロマークIIに乗り込みひたすら西を目指して走り始める・・・

タイトルが面白そうだったので観てみたんだが、訳の分からないとんでもない駄作でした
ストーリーはまぁ理解出来たんだけど、まともな言動をする人間が一人も出て来ず、全体的に狂った映画になってます
何が偶然なのかも良く分からん・・・

しかし出演者が豪華で、主演の市原隼人、ヒロインに中島美嘉、その他脇役に矢沢心、池内博之、蒼井優、柄本佑、岡田義徳、風吹ジュン、柄本明、袴田吉彦、佐藤江梨子、津川雅彦、余貴美子、ともさかりえ、永井大、前田愛、永瀬正敏、塚本高史、高橋克典、大滝秀治、松山ケンイチ、小出恵介などなど・・・

しかもこれら豪華俳優陣が『えっっ何処に出てたの』という程のチョイ役っぷり

これだけの俳優を使ってこの駄作っぷりはある意味素晴らしい

在日韓国人二世のグ・スーヨンなる人物が書いた小説の映画化らしいのだが、自分で書いた小説を自分で監督して映画化してこの出来なの
原作ありきで映画を作るとどうしても原作より劣ってしまうのはしょうがないと思う・・・
時間の問題も有るし、原作者では無い人間が監督してるんだから表現の違いも出て来るだろうし・・・

しかし自分で書いた小説を自分で映画化してこれじゃあ、原作もたかが知れてると思わざるを得ないし、そもそも読みたいとも思わねえけどなぁ・・・
ネットのレビューも最低だし、どうしてこんなものが映画化までこぎ着けたのか不思議だ

タイトル的にちょっと恐い系の映画かと思ったんだが、そんな要素も無いし・・・
B級どころかC級・・・
いや、時間と金を返せレベルの映画だった・・・

2013年12月03日

タラバガニ

友人からタラバガニをお土産に頂いたので、早速鍋と生食で頂きました

1_20131202105218817.jpg

タラバガニは生物学上は蟹では無く、ヤドカリの仲間だそうで、本当の蟹好きさんはあまり食べない様ですが、雑食でえせグルメな俺はタラバガニの方が好きだなぁ・・・

蟹味噌が嫌いなので、毛ガニとか買っても味噌は洗い流しちゃうからね
単純に身だけを食べたいので、食べづらい胸の部位や、味噌等の余計な部分があるズワイガニや毛ガニは買いづらい・・・
タラバガニの方が太くて食べごたえがある
タラバガニなら足だけで売ってるので、無駄が無くて良い

そんな理由でタラバガニの方が好きなんだが、やっぱりズワイガニや毛ガニに比べれば大味なのは致し方無い
どうしてもズワイガニの方が食べたい時は、ポーションと言うヤツを買う様にしています
足の肉を抜き出して、それだけでパック詰めになって売ってるので便利です

ズワイガニの方が甘みがあって美味しいのは分かるのだが、大きいものでも限度が有り、やっぱりタラバガニの大きさには及ばない・・・
タラバガニの関節を折って、ズルッと出て来るあの大きな身はやっぱり最高
バターとかでステーキにしても美味いしね

毛ガニの味でタラバガニの大きさって〜のが理想かな
科学の力でどうにかなりませんかね

2013年12月02日

栗御飯

今日は栗御飯を作ってみたよ
季節柄、生栗や剥き栗が沢山出回ってるのでやっぱり食べたくなるよねえ

米2合、餅米1合、剥き栗300g、酒大さじ1、味醂大さじ1、醤油小さじ1、塩小さじ1、昆布適量を炊飯器に入れて炊くだけ〜

調味料の量は適当です
ジョボジョボッと入れてって、こんなもんかという所で止めた量が大さじ1くらいとか小さじ1くらいかなぁと思って書いてま〜す

3_201312021004448b9.jpg

米1合に対して栗が100g位が一番美味しい割合だと思うのだが、米3合に栗を1kgも入れちゃう人もいるらしいので、まぁその辺は好みだね

炊きあがりました〜

2_20131202100445a66.jpg

味醂や塩で御飯にも甘塩っぱい味がついてるのでこのままでも美味しいが、好みで塩をぱらっとふってもギザウマス

1_20131202100445b47.jpg

甘いのが好きな人は栗の甘露煮を使うと良いよ
俺は甘すぎて苦手なので、剥き栗を使ってます

シンプルに栗だけも美味しいけど、キノコ類や銀杏なんかも入れたら美味しいかも
さしずめ秋の味覚御飯て感じか
今度作ってみよっと

プロフィール

mayu

Author:mayu
出身地  /江戸
血液型  /几帳面なA
趣味   /バイク・料理・映画
特技   /飲酒

御来場有難う御座います!

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント
カテゴリ
リンク
過去Logを検索

月別アーカイブ