MayuLog。

我が家のニュース・Macな事・バイクの事等を気の向くままに書いて行くぞ! 気の向いた時にヌルッと更新!(^^ゞ

 
2012年08月30日

iPod shuffle

愛用していた第3世代の『iPod shuffle』を紛失してしまいました

IS-body_big_convert_20120829175119.jpg

心当たりは全部探したんだが見つからない・・・
落としたと言うより何処かに置き忘れて、誰かに持って行かれてしまったのだろう

手元には充電器とイヤホンだけが残っている・・・

どう考えてももう出てこないだろうと思うので、先程Apple Storeで第4世代のiPod shuffleをポチッとしました

279236.jpg

家電量販店で買った方が安いのだが、せっかくなのでApple Storeの刻印サービスを使って刻印を入れてもらいました
家電量販店の方が安いって言っても200円程なので、買いに行く手間と刻印分で200円位ならまぁ良いかって感じですね

Apple製品はほとんど値下げされないので、どこで買っても大差無いんだよね

と言う訳で、後は到着待ちです
3日も有れば届くかな・・・

しかし小さ過ぎるのも善し悪しだね・・・
置き忘れても全く気付かなかったよ・・・
今度は気を付けなくっちゃ

2012年08月29日

ミネラルウォーター

最近訳あって毎日ミネラルウォーターを飲んでいます

今まで水に金払うなんて馬鹿くせえと思っていたので、ミネラルウォーターなんて買った事無かったんだが、今は毎日500mlのペットボトルを1本買って飲んでます

どうせ買うなら色々飲み比べてみようと思って、各種ミネラルウォーターを日替わりで買って飲んでるんだが、ミネラルウォーターと言えば真っ先に頭に浮かぶ程有名な『エビアン』は飲めたもんじゃ無かった・・・

33faeb13e14c78644d046e84123c6579_convert_20120829100819.jpg

理由は硬水だからですね
日本の水は基本的に軟水だそうで、国産のミネラルウォーターはほとんど軟水
逆にヨーロッパの水はほとんどが硬水だそうで、フランス製のエビアンやヴィッテルの硬度は300を超え、WHOの基準では「非常な硬水」に属すらしい・・・

なので慣れ親しんだ軟水の、六甲のとか、南アルプスのとかって水は美味しく飲めたのに、エビアンは口に合わなかった様です
なんたって飲みきれなくて半分以上捨てちゃった程です

ここ1ヶ月程でかなりの種類のミネラルウォーターを飲みましたが、意外な事に暫定1位はエビアンと同じフランス製のミネラルウォーターで、ボルヴィックです
ヨーロッパのミネラルウォーターとしては珍しい軟水で、無殺菌でボトル詰めされてるから美味しいらしいです

調べてみたら日本のミネラルウォーターは、全て殺菌が義務づけられていますが、ヨーロッパでは逆に「殺菌しないこと」が義務づけられており、殺菌した水はミネラルウォーターとは言わないそうです
殺菌のためとはいえ、加熱すると水の組成は変わり、本来の水が持つミネラルやおいしさの元ともいえる酸素や炭酸ガスがなくなってしまうからだそうですが、日本では衛生面から許可されそうもない理屈ですね

と言う事は、日本の湧き水をそのままボトルに詰めたらさぞ美味しいのだろう・・・

コンビニやスーパーで売ってるミネラルウォーターはほぼ飲んでみたので、とりあえず暫くはボルヴィックでいこうと思います
新製品を見つけたら飲んでみたいとは思ってますが、ヨーロッパ製はもうかわないだろうなぁ・・・
買うにしても良くラベルを確認して、硬度を調べてからだね

今日は『白夜行 -白い闇の中を歩く-』を観ました〜

20120229_9ff1b8_convert_20120828152919.jpg

世界で2番目に美しいと信じて疑わない、ソン・イェジンの主演作です
原作は、言うまでもなく東野圭吾の白夜行

映画化が容易でない小説とされてきた東野圭吾の「白夜行」は760ページという長編に加え、14年の歳月を行き来する複雑な構成であり、原作を読んでない俺にはかなり分かりづらいストーリーだった・・・

日本でも綾瀬はるかでドラマ化、堀北真希で映画化されてますが全く観た事がありません
しかしソン・イェジン主演となれば話は別です
どんな駄作でも観てみようと思わせる魅力がソン・イェジンにはあるのです

感想はと言うと、14年と言う歳月を行き来する難解なストーリーですがかなり面白かったです
登場人物が多過ぎて相関図がつかめず、中盤までは何が何やら・・・
後半はやっと相関図が飲み込めて来て、引き込まれました
一度観て、相関図を把握した状態で観ればもっと面白いだろうと思うので、暇な時にでももう一度観てみたいね

日本のドラマと映画も機会があれば観てみたいな

2012年08月26日

リバイブ 死者蘇生

今日は『リバイブ 死者蘇生』を観ました〜

1_20120822135350.jpg

天才医学生のニコラス・・・
彼の研究は“生体オキシトシン”という物質を利用した延命治療で究極の不老不死を目指すものだったが、ある日彼を悲劇が襲う
恋人のソフィアが、湖で溺死してしまったのだ・・・
悲嘆にくれるニコラスは、禁断の一線を超えた

