MayuLog。

我が家のニュース・Macな事・バイクの事等を気の向くままに書いて行くぞ! 気の向いた時にヌルッと更新!(^^ゞ

 
2012年03月31日

ヤマザキ春のパン祭り

今年の『ヤマザキ 春のパン祭り』のお皿はなかなか使い勝手が良さそうなので、早速シールを集めて貰って来ました~

1_20120331173022.jpg

会社の仲間に朝ご飯でパンを食べる人が多いので、声をかけといてシールを取っといてもらったら、アッと言う間に120枚になった
てな訳で、お皿を6枚貰って来たので早速今夜使ってみよう

『ヤマザキ 春のパン祭り』って毎年お皿のプレゼントをやってるが、ここ数年気に入った形の皿が無かったのでシールも集めなかった・・・
でも今年のは使いやすそうだ・・・
大きさと言い、深さと言い、ウチには無い皿なので、役に立ってくれる事でしょう

今日は『借りぐらしのアリエッティ』を観ました~

EPSON107_convert_20120329212541.jpg

昨年12月に地上波初登場でTVでやってたんだが、ちょっとしか観れなかったので今日はDVDでしっかりと観ました

イギリスの女流作家メアリー・ノートンの児童文学『床下の小人たち』を、スタジオジブリが映画化したものです
身長10センチの小さなアリエッティ一家は、人間が住む家の床下で、さまざまな生活品をこっそり借りて暮らしていた
彼らの掟は「決して人間に見られてはいけない」ということ・・・

14歳の誕生日を前にアリエッティは初の「借り」に胸を膨らませていた・・・
しかし、アリエッティはその家に引越してきた少年・翔に自分の姿を見られてしまうのだが・・・

ジブリの作品は面白いねぇ・・・
『となりのトトロ』『魔女の宅急便』『風の谷のナウシカ』『ルパン三世 カリオストロの城』『千と千尋の神隠し』・・・
みんな名作です

ストーリー的には緩やかで、ちょっと面白味が無いと言うか起伏が足りないと言うか・・・
まぁそこはジブリ作品の特徴なので良しとしましょう
ジブリ作品の良さは何と言っても映像の奇麗さとその世界観にあると思うので、ストーリー的に難解にならず、ノンビリと観られるストーリー位で丁度良いと思いますしね

ただ、『となりのトトロ』の時も感じたんだが、もう少し先まで観たい感じかな
えっっ もう終わりって感じでちょっと消化不良気味・・・
アリエッティや翔のその後をもう少し描いても良かったんじゃないかな・・・
まぁそう言う所もジブリ作品の特徴である訳だが・・・

志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也、三浦友和、樹木希林と何気に豪華な声優陣も見どころですな

2012年03月29日

Coca-Cola Park

『Coca-Cola Park』で100,000パークGをゲットしました

1_20120328174313.jpg

とは言っても何の事やらって感じかもしれませんね
Coca-ColaのサイトでゲームなどをしてパークGを貯め、そのポイントで各種プレゼントに応募すると言うサイトです

元手がかからないので続けてますが、一回も当たった事はありません・・・
世の中そんなに甘く無い

2012年03月28日

はやぶさ HAYABUSA

今日は『はやぶさ HAYABUSA』を観ました~

HAYABUSA_fox_launch_L_convert_20120328163652.jpg

2010年6月に地球に帰還した『はやぶさ』
何度も重大なトラブルに見舞われ、まさに満身創痍ながら任務を果たし帰還した『はやぶさ』に多くの日本人が感動し、『はやぶさ』をめぐる映画が相次いで製作されました
現在4作が作られ、順次公開されています

第1作は昨年5月14日に角川映画系配給で公開されたドキュメンタリー
『はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH』

第2作が『はやぶさ HAYABUSA』であり、今回はこの第2作を観ました
主演は竹内結子で、『はやぶさ』を擬人化してセリフを言わせたり、難しい専門知識をわかり易く説明していて、一般の人には馴染みの薄い『宇宙』と言うモノが良く分かり、とても楽しい映画でした

自分は一生関わる事は無いであろう『宇宙』と言う分野でも、こんなドラマが繰り広げられているんだと言う事が分かってとても感動しました

第3作は『はやぶさ 遥かなる帰還』
第4作は『おかえり、はやぶさ』であり、どちらも現在公開中です

第1作以外は実話ベースのフィクションで、登場人物にもモデルがいるから正直どんな内容になるのか楽しみであり、不安でもあります
実話ベースである以上、ストーリーが似通ってしまうのは当然だと思うので、それ以外の面で違ったカラーを出して行かないと二番煎じで終わってしまう可能性が・・

