MayuLog。

我が家のニュース・Macな事・バイクの事等を気の向くままに書いて行くぞ! 気の向いた時にヌルッと更新!(^^ゞ

 
2015年08月05日

ベタ

サカサクラゲに続き、プチアクアシリーズの『ベタ』を購入しました



空気呼吸が出来るので、サカサクラゲ同様に小さな容器で飼えるので、パソコン廻りが涼しげになるかと
どのみちベタは『闘魚』と呼ばれる程気性が荒いので2匹同時には飼えない
結果、小さな容器で単独飼育になるのはお決まりである
昔は赤いベタを買っていたので、今回は青にしてみた

クラゲと段重ねにして飼ってます

2_20150730090836680.jpg

サカサクラゲとは違い淡水魚なので水換えは簡単です
ウチには熱帯魚水槽があり、濾過された綺麗な水が水槽にたっぷり入ってるのでそこからちょっと貰って水換えしてます

狭い住処ですが、どっちも長生きしてほしいなぁ・・・

2015年07月24日

クラゲの水換え

サカサクラゲの水が少し汚れて来たので、水換えをしなくちゃならんと思い、海水の素と比重計を買って来た



昔海水魚を飼っていた時に比重計は持っていた筈なんだが、どうしてもみつからないので新しく買って来た
海水魚を飼っていた時にあまりに手間がかかるのでやめてしまったのだが、その時に捨てちゃったのかも知れないな・・・
今も水槽は続けているが、淡水の熱帯魚オンリーだからな

で、2Lのペットボトルで海水を作った

2_20150720115950629.jpg

比重を計ってみたら1.021くらいなんだが、海水の比重は水温が摂氏24度の時に1.023くらいなのでちょっと薄いか・・・

3_20150720115951d52.jpg

比重は水温が高ければ低くなるので、丁度良いくらいだと思うんだが・・・
(水道水で作ったのだが、暑い季節なので水温が28℃もあった

冷蔵庫で一旦冷やし、表に出して24℃になったあたりでもう一回測ってみよう
問題無いとは思うけどね

それにしても2Lもあると毎日水換えしても半月は保つなぁ・・・
何てったって飼育容器がこんなだからね


過去Log。

毎日なんてやってられないから2〜3日に1回位か・・・
すると1ヶ月以上保っちゃうなぁ
冷蔵庫に入れとけば大丈夫だろうか
次は500mlくらいで作ろう

2015年07月08日

サカサクラゲ

先日から飼い始めた『サカサクラゲ』だが、別に餌を必要としないと言う事だったのでそのままにしてたら何だか元気が無くなって来た・・・

過去Log。

餓死とかは最悪なので餌になるものを買いに行ったんだが、ちゃんとサカサクラゲ用の餌が売ってた



餌はいらねえんじゃ無えのかよとツッコミを入れたくなったが、説明書を読んでみたらサカサクラゲ専用では無く、クラゲ全般の餌らしい・・・
てか、クラゲ用の餌が売ってるほどクラゲってペットとしてメジャーなのか
カルチャーショックである・・・

とりあえず購入し、餌をやってみた
付属の注射器で餌を吸い込み、クラゲの足元に噴射すると、クラゲの脚にビッシリと餌がこびりついた
ハッキリ言って気持ち悪い光景である

CCvY5.jpeg

黄金イカってあるじゃないですか
イカに数の子をバラしたヤツがまぶしてあるヤツ・・・
あんな感じですね
黄金イカが食えなくなりそうである

これで元気になってくれれば良いのだが・・・

2015年06月28日

サカサクラゲ

プチアクアシリーズの『サカサクラゲ』を買ってみた

1_201506271804068c9.jpg

忙しすぎる毎日を送っている今日この頃だが、何も考えていないであろうクラゲを眺めて癒されてます

色んな種類があるプチアクアだが、サカサクラゲは餌をやらなくても生きて行けるのでこれに決めました
たまに水換えくらいは必要だろうが、その位はたいした手間じゃない・・・
そもそもウチには熱帯魚がいるので、水換えなんて日常茶飯事だしね