行きずりの女を殺害、抽出したオキシトシンでソフィアを蘇生させたのだ
だが、生き返ったソフィアは昔とは違っていた・・・
人間性の一部が壊れていたのだ

“完全”を求めるニコラスは再びソフィアを殺し、別の女のオキシトシンでまた蘇らせようとする
こうして、果てしない“恐怖の連鎖”がはじまった・・・

人は愛するものの為にどこまでタブーを犯せるのかと言うテーマのメディカルスリラーです
死者が蘇ったらもっと恐いと思うんだが、なんだかそんなに緊張感の無い映画です
たいしてグロい訳でも無いし、ストーリー的にも無理があるし・・・
殺した女の死体になんだか分からない薬品をかけたら、死体が溶けて無くなってしまったが、あんな薬があったら殺人者はみんな完全犯罪だよ

面白いかと言われれば面白く無いが、まぁ暇つぶし程度なら十分な映画でした

2012年08月25日

マリリン 7日間の恋

今日は『マリリン 7日間の恋』を観ました〜

00012-1330070884_convert_20120822174014.jpg

1956年、ローレンス・オリヴィエが監督と主演を務める「王子と踊子」の撮影で、ハリウッドからロンドンへと渡ったマリリン・モンロー
スタッフから大歓迎を受ける彼女だったが、初の海外撮影によるプレッシャーと、夫との確執で仕事に集中できずにいた
さらに演技方法でオリヴィエとも対立、困惑するモンローに、第3助監督のコリンはただひとり的確なアドバイスをする
それを機に二人は心を許し合う仲になるが・・・

コリンの回想録を元にした実話を映画化した作品です
ちょっとオツムが弱くて、セクシーで奔放な女性って〜のがマリリンの一般のイメージでしょうか
さぞかしお熱い恋をしているのかと思えば、素顔のマリリンは全然違う・・・
そんな映画です

アーサー・ミラーとか、ローレンス・オリヴィエとかが実名で出て来るのも楽しいです
アラフォーの俺でもマリリン・モンローってのは過去の人な訳で、若い人が観てもイマイチ分かんないかもね

チョイ役でエマ・ワトソンが出てるのは驚いた
ハリー・ポッター以外でエマを観たのは初めてだ
イギリス人女優の中ではピカイチの美しさですな

2012年08月24日

焼き牛丼

牛丼チェーンの新勢力として店舗数を伸ばしている『東京チカラめし』
地元駅前にも開店したんだが行く機会が無かった・・・
今日初めて行ってテイクアウトして来ました〜

1_20120822221126.jpg

買ったのは勿論『焼き牛丼』
とりあえず他の牛丼チェーン店には無いモノを食べてみないとね
普通の牛丼は煮込んで作るが、焼き牛丼は文字通り焼いて作ります
焼くと言う行程が有る為か、注文してからかなり待たされました・・・

2_20120822221125.jpg

家で温泉卵をトッピングして、いざ実食

3_20120822221125.jpg

とりあえずお肉だけを食べてみて、次に温泉卵をくずしてからめて食べてみた

4_20120822221124.jpg

う〜〜ん・・・
これは牛丼じゃ無くて、焼肉丼だね
焼いた肉を乗せてるから焼き牛丼でも嘘じゃ無いが、普通はこれは焼肉丼と呼びますね
まぁ言ったもん勝ちって感じか

脂身が多いし、肉も筋張っていて堅い・・・
肉の質はかなり悪い感じです・・・

まぁタレの染み込んだ御飯はそれなりに美味いし、お店で食べれば味噌汁も付いて来るらしいので、これで290円なら有りかなと・・・

それ以外のメニューはカレーやら定食屋らと他の牛丼チェーンと大差無いので、安い牛丼で良いときはすき家、多少高くても美味しい牛丼が食べたいときは吉野家、焼き牛丼が食べたいときは東京チカラめしと自分で選択するのがベストかね

幸いにも地元駅前には、松屋、すき家、吉野家、東京チカラめしと牛丼チェーンが揃ってるしね

今日は『トゥルース or デア 密室デスゲーム』を観ました〜

1_20120821174001.jpg

イギリス版の王様ゲームとも言うべき『トゥルース or デア』
同級生フェリックスからパーティーに招かれた、クリスら5人の大学生
会場に指定された片田舎の屋敷を彼らが訪れると、フェリックスの兄ジャスティンが銃を突きつけ、全員をいすに縛り付けて監禁してしまう
何と、フェリックスはクリスたちが関係した事件で精神を病み、自殺してしまっていた・・・
その真相と自殺に追いやった者を明らかにしようとするジャスティンは、彼らに重大な秘密を告白するか、異常な試練に挑むか、どちらかの選択を強いるゲーム『トゥルース or デア』をスタートさせる

どうにも後味の悪いスッキリしない映画です・・・
5人が拉致され、フェリックスの自殺の原因となった人間をあぶり出して行く訳だが、誰も自分だとは白状せず、しまいには罵り合う始末・・・

そして一人、また一人と死んで行くのだが、ソコまでは良い・・・
予想通りの展開だし、復讐鬼となった兄の気持ちも分かる・・・
だが最後の最後に生き残ったのは、その自殺の原因を作ったビッチ女

フェリックスも兄も、逆に殺されてしまう・・・
そして脱出と言うラストだが、当然ここで誰かが出て来てこのビッチ女を殺してジ・エンドと思うじゃ無いですか

ところがこの女、まんまと脱出してしまい、友人も兄もフェリックスも皆死んでしまったのに生き残ると言う、ある意味衝撃的なラスト
この女のせいでこんな事態になってるのに、最後に生き残っちゃうってどうよ
元凶である悪人が最後に死ななきゃ、気持ち悪いじゃん

悪い事しても最後は狡賢いヤツが勝つみたいな作りはどうにも納得いきませんな

2012年08月22日

食中毒?