3作目も4作目もDVD化されたらすぐに観たいと思います

2012年03月27日

春スキー

スノボーに行って来ました~
時期的にもこれで今シーズン最後かもって訳で、行き先を慎重に吟味し、群馬県の『たんばらスキーパーク』をチョイスしました

春スキーとなると行く場所も自然と限られてしまう訳だが、標高とアクセスの良さを考えて『たんばらスキーパーク』が最良だろうと判断しました

ところが道中全く雪が無く、こりゃぁヤバいか
ヘタしたら新潟まで足を延ばすかと考えていたんだが、着いてみたら大雪

2_20120327174819.jpg

途中まで全く雪が無かったのに、ゲレンデに着いてみたら大雪とは一体どう言う事なんだろう・・・
辺りの山を見渡してもほとんど雪なんか無いのに、ここだけ別世界の様です
立地的な話しなんだろうがそんな事はどうでも良いやね
滑走可能なら何の問題もありません

今回の息子は、上から下まで、ボードまで全ておニューです

3_20120327174818.jpg

この『たんばらスキーパーク』ですが、普通のスキー場と違いスノーボーダーの割合の方が多いんですねぇ・・・
フリーライドパークが多数設置されていて、スノボーの方が楽しい作りになってる珍しいスキー場でした

初級コースから上級コースまで多彩なゲレンデレイアウトは秀逸
5/6まで営業してるとの事なので、上手くいけばもう一回位行けるかもしんねえなぁ・・・
春スキーはリフト代も安いし、近いので燃料代や高速代も安くすむので、子供と日程さえあえばもう一回位って感じですね

当ブログに初顔出しの管理人です
どこに顔が見えてんねんって感じですが、シャイなのでご勘弁を

1_20120327174819.jpg

基本的に単色や原色が好きなので、ウェアもボードも別々に買ったにもかかわらず、気付けば黒ずくめの危険人物に・・・

特殊部隊のスナイパーの様ですが、実態はただのオッサンです

2012年03月23日

天国からのラブレター

今日は『天国からのラブレター』を観ました~

      0002.jpg

『天国からのラブレター』は、光市母子殺害事件の遺族である本村洋氏が、2000年に出版した本を2007年に映画化したものだが、本とは違いだいぶソフトな作りになっている・・・

本では法に触れる行為や、性生活の露骨な描写、そしてふたりの共通の友人が実名で挙げられ、彼女らへの陰口やプライバシーの暴露など、不特定多数の人物の目に触れる書籍としてはかなり激しい内容であり、ネット上などでも批判的論評が多かった・・・

それらのシーンは映画では皆無であり、全編を通じて妻と子供への感謝を主眼とした作りになっている映画である

正直、本を読んだ時は『この夫婦ヒドくね』と言った感情がわいて来る程、何もそこまで正直に書かんでもと思った本でした・・・
これを映画化とは・・・と思ったのだが、観てみたら・・・
キツい言い方かもしれないが美化し過ぎだろうと・・・

本を読む限りではかなり嫌な夫婦だった事が伺えるのだが、本人が書いたのだから事実なのだろう・・・
包み隠さず全てを正直に書きたかったのかも知れないが、亡くなった奥さんの為にも包み隠しておいた方が良かったのではと俺は思った・・・
実名で書かれた友人達もたまったものでは無いだろうし・・・

夫の本村洋氏はTVで見てるとかなり弁の立つ人間の様だが、言わなくて良い事まで言っちゃいそうな人間に見える
さぞかし敵も多かったのではないだろうか・・・

勿論一番悪いのは犯人であるが、彼の著書やTVでのハキハキした喋り方に嫌悪感を抱いた人は多い筈だ
無念にも被害者になってしまった上に、夫の余計な行動で死んでまでネット上で批判されなければならない奥さんに同情するが、本を読む限りではこの奥さんも相当アレなんだよなぁ・・・

本に書いてある事が事実ならば、この映画は全くの作り話になってしまう・・・
原作(と言って良いのか)と映画がここまで食い違うのも珍しい、違和感タップリの映画です

先日犯人に死刑判決が出たが、遺族がこの夫じゃなかったら違った判決になったかも知れない・・・
そう考えれば夫の功績は大きいが、死してなお辱められる奥さんや、本に実名で書かれ誹謗中傷されている友人達の事を考えると、やっぱり『なんだかなぁ・・・』って感じです・・・