餌をやるのだって手間では無いが、クラゲが何を食うのかも分からなかったから説明書を読んでみたら、餌をやらなくても大丈夫だと言う事なので、こりゃあ楽だわと言う事でサカサクラゲに決めました

詳しくはこちらへ

         プチアクア

生まれ変わったらクラゲとかも良いなぁ・・・

2014年11月30日

LED照明

水槽の照明をLEDのモノに交換してみた



省電力・長寿命ってのも魅力だが、薄型で場所を取らないのと、LEDなので発熱量が少ないので夏場の水温上昇に役立つかもと思って購入

2_2014112614443455a.jpg

夏場の水温管理には一苦労なので、これでいくらか改善したい・・・

3_20141126144436ecb.jpg

今までの蛍光灯だとこんな感じ・・・

1_2014112614555371e.jpg

LED照明に変えてみると劇的に白い光になったんだが、写真じゃ良く分かんねえなぁ・・・

2_20141126145554333.jpg

ついでに水換えもして完了〜

1_20141126150117658.jpg

2014年08月06日

ココアが効く?

我家のグッピーがまたもや腹水病を発症しました
今までも何度か腹水病で死なせてしまっていて、エロモナス菌によるものだと分かっているので、それに見合った薬を投入してみてもどれも効果は上がらず結局お星様に・・・

エロモナスは水質劣化が原因なので、勿論水換えも行ってますが毎回残念な結果になってしまっています・・・

とりあえず0.5%の濃度で塩水を作り、塩浴させておきながらネットで調べてみたら『ココアが効く』と言う記事を散見しました
今までもネットで調べてたんだけどそんな治療法は初めて見た・・・

調べ方が悪かったのか、最近の治療法なのかわかりませんが、とりあえず試してみようと思いココアを購入して来ました
家にもあったのですが、砂糖入りのヤツで、『純ココア』じゃないと駄目らしいので買いに走りました



森永とバンホーテンのヤツが売ってたので、ここは高級なバンホーテンをチョイス

60ℓに10gのココアを溶かして『ココア浴』もしくは餌に混ぜてココアを与えると良いそうな・・・
正直ココアを溶かした水に魚を入れるって〜のに抵抗があったので、餌に混ぜてみる方法を試してみました

ココアなんて食うのかなぁと思って入れてみたんだが、これが凄い食いつきで、市販のフードより美味しそうに食ってるんだが、どう言う事

ちょっと水面に油膜の様なものが浮きましたが、まぁ気になるレベルでもないし、これで治るなら御の字です

今日始めたばかりなのでどうなるか分かりませんが、これで何日か様子を見たいと思います

2014年07月15日

水槽交換

水槽のシールがどこか剥がれたらしく、底面に水が入りだしてしまった・・・

3_20140713155510458.jpg

底面に白い筋の様なものが入ってしまっているのが見えるでしょうか
これが全部水なんですが、とりあえずここまでで水漏れは止まっている様で外部には漏れて来てませんが、このままにしとく訳にはいかないので、大急ぎで水槽を購入しました

2_2014071315551059e.jpg

水換えは勿論ですが、せっかくなので器具にこびり付いた苔を全て掃除してから再セット

1_20140713155510461.jpg

水槽もピカピカ、水もピカピカで魚も気持ち良さそうです

壊れた水槽はどうすっかなぁ・・・
水を入れないで、たとえば爬虫類とかを飼うならまだ十分使えるけど、そんな予定も無いしなぁ
結局捨てちゃうしか無いんだろうな

2013年10月10日

グッピー

我家の水槽で飼っている熱帯魚達なんですが、グッピーのメスが次々と死んでしまい、遂に全滅してしまいました

1_2013101021204767d.jpg

オスは何とも無いのにメスばっかりが死んでいくので病気とかでは無いと思うのですが、産仔直後から底に沈む様になり、気が付いた時には死んでいるの繰り返し
同時期に生まれたグッピー達なので産仔疲れと寿命なのかなぁ・・・