昨日の夕方6:30頃、駅前に行ったらパトカーに救急車、消防車まで大集合でちょっとした騒ぎになってた
すわテロか と思ったんだが違う様だ

1_20120821230821.jpg

野次馬根性丸出しで見に行ってみたら、某外食チェーンのお店で、若いネエちゃんがアワ吹いてぶっ倒れてるらしい・・・
他の野次馬に聞いた話なので信憑性は分からんが、食べ物屋さんで倒れるって〜のは食中毒くらいしか考えられんかなぁ・・・

それにしたってアワ吹いて倒れるって相当じゃね
腐ったもん食べたって、嘔吐や腹痛ってレベルでしょ
アワ吹いて倒れるなんてそれは毒物レベルじゃん

店内は救急隊員でイッパイで見えないし、用事もあったのでその場を後にしたが、その後どうなったんだろ
江戸川区のニュースを見てみたがそれらしい記事は無い・・・

お金払ってメシ食って、殺されたんじゃ堪らんなぁ・・・
夏場は食べ物に気を付けましょう

2012年08月21日

レッドカレーソース

マクドナルドのチキンナゲットに『レッドカレーソース』が期間限定で発売されたので買って来た

1_20120821152140.jpg

チキンとカレーの相性が悪い訳は無いので、割と期待大

カレーをトマトペーストでのばした様な味だが、予想以上に辛い
子供も大好きなチキンナゲットなので、小さい子でも食べられる様な甘いカレーかと思ってたんだが、良い意味で予想外だった

かなりスパイシーで、ちょっと子供には食べられないだろうと思われる辛さ
完全に大人向けの商品ですな

ナゲットだけじゃ無くて、ポテトを一緒に頼んで、ポテトにつけても美味いかも

数日前から左足の人差し指の爪が根元だけくっついたままプカプカしていたのだが、今日やっと取れました

1_20120821153732.jpg

無理矢理取ろうとすると痛いし、根元しかくっついてないので靴下とかに引っかかって痛い・・・
すげえ気持ち悪かったのだがやっと取れて一安心

取れた後が少し痛いのだが、もう新しい爪らしきものが生えて来てる・・・
足の指の爪なんていらねえじゃん
何の為に生えてるんだろ
また剥がれたら痛いから、このまま生えてこなきゃ良いのに

今日は『ファイナル・デッドブリッジ』を観ました〜

f352df66_convert_20120816172742.jpg

原題は『Final Destination 5』なので、ファイナル・デスティネーションシリーズの5作目と言う事ですね

社員旅行でのバス移動中、サムは橋の崩落事故と自身の死までをも予知夢で見る
目が覚めたサムは危険を知らせ、間一髪でバスから逃げ出した8人が事故から生き残った
しかし事故犠牲者の葬儀に現れた謎の男から「死は決してだまされない」と告げられ、8人は次々と予測不能な事故に襲われ死んで行く・・・
サムが見た予知夢と同じ順番で・・・
死の恐怖に怯えるサムらの前に再び現れた男は、「他人に死を贈る」ことで死の運命から逃れられると告げる
自分の代わりに誰かを殺せば死から逃れられると知った彼らは・・・

前4作とストーリーがほぼ同じなので、あ〜次はアレがこうなって死ぬなとか予想出来ちゃう・・・
しかしオープニングの橋の崩落シーン等、CGが素晴らしい
劇場公開では3D作品なので、さぞや迫力があった事でしょう

シリーズ物なので、どうせ全員死んでしまう事は分かっているのだが、どう言う死なせ方をするかって事に重点を置いて作られてる映画ですね
と言う訳でかなりグロい描写なので、3D映画初のR18指定です

自分的にはレーシックの手術中に機械が暴走、目玉やら体をレーザーで焼かれ、最後は病院のガラスを突き破って転落死
しかも脇には目玉が転がっており、通り過ぎる車に踏みつぶされてしまうと言う死に方が一番イタタタタって感じだった

逆に、スパナが吹っ飛んで来て顔面にヒットして死んでしまった人がいるが、イキナリの事で何がなんだか分からんうちに死んでしまい、恐くも何とも無かった

一応これでファイナルとなっているので、シリーズ終了と言う事か

2012年08月17日

ゴールドマサラ

『世界の★★★マック』シリーズの第2弾となる『ゴールドマサラ』が発売されたので買って来ました
何度もここで書いてるがマックのハンバーガーは好きじゃ無い
しかしそれ以上に、限定と言う言葉に弱いのでついつい買ってしまうんだよなぁ・・・

『ホットゴールドマサラ』『マイルドゴールドマサラ』の2種類があるのだが、『ホットゴールドマサラ』の方はトマトの輪切りが挟まってる・・・
この世で一番嫌いな食べ物がトマトな俺には食えないシロモノである・・・
トマト抜きで頼めば良いじゃんと人は言うが、全てが入っていてこその完成形だと思うので、嫌いなものが入ってる位なら最初から食わないと言うのが俺のスタンスである