2012年03月22日

Bluetooth HEADSET

iPhoneでの運転中通話用に『Bluetooth HEADSET』を使ってるんだが、息子がPS3でボイスチャットをしたいのでくれと・・・

しょうがないのであげましたよ

topimage_convert_20120321144421.jpg

PS3用にペアリングしてやって早速使い出したが、廻りには相手の声が聞こえないので、一人でブツブツ言いながらゲームをやってる危ないヤツの様な絵面に・・・

最初は自分で買おうとした様だが、SONY製のPS3用ヘッドセットは5,000円もするらしくて断念したらしい
で、俺が使ってるのを思い出して、くれ

つ~~か、さすがSONY ボッタクリ過ぎだろ

ヘッドセットなんてドンキとか行けば2,000円もしないし、実際俺の使ってるのもそんなもんだった
機能なんてそんなに変わんねえだろうし、高過ぎだよ

何ですか SONYのロゴを印刷するのに3,000円もかかるんですか

βのビデオの頃からそうだが、SONY製品は高過ぎる・・・
メモリーカードにしたってMicroSD全盛のこの時代にメモリースティックなんちゅう独自規格だし・・・

高いくせにすぐ壊れるから『SONY タイマー』なんて言われる位だし

アンチSONYな俺は、PS、PSP等のSONYでしか買えない物以外は絶対にSONY製品は買わない
そんな殿様商売してるからいつまで経っても任天堂に勝てないんだよ

2012年03月21日

バイク整備

だいぶ暖かくなって来たのでバイクに乗る機会も増えるだろう・・・
と言う訳で、愛車CB子ちゃんの整備をしました

オイル交換、エレメント交換、ラジエーターのLLC交換、ブレーキオイルの補充等々・・・

1_20120321134838.jpg

ナンバー灯にLEDを使ってるんだが、これが点かなくなってしまったのでこっちも直した
分岐タップでテールランプから配線を取ってるんだが、これの接触が悪かった様だ・・・

1609339-1_convert_20120321135751.jpg

配線を切らないで分岐させる事が出来るので便利だが、しっかり止めないと配線の皮膜がきちんと剥けない様で、そこが接触不良を起こしていたみたい・・・

しっかり止め直して整備終了~~
もう30.000kmを越えているCB子ちゃんなので、しっかり整備してやらんとな

2012年03月20日

ランウェイ☆ビート

今日は『ランウェイ☆ビート』を観ました~

no4324-001_convert_20120320233305.jpg

高校2年の塚本芽衣のクラスに、“ビート”こと溝呂木美糸が転校してくる
天才的なファッションセンスを持つビートを中心に、クラスメイトたちは文化祭のファッションショー成功させるべく奮闘を開始するが・・・

と言ったストーリーですが、パターンとしては『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』と同じ高校部活モノです

ただ『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』と違い、色々な要素を詰め込み過ぎて失敗してる感が丸出しです
親子の確執、ガールフレンドが不治の病、イジメ、今年で廃校になってしまう為に最後のイベントとなる・・・等々

文化祭でファッションショーは良いとして、大手アパレル会社が妨害して来たり、在校生がいるのに学校が廃校になってしまうなんて現実では絶対にありえない
紆余曲折あって最後に学校でファッションショーになる訳だが、とても高校生の手作りと言ったクオリティでは無いし、一体いくら掛かってんだよと聞きたい位だ

とにかく何でもかんでも詰め込み過ぎた為に、一つ一つのエピソードが薄っぺらで、ストーリーも先が読めてしまうし、実際に予想通りに進んで行く・・・
全く意外性も何もありません

311の震災直後の公開だった為に、興行収入が伸びなかったとか言ってますが関係無いな
どのみちB級映画の烙印を押される運命だったろう・・・
震災は言い訳に過ぎませんな

ところで主演の瀬戸康史なんだが、どうにもあのアヒル口が気に入らない・・・
女の子がアヒル口だと凄く可愛いのに、男がアヒル口だとこんなに苛つくとは・・・
俺の勝手な主観ですけどね
まぁアヒル口なのは本人のせいじゃ無いので仕方無いんだけどね[emoji:v-411