その代わりと言っちゃなんですが、死ぬ前に産んだ稚魚達が相当数元気に泳いでますので、大事に育てたいと思います

世代交代という事で仕方無いのだろうか・・・

我家の水槽に新しい魚が仲間入りしました

1_20120807091010.jpg

姿形も名前もプレコだが、ドジョウの仲間に分類されるらしい・・・
急流の中で生活しているのでこの様な姿になるらしいので、飼育には水の流れを作ってやらないといけないなぁ・・・

とりあえず濾過器の戻りとエアーレーションで流れを作ってみましたが、その後はいつも同じ場所にいるので快適なのか

見どころはやはり裏側ですね
水族館でエイ等を見た時もそうですが、裏側に愛嬌があります

2_20120807091009.jpg

苔類を主食としていますので水槽内にある程度の苔を生やしておかないと餓死してしまいそうですが、人工餌にも餌付くらしいので、徐々に慣らして行こうと思います

2012年06月10日

グッピー増殖中~

二代目グピ江さんが産気付き、様子を見ていたところ無事産仔しました

初めて動画撮影に成功したよ

グッピー産仔

2012年05月08日

祝!!産仔

先日グッピーエイズにより、親魚と稚魚100匹程が全滅してしまったグッピーですが、水槽と濾過器、その他を全て消毒し、再度ペアを購入しました

水質管理を前回以上に厳密にする為に、毎日PHを測定してグッピーに最適な水作りをして来ました
その甲斐あって、めでたく二代目グピ子さんが御懐妊
さっそく産卵BOXに隔離しました

CIMG5144_convert_20120509085436.jpg

その後数日間はオスに追い回される事も無く、産卵BOXで優雅な一人暮らしのグピ子さん・・・
そろそろかなぁと思ってたら、今朝起きた時には産仔が完了していました

CIMG5179_convert_20120509085530.jpg

今回は珍しく写真が奇麗に撮れたので、大きな写真を載せてみました
写真をクリックすると拡大します
水の中を泳ぐ魚の撮影って難しい・・・
何度撮ってもコツがつかめない・・・

全部で12匹位かな・・・
今朝見た時には産子を終えたグピ子さんが赤黒いフンをしていたので、恐らく何匹かは食べてしまった様です・・・
食仔をするとフンの色があからさまに変わるのですぐ分かります・・・

前回死なせてしまったグッピー達の為にも、今回はしっかり育てたいと思います

2012年04月11日

グッピーエイズ

稚魚も大きくなり、良い感じになって来たここへ来て、グッピーエイズが発症し、わずか2日間で親魚を含むグッピーが全滅してしまいました

グッピーエイズはグッピーにだけ発症し、しかも原因不明で治療法も確立していないやっかいな病気です

発症発見の翌日には90%以上が発症
上記の翌日には50%以上死滅
更に上記の翌日までには 90%以上死滅
発症が急峻で、「ほぼ全滅」までの時間が2~5日と短い

1996年頃から流行しだした病気で、発見から10余年経ちますが、いまだに原因がはっきり分らず、ウイルス・複合感染など幾つかの説があります
グッピーエイズと言うだけあって他の魚には感染しませんが、あまりに一気に魚が死ぬ為に水質が悪化し、結果他の魚も道連れに・・・
ウチの水槽では『インディアングラスフィッシュ』『ミナミヌマエビ』が道連れになってしまいました

原因も治療法も不明ではありますが、今の所一番有効なのは『パラザンD』だと聞いていたので、高価な薬ではありますが用意はしときました
しかし発見後すぐに『パラザンD』を投入しましたが、結局全滅・・・

仮に生き残ったグッピーがいても、『キャリア』にはなるらしく、グッピーエイズの『キャリア』であるグッピーがいる水槽に新たにグッピーを入れると、100%再発するらしいです

全滅してしまったので『キャリア』はいない筈ですが、かと言ってこのままこの水槽でグッピー再度飼うのは恐い
しかし水槽の中にグッピーは是非入れときたいので、魚を全て取り出し水槽を丸洗いし全換水
魚を戻して、今は『パラザンD』で薬浴させています・・・