と言う訳で『マイルドゴールドマサラ』を買って来た

3_20120815141734.jpg

クーポン使用で350円はハンバーガーがそれほど好きじゃ無い俺にはかなり高く感じるが、まぁ限定なので今しか食えないと考えればいたしかたない・・・

大きめなチキンと、ハチミツを隠し味にしたマイルドなカレーソース、リンゴの甘味が広がるチャツネマヨソースでかなり濃厚だ
美味いかと言われれば微妙だが、決して不味くは無い・・・
チキンも柔らかいし、ソースもマイルドなので子供向けかな・・・
『ホットゴールドマサラ』の方はホットと言うだけあってカレーソースがもっと辛いらしいので、俺的にはそっちの方が好みかな・・・食えないけどな

一緒に『チキンナゲット』も買って来た
こっちも限定のバジルマヨソースが発売中なので買ってみたが、ハーブの香りが良く、なかなか美味し

1_20120815141734.jpg

こないだまで朝マックでCOMBIで200円だったチキンナゲットなので、単品で260円は高く感じてしまう・・・
逆にキャンペーンとして、限定ソースが出てる時だけ安くしてくれた方が良いのになぁ・・・
まぁ限定と言う言葉に飛びつく俺みたいな馬鹿がいるので、限定の時こそ高くしてやろうっちゅ~商売の基本やね

まぁどっちも一回食っときゃ良いかなって感じですね
次は8月下旬発売の『Aussie DELI』を食えば、『世界の★★★マック』は完食ですが、次は美味しいと良いなぁ

2012年08月16日

人差し指?

全くぶつけた記憶が無いのだが、左足の人差し指の爪が真紫になり、今にも剥がれそう・・・

1_20120816085409.jpg


そう言えば前にもこんな事があったが、やっぱり左足の人差し指だ

過去Log

毎回同じ箇所で、しかも自覚症状が無いなんておかしくね
血行障害とか、何かの病気かなぁ・・・
歳取ると些細な事が心配になるね

2_20120816085408.jpg

まだ根元が取れないので完全に剥がれ落ちた訳じゃ無いんだが、まぁ時間の問題でしょ

3_20120816085408.jpg

痛く無いので無理に取っちゃった方が良いのかなぁ・・・
このまま歩いてるとどっかに引っ掛けてベリッといきそう

4_20120816085407.jpg

なんか『の』って書いてある・・・
毛が入り込んだのかと思ったんだが触っても取れないし違うみたい・・・
何か宇宙からのメッセージか

5_20120816085407.jpg

せっかくなので今回の写真は全て大きくアップしました
クリックすると拡大します

アンチョビが大好きなので常に買い置きしてあるんだが、消費期限が近づいて来たので消費しなければならない・・・
出来ればピザにトッピングしたいところなのだが、暑くてピザって感じでも無いので、キャベツとアンチョビでパスタにしてみた

材料はアンチョビ1缶、ベーコン4枚、キャベツ4枚、ブナピー半袋、にんにく2片、鷹の爪適量、パスタ200g
これでだいたい2~3人前かな

5_20120815132252.jpg

キャベツとアンチョビさえあれば『キャベツとアンチョビのパスタ』だが、その他にも好きな材料、もしくは冷蔵庫の余り物を加えてもOKです

キノコも大好きなので、常にブナピーやブナシメジが常備されている我家
なので今回はブナピーを加えてみました
ついでに余ってたベーコンも投入し、冷蔵庫浄化作戦決行

にんにくをみじん切りにし、オリーブオイルで炒めて香りが出て来たらベーコンを投入し、軽く炒めたらブナピーを投入し、更に炒める

4_20120815132253.jpg

アンチョビを細かく刻んで加え、パスタの茹で汁をお玉一杯分程と鷹の爪を加えて軽く煮込む

2_20120815132253.jpg

パスタが茹であがる30秒前に、芯の部分を取り除いてザク切りにしたキャベツを加えて一緒に茹でる

3_20120815132253.jpg

パスタとキャベツをザルにあけて湯切りし、ベーコンとアンチョビの鍋に加えてあえたら出来上がり~

1_20120815132254.jpg

アンチョビとベーコンの塩気、鷹の爪の辛さでこのままで十分いけますが、お好みでブラックペッパー等を少量ふっても美味しいです

オリーブオイルは体脂肪を貯めにくい油だし、いわし(アンチョビ)はEPAが豊富で脂肪燃焼を補助、しめじはカリウムが豊富なのでむくみ改善に効果があり、キャベツのイノシトールは脂肪肝の予防に効果があり、食物繊維も豊富です
と言う事で、ダイエット中の方にも最適なメニューなのでは・・・
ベーコンを抜いた方がもっとヘルシーですが、冷蔵庫の余り物を片付けるのも主婦にとっては大事な仕事でしょうから、細かい事は気にしない気にしない by 一休

2012年08月14日

おかえり、はやぶさ

今日は『おかえり、はやぶさ』を観ました~

img_204044_8339386_0_convert_20120814124511.jpeg

はやぶさ関連で3作の作品が作られていますが、上映時期順に言うならば最後の作品です
TV予告等を見ていると、春休み上映と言う事もあり、子供向けの作品かなぁと言う先入観がありましたが、ラストのはやぶさ帰還のシーン等は素晴らしい出来でした

2作目を飛ばして3作目を観てしまいましたが、連作と言う訳でもないのでとりあえず問題は無いでしょう・・・
子供向けと言うのは間違いない所ですが、帰還シーンにいたっては1作目よりこっちの方が感動しましたね

小惑星イトカワのかけらを拾って地球に持ち帰る使命をおったはやぶさ
度重なるトラブルが起こり、最後には行方不明に・・・
今まで行方不明になった衛星が見つかった例はない・・・
しかしはやぶさの関係者は諦めずにはやぶさを探し続けた・・・