R4の非公式カーネルである Wood R4 v1.46 が公開されました

R4_20101129091006.jpg

『ポケモンプラス ノブナガの野望』に対応した様です

2012年03月18日

親愛なるきみへ

今日は『親愛なるきみへ』を観ました~

_entrance_03_convert_20120320152026.jpg

米軍特殊部隊の兵士ジョン・タイリーは、2週間の休暇で赴任地ドイツから父親が暮らすサウスカロライナに帰省する
1人暮らしの父は自閉症だったが、ジョンとは深い絆で結ばれていた
やがてジョンは、帰省中の女子大生サヴァナ・カーティスと海辺で偶然知り合い、恋に落ちる

瞬く間に2週間が過ぎ、ジョンが赴任地に戻る時が訪れるが、機密事項のため行き先を告げることができないジョンと、学校で大学生として生活するサヴァナ・・・
遠く隔てた距離を埋めるように、2人は約束通り手紙の交換によって、大切に愛を育てていった

時は流れ、世界情勢が複雑化し、ジョンは任務を延長せざるをえない状況に追い込まれる
祖国への献身とサヴァナの元に戻りたい想いの間で苦悩するジョン・・・
故郷へ戻ったサヴァナも孤独に耐え、2人の絆をなんとか保とうと努力していたが、9・11同時多発テロ事件が2人の間を引き裂く

ある日、ジョンの元に届いたのはサヴァナからの別れの手紙・・・
生まれて初めて心を開ける相手を見つけたと思っていたジョンは打ちひしがれ、自ら激戦地での任務延期を志願する

やがて戦場で負った傷も癒え、故郷へ帰還したジョンはサヴァナと再会
そこで彼は、手紙には書かれていなかった驚くべき真実と向き合うことになる・・・

同じ作者の『きみによむ物語』の感動を期待して観たんだが、残念ながら感動出来る映画ではありませんでした

ストーリーが『君に読む物語』と全く同じなのですが、脚本が悪いのか、演技が悪いのか、遠く離れたカップルの苦悩と言ったモノが全く伝わらず、心を打つものがありませんでした・・・

全米では『アバター』を抜き、興収No.1の座に輝いたらしいのだが、
嘘でしょって感じでした・・・

2012年03月17日

お通夜

今日は会社の人のお通夜に参列して来ました・・・
折しも雨模様で、遺族の方の涙雨だったのでしょうか・・・

ご冥福をお祈りします・・・

今日は『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター』を観ました~

the-reef_convert_20120314182819.jpg

グレートバリアリーフでバカンスを楽しむ5人の男女
しかし滅多に人が訪れない穴場ポイントで、彼らの乗ったヨットが座礁し転覆してしまう
とりあえず転覆したヨットの船底に上がる5人だが、このままでは船は沈んでしまうし、潮の流れに乗りますます陸地からは遠くなってしまう・・・
近くの島まで20km・・・泳ぐか、このままヨットに残って救助を待つかの選択を迫られる5人だが、4人は泳いで島を目指し、1人はヨットに残る

ここから先は泳ぎ出した4人の物語であり、ヨットに残った1人は蚊帳の外です

さて、泳ぎ出したその場所は鮫の巣窟であり、人食い鮫がウヨウヨ・・・
と言う設定なのだが、実際には鮫は1匹しか出て来ません・・・
しかも水中カメラで泳いでる鮫を撮っただけの映像で、ストーリー中でどんどん仲間が鮫に食われて行ってしまうのだが、食い付いた瞬間とかが全く映像に無く、鮫の向かって来る映像と、海中でもがいている人の映像を合わせただけのリアルさのカケラも無い映像である

水面に鮫のヒレ、もがく人、向かって来る水中の鮫、水中に引っ張り込まれる人、水面に浮かぶ血・・・
これらが順番に流れるだけなので恐くも何とも無い・・・
CGやアニマトロニクスを使用して食われる瞬間を見せない事にはパニック映画として成立しないだろ

喰われた跡や喰いちぎった足でも見せればいくらかリアリティも出るのだがそれも無い

オープン・ウォーター1、2を観た時に、何で鮫が来ないんだろうと疑問に思っていたので、今作では鮫がウヨウヨと言う事で期待していたんだが期待外れでした

2012年03月14日

5年後のラブレター

今日は『5年後のラブレター』を観ました~

bee5tuki1-thumb-600x424-5985_convert_20120313215042.jpg

中学校からの恋を実らせ結ばれた渉と菜緒・・・
菜緒に子供ができ、幸せの絶頂のさなか、渉は癌におかされ余命宣告を受ける・・・
渉は菜緒には最後まで自分の病気を知らせない様に廻りに頼み、ある日突然旅立ってしまう・・・