赤ちゃんグッピーも産卵ケース内で死亡してしまったので、産卵ケースも熱湯消毒

これで数日様子を見て、グッピーを再購入したいと思ってます

75944-1.jpg

これが『パラザンD』です
昔は『パラザンD』と言う商品名だったんですが、今は改称して『観パラD』となってます
100mlで5,000円程と高価ですが、魚の命には代えられません・・・
これとエルバージュ、メチレンブルーを常備しておけばたいがいの病気には対処出来る筈なんですが、今回は駄目でした・・・

水質チェックも一日おき位にやってたんだがなぁ・・・
ゴメンよグッピー達・・・

2012年02月09日

放流

グピ子さんの産んだ13匹が一ヶ月を経過し、体長が1.5cm程になったので本水槽に放流しました

1_20120208210740.jpg

最初こそネオンテトラに突っつかれたりしてましたが、すぐに馴染んで元気に泳いでいます
尾びれに色が付いて来てだいぶグッピーらしくなって来ました
全員無事に大きくなります様に

いまだ産卵BOXに30匹以上のグッピーの赤ちゃんと、産まれたばかりの稚エビが何匹かいるんだけど、お母さんエビを本水槽に戻してたら違うエビも卵を包卵してるのを発見
よ~~く見てみたら3匹のエビが卵を持ってる・・・

せっかくなのでその3匹を産卵BOXに移動
産卵ラッシュはいまだ続いてる様です

このままじゃ水槽がグッピーとエビでいっぱいになっちゃうなぁ・・・
適当な所で隔離はやめなくちゃと思うんだが、お腹が大きかったり包卵してたりするとやっぱり無事に産んで欲しいので、つい隔離しちゃうんだよねぇ・・・

あんまり増え過ぎても酸欠等で淘汰されちゃうだろうから、適当な所で見て見ぬフリをしないとなぁ・・・

グッピーの赤ちゃんで大賑わいの我家の水槽だが、ふと気付けばミナミヌマエビのお腹に卵の様なモノが・・・

CIMG5039_convert_20120206115245.jpg

 クリックで拡大 

とりあえず産卵BOXに隔離しといたんだが、本日赤ちゃんが誕生しました

CIMG5077_convert_20120206115329.jpg

 クリックで拡大 

小っちぇ~~ 小っちゃ過ぎる・・・
産卵BOXは稚魚が外へ出ない様にフィルターが付いてるんだが、そんなの平気で抜けて行ってしまう小ささだ
体長1.5mm、体高0.2mmって所か
ミジンコみたいだ

このままだと全て本水槽に流れて行って他の魚の御飯になってしまうのは明らか・・・
ミナミヌマエビは水温変化には強いので、水の循環を止め、エアレーションを投入
水を循環させてないので産卵BOX内はすぐに水温が下がってしまうだろうが、とりあえずエアーが入ってりゃ水は冷たくても大丈夫だろ
てか、それ以外に方法が思い付かん・・・
とりあえずフィルターから抜け出ない程度まではこれで育てるしかないなぁ・・・

しかしエラい産卵ラッシュだ
水槽の中にフェロモンでも充満してんのか

現在グッピーの赤ちゃんが32匹・・・
全員元気に育っておりますが、グピ子さんが14匹、グピ江さんが25匹前後、グピ美さんが6匹産んだので本来なら40匹以上はいてもおかしく無いのだが、グピ江さんが産んだ25匹前後の半数が☆になってしまい、結果32匹で飼育中でした

そんな時、またグピ子さんが懐妊した様なので、再度産卵BOXへ隔離しました

2_20120122104532.jpg

そして本日10:20・・・産仔が始まりました
気付いた時には3匹の赤ちゃんが産卵BOX下部へ落ちていたので、そのまま眺める事数分・・・
4匹目がお腹から出て来ました

ところが何と・・・赤ちゃんをグピ子さんがパクっと食べてしまいました
本当に一瞬の出来事で、ポンと出てパクっと・・・
ポンパクって感じの出来事で、チョットした衝撃映像でした