そして奇跡的にはやぶさとの通信が回復し、はやぶさは無事地球に帰還する訳だが、最後はイトカワのかけらを入れたカプセルを地球に向けて発射し、自身は大気圏突入で燃え尽きてしまう・・・
18年にも及んだミッションがこれで成功した

実際の記者会見の時に、はやぶさをつくったJAXAの関係者が涙ぐんでいたが、その時はハッキリ言って意味が分からなかった・・・
世界初の偉業なので嬉しいだろうが、たかが機械が帰って来ただけじゃんと・・・

でも映画を観てJAXAの人達の気持ちが良く分かった
劇中にもセリフがありましたが、人生を費やしたミッションであり、我が子の様なものなんですね

終わってみればたかが機械の帰還に涙してる自分がいました
早く2作目の『はやぶさ 遥かなる帰還』も観たいと思います

今日は『ゾンビ大陸 アフリカン』を観ました~

20111225111724_convert_20120809153641.jpg

アフリカ大陸でゾンビが大量発生し、駐留アメリカ軍が撤退を始める
米軍エンジニアのブライアンも最後の飛行機で脱出しようとするが、機内で乗客がゾンビ化し、飛行機が墜落してしまう
同じ頃、故郷の村がゾンビ化してしまった西アフリカ軍の兵士デンベレは、生き残った息子を探しに出かけ、その途中で墜落した飛行機から生存したブライアンと遭遇
2人は協力してゾンビ大陸と化したアフリカ大陸からの脱出を計る・・・

ゾンビ映画史上初のアフリカが舞台です
ゾンビのルーツは、アフリカの“ブードゥー教”による、まじない師が生き返らせて操る死人に由来する訳で、なのにアフリカを舞台にしたゾンビ映画は今まで無かったねぇ・・・
なので、ゾンビ映画の原点回帰ともいえる作品です

全編にわたってゾンビがウロチョロしてるので、退屈する暇は無く、最近のゾンビにありがちな足が速かったり、やけに統率が取れてたりと言うゾンビでは無く、ノロノロ歩き、目に入ったものを次々に襲って行くと言うゾンビらしいゾンビが出演しています

砂漠を横断し、やっと軍の基地まで辿り着いてデンベレの息子と出会えるのですが、その基地も壁を壊されゾンビが侵入して来てしまいます・・・
途中で食べられて死んでしまったデンベレから預かった『希望』を意味するペンダント・・・
息子にそれを手渡すブライアン・・・
迫るゾンビ、逃げまどう人々でパニックの基地内・・・
更に逃避行が始まるのかと思ったらそこでジ・エンド

『希望』のペンダントを無事手渡せた事により、この状況でも希望を持とうと言う意味での終わり方なのか
ちょっと分かりづらいエンディングかな・・・
その後、アフリカ大陸から脱出できたのか気になります

しかしゾンビ映画の中では出来の良い作品で、かなり面白かったです

2012年08月10日

101日

今日は『101日』を観ました~

      51tLWM14bXL.jpg

テレビの企画で、密室で180日暮らすことになった男女6組のカップル
しかしその間に外では第三次世界大戦が勃発していた
100日目に外界と音信不通となり苛立つ参加者・・・
約束の180日目にロックが解除され、外へ出てみるとそこは人類の滅亡した世界だった

日本未公開のクロアチア映画だが、予算が無いのか戦争のシーン等にリアリティが無くちょっと残念
生き残った6人の描写もほとんど無く、外の世界でのお話が中心なので、最後には何が起きたのか訳も分からず生き残ってる6人と言う変な結末・・・

物語中に時間軸が行ったり来たりするので混乱してしまうのだが、クロアチア映画とはこう言うものなんだろうか・・・

普通に考えて『人類が消滅して、最後に生き残った6人・・・』なんてサブタイトルが付いてたら、その6人のその後、みたいなストーリーを想像するじゃ無いですか

でもそうじゃ無くて、最後に6人生き残りました・・・終わり
なんで、なんだか消化不良・・・
物語中に元夫婦の夫婦喧嘩のシーンが多過ぎるのもイライラする
しょせんB級映画ってトコですかね

2012年08月09日

やべっち寿司

めちゃイケとファミマのコラボ商品として『ガリタ食堂』と『やべっち寿司』と言う商品が期間限定で発売されている
『ガリタ食堂』は888円と高過ぎるので、『やべっち寿司』を買ってみた

1_20120808143110.jpg

試食してみたが、味は普通~~~
TVだと皆美味しそうに食べてるので、食ってみて自作しようかと思ったんだが、それ程のモンじゃ無いです

不味い訳じゃ無いが、これで4貫で388円は高過ぎでしょ
ランチに食べるにしても4貫じゃ少な過ぎるし、プラスおにぎりと飲み物とか買ったらいい値段になっちゃうので一般向けじゃ無いよね

期間限定なので話のネタに一回食っときゃ十分なレベルです

めちゃイケで『ガリタ食堂』っていつも見てるけど、あの人の食うもんって高過ぎない
毎日あんな食生活、本当にしてんのかな
少なくとも俺の給料じゃ無理だぜ
やっぱTVのディレクターってのは仕事もキツいが給料も良いんだろな・・・
車もポルシェらしいし・・・

話しが逸れたが、美味しそうと思って買おうとしてる人がいるなら、やめた方が良いです
別に不味いと言ってる訳じゃ無いが、値段を考えれば100円の回転寿しの方がマシですよ