残された菜緒は裏切られた様な気持ちと、気付いてあげられなかった自分を責める気持ちの中で息子を独りで育てた・・・
そして5年後のある日、息子が「海賊からの挑戦状」と記された、渉が書いた手紙を見つけた
「宝探し」を始めた息子に菜緒も付き合い、やがて「宝」を見つけた
渉が残した「宝」とは、息子の誕生を見ずにこの世を去った渉からの最後の贈り物だった・・・

「世界の中心で、愛をさけぶ」「いま、会いにゆきます」「余命1ヶ月の花嫁」などのドラマを手がけてきたTBSが企画開発し、携帯電話専門の動画配信サイト『BeeTV』で放送したドラマです

一緒に居られずとも永遠に繋がっている夫婦の愛と号泣の感動ラブストーリーです

2012年03月13日

同い年の家庭教師

今日は『同い年の家庭教師』を観ました~

20070307083802_convert_20120313140905.jpg

先日観た『悲しみよりもっと悲しい物語』でのクォン・サンウがなかなかいい味を出していたので、同じくクォン・サンウ主演と言う事で観てみたんだが・・・

う~~~ん・・・普通・・・
まぁ題名からでも容易に推測出来てしまう様に、同い年の家庭教師と生徒のラブコメです

2年間のアメリカ留学を終えて帰国し、高校へ復学するジフンだが、大金持ちの息子である為にワガママ放題のバカ息子・・・
手を焼いた両親は息子に家庭教師をつけるのだが、あまりのワガママっぷりに誰も長くは続かない
次にやって来た新しい家庭教師のスワンは女子大に通う自分と同い年の女性・・・
スワンは家庭の事情もあり、持ち前の負けん気とお金のために家庭教師を続ける

そうこうしているうちに二人の気持ちに変化が・・・
ありがちなストーリーですな

ジャケットに鶏がいっぱいいるので何かの伏線かと思ったのだが、単にヒロインがフライドチキン屋の娘ってだけだし、家庭教師って割には勉強するシーンはほとんど無いし・・・
ラブコメを作るのに後から設定を付け足した様な感じですな

まぁそれでも可も無く不可も無く作られているので、暇な時にサラッと観れる映画ですかね

2012年03月12日

iOS 5.1

『iOS 5.1』がリリースされました

1_20120313091502.jpg

最大のトピックはSiriの日本語版だが、それ以外にも数多くの改良や新機能が搭載されている

しかしSiriはiPhone 4Sの機能なので、iPhone 4の俺には関係無い
一番の利点は何と言ってもバッテリーの寿命の問題が解決された事だね
ただ、アップロードした人達からは『変わらない』『大幅に改善された』と賛否両論の様なのだが、これは端末ごとの不具合なのだろうか・・・

俺のiPhoneはアップロードしたばかりなのでバッテリーの持ちがどの程度改善されてるかまだイマイチ分からない・・・
今後、検証してみたい

もう一つはフォトストリームから写真を削除できるようになった点が俺には有難い
フォトストリームはバックアップという性格上、削除機能が無いので、失敗した写真なども消せない為そのまま残ってしまう
まぁ30日しか保存してくれないので放っておけば勝手に消えて無くなるのだろうが、几帳面な俺にはこれは我慢ならない
いらないモノは即刻削除して、データ管理と空き容量の確保をしたいので、フォトストリームを編集・削除出来るのは嬉しい

他にもロック画面からカメラを直接起動出来る等、改良は多岐に渡っていますが、今後使いながら検証して行きたいと思います

2012年03月10日

JSA

今日『JSA』を観ました~

img_50568_10680495_0_convert_20120310172033.jpeg

先日観たばっかなんだが、基本的に洋画は字幕でしか観ないので、たまにストーリーとかで納得がいかなかったり、意味が分からなかったりする事がある・・・

だいたいの映画はそれでも全体のストーリーは分かるし楽しんで観れるので良いのだが、こう言う傑作を観ると細部までストーリーを理解したくなり、再度観る事があります

2回目を観る時は日本語吹き替えにし、更に日本語字幕を表示させて観るのが俺流
で、これをやるといつも思うのが、吹き替えと字幕で言ってる事が違うなぁと言う事・・・
字幕だと長さ的に表示しきれない等、理由は何かあるんだろうが良く分からん