グッピーが仔食してしまうのは勿論知っていますが、産まれた途端に食ってしまうとは・・・

呆気にとられていると5匹目がポンッと
そしてこの5匹目もグピ子さんは食べようと追いかけ始めましたが、何とか産卵BOX下部へと無事に落ちて行きました

このままじゃイカンなぁ・・・
そうこうしているウチに6匹目が出て来た・・・
赤ちゃんを救出しようと網を産卵BOXへ入れてみたが、小さ過ぎてすくえない
モタモタしてたらまた食べられちゃうので、産卵BOXに手を突っ込んで、産卵BOXの三角の部分(赤ちゃんが落ちて行く仕組みになってる部分)を持ち上げて、強制的に赤ちゃんを下部へ落とし込みました

これが上手く行ったので、その後はず~~っと産まれては持ち上げて落としを1時間程続けて産仔完了
まだ小さ過ぎて正確な数が数えられませんが、ザッと見て20匹弱位はいるんじゃないかと・・・

1_20120130124807.jpg

おそらく最初に気付いた時にも何匹か食われちゃった後だったんだろうなぁ・・・

元々仔食するグッピーだが、個体差もあるだろう・・・
グピ江さんなんて黙ってたって25匹前後も産んでるんだからなぁ・・・
グピ子さんは仔食が激しい個体の様です

思えば1回目の産仔も14匹しか産まなかったもんなぁ・・・
後はみんな食べちゃったのか
てか、そんなに食べて腹一杯にならないんだろうか

赤ちゃんが落ちて行く仕組みになってる産卵BOXに入れておけば大丈夫だと思ってたのが失敗だった様だ
お腹から出たグッピーの赤ちゃんはグッタリとして沈む様に下に落ちて行き、しばらく底でジッとした後に段々と泳ぎ出すのだが、あんな産まれた直後に食われちゃうんじゃ産卵BOXも役に立たないよなぁ・・・
腹一杯食った後に産んだヤツだけが生き残れるって事か

今回の様にたまたま家にいたときなら助けてやれるが、24時間見てる訳にはいかないのである程度は諦めるしかないな

そう言えばグピ美さんは6匹しか産まなかったんだよなぁ・・・
後は全部食っちゃったの

そんなに食えるもんなのか
元々お腹に入ってたモノだから、全部食っても丁度お腹一杯って理屈なのか
産仔が終わったのにお腹の大きさが変わらないみたいな・・・

とにもかくにもこれで赤ちゃんが50匹前後になったので、今後は懐妊しても放っておき、自然に任せたいと思います
産卵BOXに隔離しても食われちゃうのに、他の魚もいる本水槽の中で生き残れるとはとても思いませんが・・・
かと言ってあまり増え過ぎても困るので仕方無いです・・・

今月初めにグピ子さんが14匹、中旬にグピ江さんが25匹前後の赤ちゃんを産んだのだが、グピ江さんが産んだ25匹はどんどん☆になってしまい、最終的には13匹になってしまいました

水質も水温もグピ子さんの時と全く同じなのでどうする事も出来ず、死骸だけ取り除いてそのまま流れに任せていたら結局13匹まで減った所で落ち着きました・・・

そうこうしているうちに何故かグピ子さんが産んだ14匹が13匹に・・・

1_20120122104532.jpg

何で
死骸も無いし、産卵BOXから逃げ出したとも思えない・・・
こまめに観察していたつもりだが、仕事が残業とかになってしまうと最後の確認から次の確認まで20時間とか開いてしまう事も多々あるので、その間に☆になり、仲間に食べられてしまったとしか・・・

結局グピ子さんの子供が13匹、グピ江さんの子供も13匹・・・
13匹に何かキーワードが・・・

グピ子さんとグピ江さんの子供をたすと40匹超になるので、今後は産卵BOXは使わずに自然の流れに任す積もりだったのだが、結局26匹になってしまった・・・
そうこうしているうちに今度はグピ美さんが懐妊した様なので、産卵BOXに隔離しました

1_20120123153504.jpg

グピ美さんが何匹産むか分かりませんが、現在の26匹と足して40匹位になれば良いんだけどなぁ・・・
とか思ってたら、産卵BOXに移動して僅か1時間で産仔開始
一気に6匹の赤ちゃんを産んだのだが、その後数時間経ってもこれ以上産む気配が無い・・・
6匹で終わり