話のネタにって言うんなら止めませんが

『ガリタ食堂』の方は食べてませんが、とても美味しそうには見えません
『ごはんに超合うんですけど弁当』と言うネーミングだが、御飯にスパゲティが2種類、カレーうどん、そばめし、ポテトフライってチョイスは一体何
炭水化物に炭水化物のオカズっておかしいだろ
そばめしに至っては、御飯に御飯だぜ

関西に行くとうどん定食とかお好み焼き定食とかあるから、炭水化物に炭水化物が合わない訳じゃ無いが、オカズが8品中5品が炭水化物っておかし過ぎ・・・
御飯も入れたら9品中6品が炭水化物
炭水化物弁当ってネーミングの方が良いのでは

要するにガリタさんは大食いなだけでグルメでは無いんだな
ボリュームがあってお腹にたまるものが好きなんだろう

炭水化物抜きダイエットって~のもある位、炭水化物は太る元らしいので、ダイエッターには敵の様な弁当だな

逆に、太りたい人にはお勧めか

今日は『マイウェイ 12,000キロの真実』を観ました~

myway_poster_convert_20120807172630.jpg

制作は韓国なので韓流映画って事で良いと思うのだが、日本軍の大尉役としてオダギリジョーが出演
主演はブラザーフッドのチャン・ドンゴンです

アジアからノルマンディーまで1万2000キロを生き抜いた男の実話を映画化
1944年、史上最大の上陸作戦として知られる「ノルマンディー上陸作戦」が行われ、その作戦終了後、ドイツ軍捕虜の中から1人の東洋人が発見される
男は日本兵として日本統治下の朝鮮半島を出発し、ソ連、ドイツを経てノルマンディーへ到達
日本、ソ連、ドイツの3カ国の軍服を着て戦い、敗戦に次ぐ敗戦で何度も捕虜になりながらも1万2000キロを生き抜いていた・・・

前半は日本兵の非道さを前面に押し出していたのでてっきり韓国の反日映画かと思ったのだが、その後朝鮮兵が逆に日本兵を虐待する描写もあり、単なる戦争映画では無く、極限下においての人間の心理を表現した映画だ

主人公の軍が敗戦に次ぐ敗戦で、捕虜となってはその軍に強制参加させられるのだが、その軍がまた負けて捕虜になり、また負けて捕虜になりと、実話との事なんだが本当かよと思ってしまいました
ちゅ~か、この人、厄病神なんじゃね~の

戦争シーンは派手でスゴいです
お金かかってるなぁって感じ
PG12指定なのはこの描写がキツ過ぎる為でしょう・・・

後半、主人公がノルマンディーから遠い祖国を思って水平線を見つめるシーンはちょっと感動
戦争の悲惨さが良く分かります・・・
韓国映画なのに日本人を完全無欠の悪人とはしておらず、日本人にも良いヤツも悪いヤツもいるって感じの描写が好感持てます

まぁそんな映画だったらオダギリジョーとか出演しないだろうけどね
逆に、これでもかってくらい感じの悪い日本人役で山本太郎が出てますが、いい味出してます
この人こんな役ばっかだね

なかなかお勧め出来る映画です

我家の水槽に新しい魚が仲間入りしました

1_20120807091010.jpg

姿形も名前もプレコだが、ドジョウの仲間に分類されるらしい・・・
急流の中で生活しているのでこの様な姿になるらしいので、飼育には水の流れを作ってやらないといけないなぁ・・・

とりあえず濾過器の戻りとエアーレーションで流れを作ってみましたが、その後はいつも同じ場所にいるので快適なのか

見どころはやはり裏側ですね
水族館でエイ等を見た時もそうですが、裏側に愛嬌があります

2_20120807091009.jpg

苔類を主食としていますので水槽内にある程度の苔を生やしておかないと餓死してしまいそうですが、人工餌にも餌付くらしいので、徐々に慣らして行こうと思います

2012年08月06日

福島旅行

今年も福島へお墓参りに行って来ました
お墓参りだけでは時間が余ってしまうので、その後の観光等も予定しておき、まずは墓参り、その後に昼食、観光等と大雑把に予定してたのですが、一般道で大渋滞にハマり、高速に乗ったら数十キロの間で3ヶ所もの工事渋滞
渋滞を抜けたと思ったらまた渋滞と、かなりイライラ・・・
10時過ぎにはお墓に到着する予定だったのに、まだ50キロはある地点で既に10時オーバー

本来ならいわき勿来で降りるのだが、予定を変更し、いわき湯本まで乗って行って高速を降りました

なぜいわき湯本かと言うと、TVの『黄金伝説』等で有名になったデカ盛り店が好間町にあり、そこで昼食を取ろうと予定していたので、人気店ゆえにお昼時は混雑するだろうと思い、お墓参りを後に回して先に昼食にする事にしたのでした

本来の予定は10時に墓参りした後、デカ盛り店の開店が11時なので一番に入店と言う予定でしたが、このまま予定通りに進めるとデカ盛り店に着くのはモロにお昼時になってしまうので、高速を走りながら急遽予定変更したって訳です