ただこう言う観かたをするとストーリーがとても良く頭に入ります
俺だけ・・・

映画を観ながら日本語のセリフを聞き、同時に字幕を追う・・・
字幕と吹き替えが同じ言葉の場合は何と言う事はありませんが、字幕と吹き替えのセリフが食い違う箇所は、『こう言う意味なんだ、こう言う事が言いたいんだ』と言う事がとても良く理解出来て更に映画が楽しくなります
やっぱり俺だけ・・・

で、2回目の視聴を終えての感想ですが、やっぱり名作だ

ストーリーも完璧に理解し、1回目に観た時に感じた疑問点も全て解消しスゲぇ面白かった

南北朝鮮の分断による悲哀と葛藤がよく描かれている傑作ですな
観た事が無い方には是非お勧めします

2012年03月09日

新iPad

アップルがRetinaディスプレイ搭載で4G LTE対応の新iPadを3月16日に発売すると発表しました~

o060004000308_apple_ipad_convert_20120310163935.jpg

発売前には『iPad 3』や『iPad HD』等の名称が噂されていたが、実際はシンプルに『iPad』となったみたいです
iPad用のiLifeとiWorkを搭載し、Wi-Fi+4Gの超高速ワイヤレス接続で、Retinaディスプレイは『iPad 2』の4倍と言う事なので奇麗な液晶なんだろうが、iPadを買っても何処で使うんだと言う感じな為にいまだ購入には踏み切れません・・・

電子書籍を読んだりするには良さそうだが、読書が趣味の俺としてはやっぱり本は紙媒体が良いし、外ではiPhone、家ではMacで全てが事足りるので、いまの所使い勝手が見つからない・・・

アップル信者としてあまり文句は言いたく無いのだが、iPadってマジで使いどころが無い気がする・・・
ウェブブラウザはSafariなんだが、Flash非対応の為、Flashで作られてるウェブサイトは見られない←これはiPhoneにも言える事である

写真を読み込めると言ってもカードリーダーが付いてないのでiCloud等を経由させないといけない・・・

結局デカくなったiPod Touchの様なモノであり、これで基本使用料4,410円はちとツライ
iPhoneは小さくても電話も出来るし、カメラも付いてる
そう考えるとやっぱりiPadはいらないんだよなぁ・・・
iPhoneで十分でしょ

買ってキャバクラにでも持ってけば、ネエちゃんを引っ掛けるのには使えそうだけどな

2012年03月08日

JSA

今日は『JSA』を観ました~

20120307210745.jpg

南北朝線分断の象徴的空間である板門店 -Joint Security Area-
その板門店の北側警戒所で銃撃事件が 起きる

北朝鮮警戒所兵チョン・ウジンが死に、オ・ギョンピル中士が負傷したまま発見される
容疑者は事件直後に南北軍事分界線上に倒れていた南の警戒所兵イ・スヒョク兵長

北朝鮮軍に拉致された韓国兵士が脱出し発生した事故だと主張する韓国 と、軍事分界線を侵犯した韓国軍のテロだと主張する北朝鮮が対立する

と言うのは表向きの理由で、真実はあってはならない南北兵士の友情の物語である・・・

ドイツのベルリンの壁も消えた現在、世界一ヘビーな場所である38度線・・・
この軍事境界線をはさんで南北兵士の間に芽生える友情・・・
しかし楽しい時間は長くは続かず銃撃戦になってしまう・・・

とても重いテーマですが、許されざる友情を育む事になった南北の兵士達の交流と顛末を描いたヒューマンドラマであり、飽きる事無く観終わってしまう傑作です

韓国では公開当時『シュリ』をも抜き、ソウルでの入場者記録を塗り替え社会現象となったそうですが、朝鮮民族の南北分断と言う事実に多くの人が関心を持っている結果でしょう
朝鮮戦争の休戦協定調印により南北分断された朝鮮半島・・・
およそ60年にも渡り分断され、今もなお分断の続く同一民族の悲しい歴史を知る事が出来る映画でもあります
現在は停戦中と言う事にはなっていますが、今後も統一される事は無いんだろうなぁ・・・

2012年03月07日

OPEN WATER 第3の恐怖

今日は『OPEN WATER 第3の恐怖』を観ました~

1_20120306211827.jpg

内容は『OPEN WATER 2』とほぼ一緒で、途中から偶然に黒人達が乗った小型のボートが通りかかり、彼らに救助してもらいますが、そこからサスペンス映画の様な展開になって行きます