2_20120123153504.jpg

グピ美さんも初産なので少ないのかなぁ・・・
それにしても少な過ぎねえか
もしかして産卵BOXに移す前に既に産仔は始まってたのかな
6匹と少ないけど、全員元気に泳ぎ回ってるので一安心ですけどね

これで赤ちゃんが32匹になりました
元気に育てよ

先日グピ子さんが産んだグッピーの赤ちゃん14匹ですが、1匹も☆になる事無く順調に育っています

1_20120112211801.jpg

そうこうしているうちに今度はグピ江さんが妊娠し、お腹がパンパンになってしまったので別の産卵BOXに隔離しておいたところ、本日無事産仔しました

1_20120112211530.jpg

生まれたばかりなのでヨークサックを持ったまま底の方に沈んでいます・・・
小さ過ぎて正確な数が確認出来ませんが、前回のグピ子さんの14匹よりは明らかに多く、ザッと数えてみても25匹前後はいる様です

1_20120112211646.jpg

グピ子さんもグピ江さんも初産なのにこの差は何なんだろうか・・・
しかもグピ子さんが産んだ14匹は皆元気なのに、グピ江さんの方の約25匹はお腹から出て来た時点で既に3匹程が☆になって底に横たわっています・・・
水質がどうのと言う問題じゃ無く、どうやら死産だった様です・・・

何と言うか、☆になってしまった3匹は形がおかしいのです・・・
いわゆる奇形児・・・

他の赤ちゃんの為にも死骸は早く取り除いてあげないと水質悪化の原因になると思うのだが、産まれたばかりでまだ底に沈んでゆっくりしてる産卵BOXに手を入れるのはマズいか・・・
このまま一日様子を見て、明日になって残りの赤ちゃんが元気になってから死骸を取り除こうかと思ってます

全部無事に育つと約40匹になってしまい、水槽の中がグッピーだらけになってしまいそうです
なので今後の産仔は自然に任せ、強いのだけが生き残り、弱いものは淘汰されて行く事でしょう・・・
可哀想ですが増え過ぎると水質が悪化し、結果病気が発生して全滅と言う事がありますので、ある程度は自然の摂理に任せようかと・・・

どのオスと交配したか分からないのでどんな色に育つのか分かりません・・・
まぁそれも楽しみの一つなんですけどね
グピ子さんが尾びれの赤いメスで、グピ江さんが尾びれの青いメスなので、どのオスと交配してようとも違う色の子どもが育つはず・・・
楽しみですなあ・・・

2012年01月03日

新しい生命

我家の熱帯魚水槽に、新年早々新しい生命が誕生しました

3_20120102132520.jpg

ネオンテトラやグッピー等の小型の魚を混泳させているのですが、グッピーのメスのお腹がパンパンで破裂しそうになってたので、産卵BOXに隔離しておきました

4_20120102132520.jpg

今朝水槽のライトを付けた時にはまだ産んで産んでいなかったのですが、10分位してから産卵BOXを見たら稚魚が一匹泳いでるのを発見
いよいよ産仔が始まりました

一応稚魚は産卵BOXの下へ落ちて行き親魚に食べられない仕組みにはなっていますが、念の為に網を持って待機
グッピーは仔食してしまうので生まれた稚魚はすぐ親から離す必要が有るのです

一時間程で産仔は終了し、稚魚は全部で14匹誕生しました

1_20120102132520.jpg

初産の為かちょっと少なめかな・・・
ある程度大きくなるまでこのまま産卵BOXで育ててから本水槽に合流になります
全部が大きくなってくれるのが勿論一番ですが、経験上それは難しいかなぁ・・・
弱い個体は餌を食べられなかったりして死んでしまう事が少なく有りません・・・
弱いものが淘汰されて行くのは自然界の掟であり、多少は仕方無いのかも知れませんが、出来れば全員大きくしてあげたいものです

2_20120102132520.jpg

ベビーフードも用意してあるし、水質・水温も気を使ってるので何とか全員大人になって欲しいなぁ

プロフィール

mayu

Author:mayu
出身地  /江戸
血液型  /几帳面なA
趣味   /バイク・料理・映画
特技   /飲酒

御来場有難う御座います!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント
カテゴリ
リンク
過去Logを検索

月別アーカイブ