いわき湯本で高速を降り、一般道をしばし走って件のデカ盛り店に到着
その店の名は『中華 のんき』

1_20120807094924.jpg

店の前に駐車スペースが2台分のこじんまりした店で、特にデカ盛りの店をうたってる様な広告等も無いので、普通の中華屋さんにしか見えません・・・

いざ入店
注文するメニューはあらかじめ決めてはおきましたが、一応メニューを一通り見てみました

2_20120807094924.jpg

3_20120807094924.jpg

5_20120807100625.jpg

ギャル曽根が来店したときの写真なんかも貼ってありましたね

さていよいよ注文ですが、まずは息子が『ビッグスペシャルカツ丼』をオーダー
出て来たものはとても人の食べ物とは思えない凶悪なシロモノ
これが『ビッグスペシャルカツ丼』です

4_20120807094924.jpg

写真等では見ていましたが、実際に現物を見るとトンデモない品です
富士山の様なカツ丼に、お新香、汁物、スパゲティサラダと何故か生卵
取り皿も最初から付いてます
横から見ると更にスゲエエエエ

5_20120807094923.jpg

御飯4合、カツ3枚だそうです

次に俺のオーダー品『食ッキング定食』ですが、カツ丼に比べるとインパクトが小さいですが、これもかなりのシロモノです

『食ッキング定食 中』

1_20120807100945.jpg

トンカツに野菜炒め、汁物とスバゲティサラダ、御飯に至っては茶碗ではなくオヒツのまま出て来ました
家族で旅館なんかに泊まった時に出て来る御飯じゃん
これで中盛りですよ

2_20120807100945.jpg

オヒツを開けたらのりたまがかかった御飯がド~ン
中盛りなのでオヒツは上げ底になっていましたが、それでも御飯2合分だそうで、大盛りになると上げ底じゃ無くなり3合半程になるそうな・・・
しかも大盛りと中盛りしか存在しないので、最低でも2合は食わなきゃならんって事ですね

腹も減ってる事だし、早速頂きます
息子曰く、カツ丼ならこの位余裕っしょとの事
早速食べ始めましたが汁物が口に合わないらしく渋い顔です

1_20120807100626.jpg

快調に食べ進める息子・・・

2_20120807100626.jpg

段々様子がおかしくなって来た・・・

4_20120807100626.jpg

俺の方はと言うと、御飯を茶碗に移して少しずつ食べ始めました

3_20120807100945.jpg

息子途中休憩でトイレ中

6_20120807100625.jpg

俺もしばし休憩・・・

4_20120807100945.jpg

トイレから戻って来ても少し食べてましたが、息子は遂にギブアップです
付け合わせ類には全く手をつけていませんが、カツ丼は半分は食った様です

3_20120807100626.jpg

さて俺もラストスパートですが、キャベツ一口と野菜炒め一口を残してギブアップ
しかし息子のカツ丼のカツを2切れ貰って食ってるので、それが無ければ完食出来たでしょう 御飯は完食です

5_20120807100944.jpg

キャベツと野菜炒め一口ずつ位食えそうなものですが、それすら入らない程に腹一杯です ご馳走様でした

これで『食ッキング定食』880円、『ビッグスペシャルカツ丼』800円と激安です
是非近所に欲しいお店ですね
残したカツ丼は持ち帰りOKとの事だったのですが、この後も予定があるし、この炎天下に車内には置いておけないので、泣く泣く処分してもらいました
息子は今後1年はカツ丼はいらないそうです

さて腹もふくれたので、本来の目的である墓参りへ行こう
『中華 のんき』から車で15分程でお墓に到着
向かいにあるスーパーで生花を購入しお墓へ

1_20120807105533.jpg

奇麗にお墓を洗い、お花と線香、おばあちゃんの好きだったコーヒーをお供えして来ました

2_20120807105533.jpg

お墓の写真って撮っちゃマズいのかなぁ・・・
でももしかしたらおばあちゃんが写真に写り込んだりしないかと期待して、毎年写真を撮ってます
年に一回しか来れないけどゴメンね また来年も来るからね

さて次は小名浜港の『いわき・ら・ら・ミュウ』に行きました
去年の夏に来たときは震災の爪痕が残り、信号は消えたまま、道路は割れて曲がりくねったままで、『いわき・ら・ら・ミュウ』も津波の被害を受けて営業停止状態でした
そんな『いわき・ら・ら・ミュウ』ですが、再開したとのニュースを見たので、早速行ってみる事に

1_20120807110721.jpg

信号も点灯し、道路も奇麗になり、『いわき・ら・ら・ミュウ』も奇麗になって再開していました
前と同じではなく、中にキッズコーナー等も併設しており、とても活気があり安心しました
まだまだ完全ではありませんが、順調に復興は進んでいる様で良かったです

まだ帰るには時間が早いので、帰り道がてら大洗にある『AQUA WORLD 』へ

1_20120807111613.jpg

水族館好きなので結構色んな所の水族館に行ってますが、『AQUA WORLD 』は初めて来ました
わざわざ水族館の為だけに来るには中途半端に遠いし、他に見どころも無いので今まで行かずじまいでしたが、墓参りの帰り道なら丁度良いかと高速を地中下車
それでも日立南太田I.Cから1時間程掛かりました

館内に入ってビックリ
この水族館でっっけえええ

1_20120807113711.jpg

ちょっとそこらの水族館とは違い、規模がスゴいです
マジで迷子になりそう・・・

しかも東京周辺の水族館はほぼ制覇した俺でも、見た事の無い魚が何種類も展示されてました

特に鮫が多種類いて、何処の水槽にも鮫が混泳
他の魚が食われちゃうんじゃないのって感じでした

名前は忘れちゃったけど、頭がエイで尻尾が鮫みたいなのがいました
こんな鮫、初めて見たよ

1_20120807113304.jpg

それと『ホホジロザメ』の剥製

2_20120807113304.jpg

いわゆる『ジョーズ』ですね
ホホジロザメの泳いでる姿なんて見た事無いけど、やっぱり生きたままの捕獲は難しいのかなぁ・・・
ジョーズが泳いでる水族館なんてあったら多少遠くても行くんだけどなぁ・・・