ところでこの映画、OPEN WATERのシリーズでは無い様です・・・
タイトルこそ『OPEN WATER』と銘打っていますが、原題は『BLUE SKIN』であり、OPEN WATERに内容がソックリなので勝手にこんな邦題を付けたらしい
しかも『3』と勘違いさせるかのように、副題で『第3の恐怖』となってるあたり、OPEN WATER人気に乗っかろうと言う作為的な感じです

前作を観た方には目新しい要素は少なく、終盤の展開はそこそこ緊張感があるものの、そこに至るまでが冗長であり、ちょっと退屈な感じです・・・

去年の夏に公開していた『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター』が正式な続編らしいので、次はこっちを観てみよっと

2012年03月06日

クロサワ映画

今日は『クロサワ映画』を観ました~

cx_kurosawa_poster0313_convert_20120305171933.jpg

「第2回沖縄国際映画祭」に出品された映画で、劇場公開の予定は無かったのだが少数の映画館で僅かな期間だけ上映された様です
「第2回沖縄国際映画祭」で、Laugh部門・海人賞グランプリと、審査員特別賞ゴールデンシーサー賞をW受賞したとの事で、是非観てみたかった・・・
やっとDVD化されたので早速観てみました

森三中の中でただひとり“女の幸せ“を掴んでいない黒沢かずこはイケメン俳優と出会い、恋に落ちたかに見えたが・・・

光浦靖子、大久保佳代子、椿鬼奴など人気芸人たちが本人役で出演。“女芸人“として生きる黒沢かずこの姿が感動を呼ぶラブコメディです

現実と映画の境界線があやふやで、とても楽しい映画でした
芸人さんが多数実名で出演してるので、芸人好きな方にもお勧めです

昔から森三中の黒沢って可愛いくねと言ってる俺なんだが、息子に言うと『馬鹿じゃね』と、言われます
でもこの映画を観てみたら、やっぱり可愛いと思うんだけどなぁ・・・
美人じゃ無いけど、愛嬌があって可愛らしい・・・
森三中の中ではダントツでしょ

何気に傑作なので、観て損はありませんよ
勿論あの『黒澤映画』とは何の関係もありません

今日は『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』を観ました~

no4444-001_convert_20120305143527.jpg

ドラッカーのマネジメント論を高校野球に応用し、弱小野球部が甲子園を目指す
と言う原作を忠実に映画化したのですが、なんせ原作が駄作だったので全く期待していませんでした
~でした。~でした。って子供の作文かよって本だったので読んでいて疲れたのを覚えています

DMM.comで無料レンタル出来たので、一応話題作だし観とくか~程度の感じだったのだが、これが以外と言うか、割と面白かった

普通にスポ根映画として面白かったが、ドラッカー理論なんて途中から行方不明で、ドラッカーは関係無いじゃんって感じですね
まぁ原作もそうだったのである意味、忠実には映画化されてるわけですが・・・

以外にAKBメンバーの演技が上手いのもビックリ
しょせんアイドル映画だろ思って観ると嬉しい裏切りにあいます
某ジャニーズの某キムラとか、某クサナギは見習わなくちゃいけませんな

『タッチ』で感動し、涙したアラフォー世代にはホロッと出来る面白い映画なんじゃないでしょうか

しかしエンディング曲がAKBの『Everyday、カチューシャ』なのはいただけない・・・
ラストでそこそこ感動してたのに、エンディング曲が流れた途端に感動は吹っ飛んでしまいました

映画と曲が合わな過ぎ・・・
いくらAKB主演とは言ってもこれじゃなぁ・・・

AKBと言う縛りを無くして、違う俳優陣で撮ったらもっと面白くなるんじゃないの
特にAKBの二人の演技に文句はありませんが、AKBを起用する事により、挿入歌やオープニング、エンディングとAKBの曲を使わなければいけないなら、AKBの二人は外して他の女優を使い、曲もそれなりのモノを使った方がもっと面白くなると思ったよ

ところで、大泉洋が俺の中で『ねずみ男』のキャラから抜け出ず、どんな役をやってても『ねずみ男』に見えてしまう どうしたら良いだろう・・・

2012年03月04日

OS X 10.8 Mountain Lion

AppleがMacの次期OS『OS X Mountain Lion』を発表しました

20120217os-x-mountain-lion-the-future-of-the-mac_convert_20120304215333.jpeg

今夏にMac App Storeよりリリースする予定だそうです
新しい機能として、

・iCloudへの対応
・Messages
・Reminders
・Notes
・Notification Center
・Share Sheets
・Twitter
・Game Center
・Air Play Mirroring
・Gatekeeper

これを見ると分かるように、iPhone用のOSである『iOS』の機能が新たにMac OS Xに搭載される感じです
今回のメジャーアップデートからOS Xと名称を変え、Macの文字が無くなります・・・
これはiPhoneもMacも将来的に同OSを使って動かそうと言うAPPLEの考えが現れている物と思われます

APPLEの製品群の親和性の良さは折り紙付きですので、OSが統合される事によりますます親和性に磨きが掛かって行く事でしょう

過去の失敗によりPCのシェアではWindowsに水を空けられてしまったAPPLEですが、現在では売り上げ高世界No,1の大企業に成長しました
現在世界標準と言われるWindowsとこれだけのシェアの差がありながら、会社としての売り上げはAPPLEの方が上なのですから、いかにAPPLEの製品群に魅力があるか分かろうと言うものです

そもそも現在のPCの元を開発したのはAPPLEであり、WindowsはそれをパクっただけのOSです
あくまでマイクロソフトの営業力が優れていただけであり、やはり技術力ではAPPLEの方が上ですね

最初の売り込みの失敗さえ無ければ、現在のPCのシェアは完全にAPPLEのモノであり、マイクロソフトなんて会社自体存在しなかったかも・・・
それを考えるとジョブズの最大の失敗だよなぁ・・・

まぁ売れる事より、楽しい物を作ると言うジョブズの考えがあったからこそのAPPLEなので、金儲けに走ってマイクロソフトみたいになってたらiPhoneもiPadも世に出て来なかったかも知れないと考えると、失敗した事もそれはそれで良かったのかも知れませんね

ジョブズ亡き後も魅力的な製品を作ってもらいたいものです

俺が世界で一番美人だと思っているチョン・ジヒョンが結婚してしまうそうです・・・

img_1129295_59823903_0_convert_20120302211837.jpeg

彼女ももう30歳なので、結婚してもおかしくは無いんだが・・・

相手は幼なじみの銀行員だそうで、6月2日にソウル市内のホテルで結婚式を挙げるらしい・・・
くそ~~~羨ましいやら、妬ましいやら・・・
何で俺はチョン・ジヒョンの幼なじみに生まれなかったんだ

来世では一緒になろうね

今日は『パイレーツ・オブ・カリビアン 命の泉』を観ました~

scan-36-4_convert_20120228225136.jpg

永遠の命をもたらす伝説の“泉“を求めて、いくつもの野望が大海原に渦巻く時、ジャック・スパロウの新たな旅が始まる
パイレーツ史上最強の敵“黒ひげ“、ペネロペ・クルス扮するジャックの昔の恋人アンジェリカなど、魅力的な新キャラクターも加わる

『呪われた海賊たち』『デッドマンズ・チェスト』『ワールド・エンド』に続く第4作ですが、そろそろ飽きて来たと言うか、ジャックのあの独特の喋り方がイライラしてきた・・・

人魚のシーンはかなり神秘的で惹かれましたが、見どころはそこだけかなぁ・・・
2作目か3作目でやめとけば良かったのに、調子に乗って4作目・・・
そろそろネタ切れの感があるねぇ・・・

カリブの海賊の筈なのに舞台がカリブ海じゃ無いし、そもそも地上のシーンが多過ぎだよ
タイトルから『パイレーツ・オブ・カリビアン』を取るべきだな

ラストのシーンからすると5作目もありそうだが、正直もう飽きて来たので観ないかも知れません

R4の非公式カーネルである Wood R4 v1.45 が公開されました

R4_20101129091006.jpg

[更新内容]

Change log (v1.45):

core:
- minor fix in homebrew softreset.
- devkitpro 'Exit to Menu Protocol' support. (http://devkitpro.org/wiki/Homebrew_Menu)
- associations support added. you can associate any file type (except nds&gba) to any homebrew application. launched file passed to application as argv[1] params. i know two applications that support this: nesDS and Iku reader. associations settings stored in /__rpg/associations.ini file. sample:
[nes]
launcher=fat0:/nesDs.nds
show=1
[fb2]
launcher=fat0:/iku.nds
show=1
[epub]
launcher=fat0:/iku.nds
show=1

compatibility:
- 'shin megami tensei - devil survivor 2 (usa)' fixed.

プロフィール

mayu

Author:mayu
出身地  /江戸
血液型  /几帳面なA
趣味   /バイク・料理・映画
特技   /飲酒

御来場有難う御座います!

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント
カテゴリ
リンク
過去Logを検索

月別アーカイブ