こんなんもありました 世界最大級のマンボウの剥製だそうです

2_20120807113711.jpg

18:00になり閉館のアナウンス
さぁ土産でも買ってお家へ帰ろう

帰りは高速は空いてたんだが、一般道に降りてから大渋滞
丁度帰宅ラッシュの時間だし仕方無い・・・
それでも21:00前には帰宅 疲れたけど有意義な一日でした

家に着いたら息子が『腹減った』と・・・
嘘でしょ 俺なんていまだに腹一杯で気持ち悪いんだけど
カツ丼持って帰って来れば良かったとか言い出しました
1年はカツ丼いらねえんじゃ無かったのかよ

仕方無いので軽く御飯を作り、俺は晩酌
かぁ~~~~美味えええ
そう言えば今日初のアルコールだ
やっぱりこの一杯の為に生きてるんだと実感したね

2012年08月05日

YOGAN -ヨウガン-

今日は『YOGAN -ヨウガン-』を観ました~

1_20120804164154.jpg

石油会社によるメキシコ湾での爆発事故をきっかけに海底のマグマが大噴出
煮えたぎる溶岩が突然大都市に襲いかかるさまを描く、原題『MIAMI MAGMA』と言うアメリカ製の低予算ディザスター映画です

街中から溶岩が噴き出すと言うありえない設定ながら、なかなか楽しめました
ただ低予算ゆえ、CGがショボかったのが残念な感じ
勿論日本未公開なので、そのまま直球な邦題を付けた映画です

2012年08月04日

永遠の僕たち

今日は『永遠の僕たち』を観ました~

1_20120804134115.jpg

両親の死によって生きる事に諦めという感情しか持てず、事故の際の臨死体験をきっかけにヒロシという第二次世界大戦で戦死した特攻隊員の幽霊が見えるようになった少年と、不治の病に侵され、自身の憧れる葬儀を思い描きながら暮らしている少女のラブストーリー

若い二人の難病ものストーリーだが、死と向き合っている18歳と言う設定はちょっと無理があるか・・・
この年齢なら自分がもうすぐ死ぬとなったらワガママになるのでは無いだろうか・・・

その方がリアリティがあるし、感情移入も出来たのだろうが、どうにも落ち着き過ぎていて違和感があった

加瀬 亮演じる特攻隊員の幽霊もストーリーにどう絡んで来るのかと思っていたんだが、特に意味も無く、死の瞬間と言う山場も盛り上がらなかった・・・
意外性も無く山場も無い、ありきたりのストーリーになってしまい、最後まで泣く事は出来ませんでした

今日は『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観ました~

a0157174_19384670_convert_20120803135734.jpg

9・11テロで最愛の父を亡くした少年オスカーは、クローゼットで1本の鍵を見つけ、父親が残したメッセージを探すためニューヨークの街へ飛び出していく
第2次世界大戦で運命の変わった祖父母、9・11で命を落とした父、そしてオスカーへと歴史の悲劇に見舞われた3世代の物語がつむがれ、最愛の者を失った人々の再生と希望を描き出していく

9・11を題材にし、豪華キャストで制作された傑作映画だ
でもストーリーが暗示めいていたり哲学めいていたりで、イマイチ難しいかな

オスカーを演じるトーマス・ホーンがこれが演技初挑戦って~のは信じられん
父を失った少年の心の苦しみが良く解り、とても素晴らしい演技だった・・・
将来が楽しみだ

一応主演はトム・ハンクスになってるが、誰が観てもトーマス・ホーン主演映画でしょう
名女優サンドラ・ブロックはほとんど出て来ないが、さすがの存在感

トム・ハンクスとサンドラ・ブロックと言う名優二人に脇を固めてもらってるからこそのトーマス・ホーンなのかも知れませんが、それでも初演技とは驚きですね

日本人には今一つピンと来ない9・11ですが、この事件があらゆる人に影響を与えた事が理解出来る映画です

2012年08月01日

けっこう仮面 新生

今日は『けっこう仮面 新生』を観ました~

o0600084712003129097_convert_20120731171651.jpg

やっべ~~~超つまんねぇ・・・
途中で何度もやめようかと思った程、つまらんです

一人として演技が出来てる人がおらず、完全に自主制作映画って感じの映画です
こんなのが全国の映画館で封切られてるとは・・・
完全に原作のネームバリューのみですな

原作は面白かったよねぇ・・・
当時小学生の俺には刺激が強く、ドキドキしながら読んだもんです
40年近く経った今、実写版で映画化と言う事で期待して観たんだが、全然ダメ
こんな駄作、久しぶりに観たよ

でもレビューを見るとみんな面白かったって書いてるんだよなぁ・・・
本気で言ってんの
金貰ってレビュー書いてんじゃねえのか

プロフィール

mayu

Author:mayu
出身地  /江戸
血液型  /几帳面なA
趣味   /バイク・料理・映画
特技   /飲酒

御来場有難う御座います!

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント
カテゴリ
リンク
過去Logを検索

月別アーカイブ